【広さは文句なし!】リア・ラゲッジ編!マツダCX-5インプレッション④!


2018年11月22日にマイナーチェンジが実施された新型CX-5を見てきましたのでその様子をお届けしたいと思います!

CX56.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回のマイナーチェンジで変わった点がいくつかありますので先にお伝えしておくと、


・2.5リッターガソリンターボモデル追加

・特別仕様車「Exclusive Mode」がカタログモデルとして登場
(なお、上記グレードにはIRカットガラス、7インチマルチスピードメーター〔TFTカラー〕、シートベンチレーション機能付ナッパレザーシート、本杢パネルなどが特別装備)

・ディーゼルモデルに6速MTを設定(停止保持機能はないがACCが標準装備)

・G-ベクタリングコントロールからさらに進化した「GVCプラス」を全車標準装備

・減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を上位グレードに設定

・GPS測位精度の向上、マツダコネクトは「AndroidAuto」や「AppleCarPlay」に対応

・アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)がやっと夜間歩行者検知可能に

・後席のシートベルトリマインダー機能追加

・ノーマルスピーカー車のスピーカー数を4つから6つに変更



と、その他にもホイールカラーがグレーメタリックに変更されていたりインテリアの各種スイッチ類において質感や操作性を向上させていたりと、小変更という言葉では足りないくらい改良されています!

なお、この他にもいくつか改良ポイントがあると思いますが現状で把握しているのはこれだけです。

早速ですが数多くの手が加えられて商品力がさらに向上した新型CX-5の中身を見ていきましょう。



CX572.jpg




今回は新型CX-5のリア・ラゲッジ編です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ^^

【安すぎてむしろ大丈夫?】価格は260万円から!マツダCX-5インプレッション①!

【年次改良マイチェン実施!】エクスエリア編!マツダCX-5インプレッション②!

【質感いいじゃん!!】インテリア編!マツダCX-5インプレッション③!



また、続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。












・ボディサイズ

CX51.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

全長 4,545mm

全幅 1,840mm

全高 1,690mm

ホイールベース 2,700mm

トレッド(前後) 1,595mm

最低地上高 210mm






・グレード、価格

CX52.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル
20S 2,570,400円
20S プロアクティブ 2,802,600円


2.5リッターガソリンモデル
25S(4WD) 2,797,200円
25S プロアクティブ(4WD) 3,029,400円
25S Lパッケージ 3,018,600円
25S Lパッケージ(4WD) 3,245,400円



ディーゼルモデル
XD 2,883,600円
XD(4WD) 3,110,400円
XD プロアクティブ 3,115,800円
XD プロアクティブ(4WD) 3,342,600円
XD Lパッケージ 3,331,800円
XD Lパッケージ(4WD) 3,558,600円
XD エクスクルーシブモード 3,655,800円
XD エクスクルーシブモード(4WD) 3,882,600円


ターボモデル
25T Lパッケージ 3,326,400円
25T Lパッケージ(4WD) 3,553,200円
25T エクスクルーシブモード 3,650,400円
25T エクスクルーシブモード(4WD) 3,877,200円






・燃費/航続可能距離

CX53.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル

燃費14.6km/L、航続可能距離818km


2.5リッターガソリンモデル

燃費13.8km/L、航続可能距離773km

燃費13.0km/L、航続可能距離754km(4WD)



ディーゼルモデル

燃費19.4km/L、航続可能距離1086km(FF/6MT)

燃費17.4~17.6km/L、航続可能距離974~986km(FF/6AT)

燃費18.6km/L、航続可能距離1079km(4WD/6MT)

燃費16.6~16.8km/L、航続可能距離963~974km(4WD/6AT)



ターボモデル

燃費12.6km/L、航続可能距離706km

燃費12.2km/L、航続可能距離708km(4WD)











今回京滋マツダ南草津店で見せていただいたのは「CX-5 XD ExclusiveMode」

CX526.jpg

ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」、¥32,400のオプションカラーです。

「ExclusiveMode」グレードは年次改良で新たに追加となったもので特別仕様車かつ最上級モデルに位置付けされています。

改良後は主にインテリアの質感や装備面のアップデートとなっていて前モデルのオーナーを悩ませるほど進化していますが、現在では納車も始まっているのでしょうか?気になりますね。


以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










・リアの質感をチェック!



CX564.jpeg

さて、まずはリアドアトリムの質感チェックからですがフロント同様の仕上がりで良い感じです!



CX565.jpg

ソフトパッドやステッチにメッキ加飾などフロントと比べても全く遜色ないレベルの質感です。



CX566.jpg

本杢を使用したドアトリムデコレーションパネルの面積自体もフロントと変わりませんし、さすがは後席の実用性も高めたCX-5ですね!



CX567.jpeg

続いてはリアシートの質感をチェック!

レッグスペースやヘッドクリアランスは十分ありますので圧迫感を感じることはまずないでしょう。



CX568.jpeg

後席の定員は3名となっているのですが、シート形状が少し特殊でして2名乗車の色を強めたシートデザインになっています。

また、中央部はリアベンチレーターが張り出していますし日常的に使うことはおススメできません^_^;



CX569.jpeg

リアシートにもアームレストが標準装備。高さがそこそこあるので普通に使えそうでうすね。



CX570.jpg

ドリンクホルダーの後ろにあるのはリアシートヒーターの操作スイッチです。

リアシートヒーターの操作スイッチというとエアコン吹き出し口の部分に装着されているパターンが多いですからここにレイアウトされてあるのは珍しいですし高級車然としてますね。



CX571.jpg

さらにちょっとした小物入れが装備されていて起毛仕上げになっています。

その中にはUSBポートが2口備わっているのでリアに座っていても快適に過ごせますね。



CX572.jpg

リアシートから見るインテリアの雰囲気はこのような感じです。

インテリアカラーはブラックに加えてディープレッドが入っているため、全体的にトーンダウンしすぎず控えめな明るさをもたらしてくれています。



CX573.jpg

シートバックポケットは前席左右に装備。



CX574.jpg

2ゾーンオートマチックエアコンディショナーとなっていますが吹き出し口はリアにも用意されています。

プラスチッキーさが目立っていてチープ感が少し出てしまっていますね…。



CX575.jpeg

前回にもお伝えしたように「ExclusiveMode」では全ての灯体が豆球からLEDに変更されていますのでもちろんリアのルームランプもそうなっています。










・ラゲッジルームはアレが気になる



CX576.jpg

ラゲッジ容量は505リッター!

ミドルサイズSUVであることを考えると良いほうの数値ではないでしょうか?



CX577.jpg

ラゲッジルーム下にはサブトランクボックスとよばれるスペースがありますが、手前はカラクリトノカバーを収納し、BOSEサウンドシステムをオプション装備するとその奥にウーファーが設置されるため、実質の床下収納はないと考えておいたほうがいいでしょう。

もちろん、BOSEサウンドシステムをオプション装備しない場合は荷室として使用できるほどのスペースができます。



CX578.jpg

ラゲッジ側からでもレバーを引くことでリアシートを倒すことが可能です。

こちらは左側の操作レバーですが小さいほうのレバーを引くと真ん中のシートだけが倒れるように工夫されています。

マツダらしいアイテムでユーザー心理を汲み取ったパーツのひとつですね^^



CX579.jpg

フルフラットにした状態だと荷室長は約1,800mm!

リアシートは4:2:4分割可倒式シートバックになっていて中央のシートだけを倒してスキー板やスノーボードなどの長尺物を積むことが可能ですからありがたいですね。



CX580.jpg

床面の高さからよく見てみると、シートと荷室のつなぎ目にそこそこ大きい段差ができてしまっています…。

日常使いで困ることはないと思いますのでそこまで気にならない方が大半だと思います。

ですが、車中泊をしようとするとこれだけの段差でも快適に寝ることはまず不可能です。もう少しフラットになっていればよかったなと感じますし残念ですね。










年次改良マイチェンCX-5のインテリアの評価はずばり…!!





前回から引き続いてマツダCX-5のインテリアを見てきましたが、いかがでしたか?



私の感想としては、「質感の高さはもはやいうことなし!残念だったのはアレとアレ…。」です!

今回見させていただいた車両は「ExclusiveMode」と呼ばれる特別仕様車かつ最上級グレードです。そのため、400万円オーバーにはなってきますがインパネには本杢素材が、シートにはナッパレザーが、スイッチ各部にはメッキ加飾がされていてライバル車種と比較するとワンランク上の質感を出しています。

CX542.jpg

それ以外にもシートベンチレーション機能フレームレス自動防眩ミラー、他グレードにおいてオプションであるものがほとんど標準装備されていますし400万円であれば割高感は感じないインテリアの造りこみとなっています。

CX561.jpg

比較車両としてトヨタハリアーの「Metal&Leather package」というグレードが存在していますが、装備的には似たようなものが装着されるとはいえ金額的にはCX-5のほうがロープライスですし、ハリアーにはディーゼルエンジンのラインアップがありませんからCX-5の売れ行きがグングンと伸びていきそうですね。



ただし、CX-5のインテリアを見ていると残念だなと思う点もいくつかありました…。



まずはナビ画面が7インチであることです。

CX560.jpeg

他車では10インチサイズもメジャーになってきているなかでマツダだけはなぜか10年前の画面サイズから進化していません。



こればかりはメーカー側に何とかしてもらうしかないと思っていたところアルパインから11インチモニターのナビゲーションが発売されているようです!

後付けにはなりますが純正でもダッシュボード上にモニターがレイアウトされていますのでそれほど違和感はなさそうです。

CX581.jpg
引用サイト:https://www.alpine.co.jp/products/carnavigation/XF11Z-CX5

【ALPINE】CX-5用ナビゲーション!価格は約20万円!

かなり大きいですが小さいよりはいいでしょうw



次に残念だったのはラゲッジスペースとシートのつなぎ目の段差がかなりある点です。

CX580.jpg

これだけ大きな段差ができてしまっては車中泊をするならば何か工夫をしないと快適には寝れないでしょう。

SUVということを考えるとこれからはウインタースポーツの季節に入ってきて車中泊する方もおられるのでは?

X3のように段差皆無のフルフラットになって布団1枚敷くだけで快適に寝られるということにはならなさそうですね…。

X3128.jpg

※こちらは新型X3の様子。つなぎ目に段差がほとんどないことを分かっていただけると思います。車中泊の理想形ですね。

【段差は皆無!広いから足を伸ばして寝れるぞ!!】新型X3インプレッション!

CX-5もこれくらいフラットであれば最高だったのですがね^_^;










ということでマツダCX-5リア・ラゲッジルーム編は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、CX-5の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR