【新型UXをクローズドコースで試す!】UX200"F SPORT"インプレッション!⑩


2018年11月27日に発売されたレクサス新型UXに早くも試乗してきました!!!

この日を待ち望んでいた方が何人おられるのか想像もできませんが、店頭にはまだ行けない…。という方のお気持ちを察して画像とともにその様子をたっぷりとご紹介します!

LDE26.jpg

ですが、新型UXに触れるのは今回が初めてではありません…。

というのも“レクサスドライビングエクスペリエンス2018”というレクサス主催のイベントで発売前の新型UXをじっくりと見ているのです!


≪新型UX・ES先行体感≫LEXUS DRIVING EXPERIENCE 2018に当選した!!!

【レクサスドライビングエクスペリエンス2018前編】関西限定80組!新型UXやESが体感できるイベントに招待された!

【レクサスドライビングエクスペリエンス2018中編】いよいよ新型UXと新型ESに見て触れて感じてきた!

【レクサスドライビングエクスペリエンス2018後編】UX・ESに加えてLS・LC・RC・NXの試乗でレクサス満喫!





ですから、本記事では発売前に見せていただいた新型UXも交えてインプレッションをお届けします。まずはこれまでの新型UX記事を以下のリンクからご覧ください。

【見積もり】価格は390万円から!新型UXインプレッション①!

【フォトギャラリーエクステリア編】LDE2018で細かく見てきたから画像大量!!新型UXインプレッション②!

【フォトギャラリーインテリア編】LDE2018で細かく見てきたから画像大量!!新型UXインプレッション③!

【実物見たら欲しくなるくらいカッコよかった!】新型UXインプレッション④!

【ドライバーオリエンテッドなインテリア!】新型UXインプレッション⑤!

【リアやラゲッジルームの広さはどうか?】新型UXインプレッション⑥!

【ついに発売されたぞ!!】レクサスUX3台比較!エクステリア編!⑦

【見比べてほしい!】レクサスUX3台画像比較!インテリア編!⑧



記事数のボリュームがありますのでゆっくりお楽しみくださいw

とはいえ、新型UXの購入を考えておられる方や興味がある方にとっては何度読んでいただいても満足できる記事になっていますよ^^


LDE30.jpg

さて、今回の記事は「UX200"F SPORT"クローズドコースインプレッション」編です!!!


前回のUX250h"F SPORT"編をご覧になっていない方はそちらも併せてどうぞ^^

【新型UXをクローズドコースで試す!】UX250h"F SPORT"インプレッション!⑨



新型UXについては発売前からかなりの人気ぶりを見せており、今から注文したとしても納車されるのは4月ごろになるとか…。

恐ろしいほどの人気ぶりですが、去年マイナーチェンジを果たしたNXも納期が凄いことになっていましたのでレクサスのSUV市場は激アツです!










続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

現時点でこれだけ詳細にUXをレポートしているブログはほかにありません!元警現消ブログだけですから更新情報を見逃さないためにも必ずブックマークしてくださいね!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますがあくまで個人の主観に基づくものです。そのため辛口な意見も含まれる可能性がありますので気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










いよいよ情報解禁!なぜ12月1日まで教えてくれなかった!?

LDE25.jpg

さて、私が先日に行ったレクサスドライビングエクスペリエンス2018についてはすでに知っていただいていると思いますが、そこで新型UX先行体感というプログラムがありました。

発売前に実車を見せてもらえるというだけでも凄く楽しみだったのですがいざプログラムが始まるとまさかの展開に…。










それを早く皆様にお伝えしたかったにも関わらず12月1日まで情報解禁できなかった理由を先に説明しておきましょう。










その理由はなんと…。















レクサス事務局から口止めされていた





からなんです。(あまり大声でいうと怒られそうですがw)



新型UXの発売日が11月末予定ということを踏まえて12月に入ってからでなければいけなかったようです。それからであれば情報を発信してもらってオッケーですとの事でした。










ではその情報とは一体何なのか??もう12月1日を過ぎたのでようやくブログをご覧の方々に発表できるのですが、ここまで口止めされていた情報がなんだったのかというと、、、




















「発売前にも関わらず新型UXに乗ってきた!!!」










です!!!










え?ちょっと待って??新型UXってもう発売されてるしなんだったら試乗もできるじゃん。今さらインプレってあんまり早くないよね??



と、思われるかもしれませんが、今回のLDE2018で用意していただいたコースは一般車両進入禁止のクローズドコース、一般道では絶対に試せない運動性能や限界に近い走りを体感してきました!



しかも発売して1週間も経っていない新型UXですよw!?



ディーラーでの試乗ではもちろんそこまで試すことはできませんしすでに一般道での試乗レポートも用意していますが、まずは新型UXを思う存分振り回して走らせたらどうだったのか?

そのあたりについてインプレッションしていきたいと思います!





まずは新型UXについてのこちらをご覧ください。



新型UXについて



・ボディサイズ



UXgallery1.jpg
引用サイト:https://lexus.jp/

まずはレクサスUXのボディサイズをみてみると、



全長4,495mm×全幅1,840mm×全高1,540mm!



NXと比較してみると全長は145mm短くなっていますね。NXでも大きすぎないサイズで人気を博していますが、これくらいの長さであれば都心部でも取り回しに気を遣うことがさらに少なくなるでしょうし街乗りするにも最適なサイズ感です。


全高については105mm低くなっているもの全幅は5mmしか狭くなっていません。ですから最初にUXを見た時の印象はワイド&ローなイメージで都会派SUVだなというものでした!


新型UXの展示ブースではまわりの方から「思っていたよりも小さいな…」という声が聞こえてきました。ですがC-HRと同じプラットフォームを採用している車であることやNXという兄貴分がいることを考えると仕方ないことだとは思います。

それよりも、ちょっとしたサイズの違いでこれだけのSUVラインアップを揃えるレクサスがいかにこのカテゴリーに力を注いでいるかが伝わってきますね!





・グレード、価格



UXgallery2.jpg
引用サイト:https://lexus.jp/

UXのグレード展開及び価格は以下のようになっています。



UX200         ¥3,900,000
UX200“version C” ¥4,140,000
UX200“F SPORT” ¥4,430,000
UX200“version L” ¥4,740,000

UX250h            ¥4,250,000
UX250h(AWD)        ¥4,510,000
UX250h“version C”     ¥4,490,000
UX250h“version C”(AWD) ¥4,750,000
UX250h“F SPORT”     ¥4,780,000
UX250h“F SPORT”(AWD) ¥5,040,000
UX250h“version L”      ¥5,090,000
UX250h“version L”(AWD)  ¥5,350,000




UX8.jpg

ガソリンモデルであるUX200の標準グレードであれば車両価格400万円アンダーからスタートしています。

これであればライバル車よりも極端に高いという印象は受けませんし、見た目も“version C”と同じでしょうからそこまで質感が低くなるということはありません。


それに比べてハイブリッドモデルの最上級グレードUX250h“version L”(AWD)だと軽々と500万円オーバーしており、兄貴分のNX300h“I package”(AWD) ¥5,480,000とほとんど変わらない価格となっていますね。

横幅こそほとんど変わらないUXNXですが、もちろんNXのほうが車格はワンランク上になりますしエンジン排気量も500cc大きくなっています。

レクサスブランドのなかでもライバル関係になりそうな2台ですが、果たしてライバル各社からユーザーを獲得することはできるのしょうか?





・燃費



UXgallery3.jpg
引用サイト:https://lexus.jp/

燃費が良ければ航続距離も伸びますし給油回数も減らせて快適なロングドライブに貢献しますので見ておきましょう。



UX200 16.4km/l
UX250h(2WD) 22.8km/l
UX250h(4WD) 21.6km/l




SUVにも関わらずハイブリッドモデルだと燃費が良いですね!

ガソリンモデルも決して悪い数値ではないのですが、燃料がハイオクとなっているので年間走行距離が多い方にとってはハイブリッドモデル優勢となるでしょう。

なお、今回の数値はWLTCモードでの計測値となっています。これまではカタログ数値とかけ離れた燃費しか出ないと問題になっていましたがこれにより少しは改善されるでしょう。



続いてタンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)



UX200 771km
UX250h(2WD) 980km
UX250h(4WD) 930km




ハイブリッドモデルであればロングドライブでもガソリンを気にすることなく移動することができるでしょう。

ですが、ガソリンモデルは理論値であっても770kmちょっとですから実際だとワンタンク600kmちょっととなりそうです。

普段あまり車を使わない方にとっては支障ないでしょうが、通勤で使われる方はこまめに給油する必要がありそうですね。










お待たせしました。それではクローズドコースでのインプレッションです!



LDE32.jpg

まずはじめに、今回のクローズドコースをご紹介しておくと早ければ1分そこそこで走れるショートコースとなっています。走りが楽しいと言ってもスポーツカーではありませんし、サーキットを思いっきり走らせてエンジンの垂れ具合やブレーキの耐久性能を試すような車でもありません。ですから日常では試せないそこそこの程度の速度レンジで新型UXをぶっ飛ばしてきましたw



続いてコース紹介をしますと、スタートしてからすぐに直角カーブがあり、そこでは発進加速性能や操舵応答性をみていきます。

そうすると、今度は短い直線から緩やかなカーブを曲がりつつストレートへと続きますので、加速しながらのステアリングフィールやシャシーの剛性感に足回りの路面追従性なんかを感じて次へと進んでいきます。

速度が一般道+30km/h程度まで加速したところで次のヘアピンカーブへと差し掛かり、強めの減速をしてヘアピンに進入します。ここでは、ブレーキの剛性感やコーナー立ち上がり時に瞬時に踏み込んでアクセルレスポンスなどを確認しました。

次はバックストレートとでも呼びましょうか、長い直線が出てきますのでエンジンが唸りをあげるほどアクセルを踏み込んでどれだけの加速力かを体感します。

次に現れるコーナーも直角コーナーですので、先ほどと同様にブレーキフィーリングや低速域での俊敏性などを確認します。

そこを抜けると、いよいよコースも終盤に差し掛かり、高速域での運動性能を試せるS字コーナーから半円を描くようなロングコーナーを駆け抜けてスタート地点へと戻ってきます。


とてつもなく長いコースではありませんが、新型UXのポテンシャルを十分試せる内容となっていましたので早速インプレッションしていきましょう!





ガソリンモデルのUX200"F SPORT"をインプレ!



LDE30.jpg

さて、前回のインプレッションではハイブリッドモデルであるUX250h"F SPORT"を走らせて加速性能やハンドリングを試してきましたが、良いところもあればここがもう少しこうであってほしかったといった部分も踏まえて、全体的には高い運動性能をもったコンパクトSUVとの評価をしました。

今回のモデルは同じスポーツグレードとはいえ重量も違いますしエンジンタイプも違いますからフィーリングも大きく違うでしょう。一体、どこがどのように違っていたのかを前回の記事と比較しながらご覧ください。



UX200FSPORT69.jpeg

車内へと乗り込んで気付いたのはどちらのモデルも着座位置が低いということです。エクステリアは力強さを感じるクロスオーバーらしいシルエットなのですが、いざ乗り込んでみるとクーペのようにキビキビとした走りを予感させる低いドライビングポジションを取ることができるのでそのパッケージングには驚嘆です。



UX200FSPORT12.jpg

また、新型UXのボディ構造はマルチマテリアルボディとよばれるものです。これは、主要骨格部材への高張力剛板を最適配置し、サイドドア・バックドアの環状構造やレーザースクリューウェルディング、構造用接着剤などの使用箇所を大幅に増加させることで剛性アップを図っています。また、アルミや樹脂素材を適切に使用することで軽量化かつ低重心化を追求したものになっているのです。



UX200FSPORT17.jpg

これまた至極当然のことをお伝えしますが走り出した瞬間のエンジンフィールがハイブリッドモデルとは違います。

UX200がガソリンモデル、UX250hがハイブリッドモデルなのですが、


UX200のパワートレーンには新開発の直列4気筒直噴エンジンが搭載され、174ps、209Nmを発生!


システム出力184psのハイブリッドモデルに匹敵するパワーをもちながら車重は1.5トンとハイブリッドモデル比でマイナス約100kg近いボディ重量となっています。



UX200FSPORT81.jpeg

ただし、低速域での加速感はどちらのモデルもスムーズですし静かな走りを実現していますから、ここで伝えておきたい違いの主たる部分はトランスミッションになります。新型UXのガソリンモデル(UX200)には新開発のトランスミッションである「ダイレクトシフトCVT」というものが採用されています。これまでのCVT機構に発進用ギアを追加することでトルコンATのような自然で違和感のないフィーリングが味わえるようになったのです。



UX200FSPORT61.jpeg

追い越し加速を想定してコーナー終盤から直線にかけてアクセルを半分ほど踏み込んでいくと、気持ちいいエンジンサウンドを響かせながら速度をあげていきます。Fスポーツに装着されているアクティブサウンドコントロールもこちらのほうがエンジンサウンドにマッチしている印象を受けます。

また、ダイレクトシフトCVTとの相性がいいのかラバーバンドフィールはほとんど感じません。このあたりまでの速度の伸びはどちらも大差ありませんが、走りの気持ちよさでいうならばガソリンモデルが一枚上手といったところでしょう。



UX200FSPORT30.jpeg

ヘアピンカーブ手前で強めのブレーキをかけていくと、しっかりとしたブレーキタッチととも確かな制動力を得ることができます。踏みはじめからガツンと効くハイブリッドモデルに対して、ガソリンモデルでは踏力によって細かな調整がしやすいようにペダルストロークが確保されていますので、街乗りで気楽に乗れるのは後者だと感じます。



UX200FSPORT57.jpeg

さて、バックストレートへときましたのでここでは全開加速を試します!アクセルをベタ踏みにするとそれにワンテンポ遅れて加速する様子がうかがえましたが、このあたりはドライブモードをSPORTまたはSPORT Sにしたら解消しますのでいいでしょう。また、加速力はハイブリッドと同じレベルであり、爆発的な加速力はないものの街中で走らせるのであれば過不足ないパワー感です。

ひとついうならば気持ちよく上まで回ってくれるのに対して、高回転では少々雑味のあるサウンドになってしまっていてフルスロットル時は車内でもうるさいです。

また、パドルシフトを使用して10速シーケンシャルシフトを楽しむと、細かすぎるシフトチェンジによって「ウィンっ!ウィンっ!ウィンっ!」といったエンジンサウンドになってしまいなんともいえない印象を受けました…。

パドルシフト操作時に擬似的にシフトショックを与えるという制御が裏目に出ていて、全開にしながら操作するとやり過ぎなくらいにシフトショックを感じてしまうため、本来の気持ちよさが半減しているのも残念ですね。

新開発トランスミッションとはいえ、全開領域ではやはりCVTだなというのが本音です。


f2013.jpg

比較対象が普段乗っている118dEditionShadowになりますが、エンジンを上まで回したときに聞こえてくるサウンドはまるで遠いところから聞こえているかのような音で嫌みがありませんし、シフト制御もトルコン8速ATの気持ちよさに軍配があがります。レクサスNXやRXのように新型UXも通常のオートマチックを採用していたらまた違った評価になったでしょう。



UX200FSPORT47.jpg

続いてはS字コーナーでコーナリング性能をみていくと、ハイブリッドモデルよりも軽快で操舵レスポンス力も高くて気持ちいいハンドリングです!具体的にどういうことかというと、S字の切り返し部分でステアリングを切った際にほんのわずかですがガソリンモデルのほうが早く向きを変えてくれるのです。パッケージやタイヤ性能が同じで重量だけが違うとなればそれも当たり前なのですが、いざ体感してみると少しの違いを感じることができて面白いですね。

とはいえども両者ともまるでSUVということを忘れさせるくらいに重心高を感じませんし、適度なストローク量でロールが大きすぎないため不安に感じるほど外側に沈み込んだりすることもありません。

また、新型UXには「パフォーマンスロッド(フロント)」が全車標準装備。これにより走行安定性をもたらしてシャープなハンドリング性能を引き出しているほか、上質な乗り心地をもたらしてくれます。また、Fスポーツには電子制御式ダンパーとのセットオプションでパフォーマンスダンパー(リア)が用意されています。フロントのパフォーマンスロッドと合わせることでさらに高い安定性と正確なハンドリングを感じることができるでしょう。



UX200FSPORT54.jpeg

加速をしながらカーブへと進入していくと身体への横Gが大きくなっていきますが、Fスポーツのホールド性の高いシートのおかげで左右へとずれることがなくステアリング操作に集中できます。車体剛性がどれだけ高くてもドライバー自身が振られることでそれが恐怖感へと変わってしまいますが、このUX200"F SPORT"ではそれがありませんのでシートの造り込みも好印象です。










クローズドコースで走らせたUX200"F SPORT"の評価はずばり…!!





新型UX最速インプレッションをお届けしてきましたが、いかがでしたか?

私の感想としては、「どちらかといえばガソリンモデルに走りの楽しさを引き立てる要素が多くあったが、もう少し穏やかな味付けがキャラクターにあっているかも…。」です!





加速力:〇〇〇

ブレーキ性能:〇〇〇

コーナリング性能:〇〇〇〇



といったところでしょう!!



UX200FSPORT4.jpg

加速力はハイブリッドと大きく違わないでしょうがやはりエンジンサウンドが全く異なってきます。スポーティーなサウンドで走る楽しさを感じることもできる一方、車内でもややうるさいと感じてしまう音量はASCの過剰演出なのかナチュラルな音なのかは分かりませんがもう少し抑えていただきたいですね。

パドルシフト操作時のシフトショックははやや過剰演出なので年次改良でもう少しマイルドなセッティングにするべきだと感じます。



UX26_20181104232011485.jpg

ブレーキ性能に関しても目立って制動力に違いはありませんでしたが、ペダルフィールは別物ですので購入時には確認すべきポイントでしょう。日常域でよく使用する踏み始めの部分に関してはガソリンモデルのほうが操作しやすいです。



UX250hversionL27.jpeg

コーナリング性能についてはハイブリッドよりも車重が約100kg軽いことで、車体をよりスムーズに曲げることができました。連続コーナーの切り返しシーンで両者に若干の違いがみられますが、様々なSUVと比較すると新型UXの基本性能は高いのでどちらを選択してもコーナーを駆け抜けたくなるようなハンドリング性能を感じることができるでしょう。





UX00.jpg



ということで、UX200"F SPORT"クローズドコースインプレッションは以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、新型UXの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回は、UX200"F SPORT"一般道インプレッションをお届けします!!お楽しみに^^

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o



関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR