【質感いいじゃん!!】インテリア編!マツダCX-5インプレッション③!


2018年11月22日にマイナーチェンジが実施された新型CX-5を見てきましたのでその様子をお届けしたいと思います!

CX56.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回のマイナーチェンジで変わった点がいくつかありますので先にお伝えしておくと、


・2.5リッターガソリンターボモデル追加

・特別仕様車「Exclusive Mode」がカタログモデルとして登場
(なお、上記グレードにはIRカットガラス、7インチマルチスピードメーター〔TFTカラー〕、シートベンチレーション機能付ナッパレザーシート、本杢パネルなどが特別装備)

・ディーゼルモデルに6速MTを設定(停止保持機能はないがACCが標準装備)

・G-ベクタリングコントロールからさらに進化した「GVCプラス」を全車標準装備

・減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を上位グレードに設定

・GPS測位精度の向上、マツダコネクトは「AndroidAuto」や「AppleCarPlay」に対応

・アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)がやっと夜間歩行者検知可能に

・後席のシートベルトリマインダー機能追加

・ノーマルスピーカー車のスピーカー数を4つから6つに変更



と、その他にもホイールカラーがグレーメタリックに変更されていたりインテリアの各種スイッチ類において質感や操作性を向上させていたりと、小変更という言葉では足りないくらい改良されています!

なお、この他にもいくつか改良ポイントがあると思いますが現状で把握しているのはこれだけです。

早速ですが数多くの手が加えられて商品力がさらに向上した新型CX-5の中身を見ていきましょう。



CX547.jpg




今回は新型CX-5のインテリア編です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ^^

【安すぎてむしろ大丈夫?】価格は260万円から!マツダCX-5インプレッション①!

【年次改良マイチェン実施!】エクスエリア編!マツダCX-5インプレッション②!



また、続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。












・ボディサイズ

CX51.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

全長 4,545mm

全幅 1,840mm

全高 1,690mm

ホイールベース 2,700mm

トレッド(前後) 1,595mm

最低地上高 210mm






・グレード、価格

CX52.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル
20S 2,570,400円
20S プロアクティブ 2,802,600円


2.5リッターガソリンモデル
25S(4WD) 2,797,200円
25S プロアクティブ(4WD) 3,029,400円
25S Lパッケージ 3,018,600円
25S Lパッケージ(4WD) 3,245,400円



ディーゼルモデル
XD 2,883,600円
XD(4WD) 3,110,400円
XD プロアクティブ 3,115,800円
XD プロアクティブ(4WD) 3,342,600円
XD Lパッケージ 3,331,800円
XD Lパッケージ(4WD) 3,558,600円
XD エクスクルーシブモード 3,655,800円
XD エクスクルーシブモード(4WD) 3,882,600円


ターボモデル
25T Lパッケージ 3,326,400円
25T Lパッケージ(4WD) 3,553,200円
25T エクスクルーシブモード 3,650,400円
25T エクスクルーシブモード(4WD) 3,877,200円






・燃費/航続可能距離

CX53.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル

燃費14.6km/L、航続可能距離818km


2.5リッターガソリンモデル

燃費13.8km/L、航続可能距離773km

燃費13.0km/L、航続可能距離754km(4WD)



ディーゼルモデル

燃費19.4km/L、航続可能距離1086km(FF/6MT)

燃費17.4~17.6km/L、航続可能距離974~986km(FF/6AT)

燃費18.6km/L、航続可能距離1079km(4WD/6MT)

燃費16.6~16.8km/L、航続可能距離963~974km(4WD/6AT)



ターボモデル

燃費12.6km/L、航続可能距離706km

燃費12.2km/L、航続可能距離708km(4WD)











今回京滋マツダ南草津店で見せていただいたのは「CX-5 XD ExclusiveMode」

CX526.jpg

ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」、¥32,400のオプションカラーです。

「ExclusiveMode」グレードは年次改良で新たに追加となったもので特別仕様車かつ最上級モデルに位置付けされています。

改良後は主にインテリアの質感や装備面のアップデートとなっていて前モデルのオーナーを悩ませるほど進化していますが、現在では納車も始まっているのでしょうか?気になりますね。


以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










まずはドアトリムとシートの質感チェック!



CX541.jpeg

運転席側は隣の車と近いため全開にできなかったので助手席側で質感をチェックしていきます!

インテリアカラーはブラック×ディープレッド。

落ち着いたカラーコーディネートは特別仕様車限定配色となっています。



CX542.jpg

ブラウンともいえるカラーリングが差し色になっていて良い味を出しています^^

ただしこのカラーの名称はディープレッドですから光の加減によってはもう少し赤っぽく見えるのでしょうか。

トリム下部のドアポケットパネル以外はソフトパッドがあしらわれていますし、またステッチが刺繍されていて価格からはとても想像できない仕上がりです…。



CX543.jpg

グッと寄ってみると細かい部分の質感が高いことが伝わってきます!

デコレーションパネルには本杢が使用されていることで上品かつワンランク上の車であるようなインテリアとなっていますね。

また、やパワーウインドウスイッチやパネルにメッキ加飾もされていますしドアトリムの質感はクラストップレベルです。



CX544.jpg

シートを見てみると、特別仕様車の「ExclusiveMode」にはナッパレザーが使用されています!

ナッパレザーというと柔らかさと肌触りの良さが特徴で国産メーカーでは使用されている車種もわずかであり、現在乗っている118dEditionShadowのダコタレザー以上の品質すら感じ取れます。



CX545.jpeg

さらにシートヒーター及びシートベンチレーションが標準装備されていますから年中問わず快適な移動空間をもたらしてくれます。

シートベンチレーション機能は高級車でも装備されないことが多いため、CX-5の本気度にこれは思わず言葉を失います…。



CX546.jpg

足元付近を見てみるとパワーシートスイッチ部にはサテンクロームメッキ加飾が施されています。

スカッフプレートについてはオプション装着となっていますが特別仕様で奢られた他部分の質感を考えると装着したほうがよさそうですね^_^;










車内に乗り込んで細部をチェック!



CX547.jpg

さて運転席へ戻って見ていくと、まずは全車に本革巻き(スムースレザー)ステアリングが採用。

細かいところですが、中央メッキリングと6時ベゼル本革巻きは「ExclusiveMode」の特別装備となっています。



CX548.jpg

ステアリングオーディオリモートコントロールスイッチの周囲にはメッキ加飾がされていますが、操作部についてはややプラスチッキーです…。

このあたりの質感向上についてはマツダだけにとどまらず他メーカーにも言えますね。



CX549.jpg

運転席右下には各種操作スイッチがレイアウトされています。

アイドリングストップやレーンキープ作動スイッチなど様々なものがありますが、もう少し操作がしやすい位置にあればさらに良かったですね。



CX550.jpg

メーターパネルを見てみると、7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)が「ExclusiveMode」に専用装備されます。

よく見ると中央部分だけ液晶パネルのようになっているのが分かるかと思います。



CX551.jpeg

フレームレス自動防眩ミラーは室内空間をスタイリッシュにするアイテムとして非常に良いですね!

外側の枠がないことで視認性の向上にも繋がりますしアウディ車はほとんどがフレームレスとなっています。

ただし、CX-5ではこちらも「ExclusiveMode」専用装備。



CX552.jpeg

ルームランプに関しては「ExclusiveMode」だと全ての部分がLEDとなります。また、他のグレードに関してはLEDがディーラーオプションとして用意されています。










インパネの質感はやはり…



CX553.jpg

インパネの全景を見るとエアコンルーバーベゼルやフロントを縁取るメッキ加飾がインテリアに華を添えていて、シンプルながらもクオリティの高さを感じます。



CX554.jpeg

マツダはドライビングポジションへのこだわりが他社よりも強く自然な着座姿勢を保てるようにホイールの張り出しを抑えたり、オルガンパダルを採用したりと工夫が滲み出ていますね。

試乗編でお届けする予定なのですが、着座姿勢はもちろんのことながら欧州車に多くみられる包まれ感を感じることができた1台でした。センターコンソールの位置が高く広く設計されていることが功を奏していたのか横方向へのサポート性も十分ありました。



CX555.jpeg

Aピラー部にはツイーターが装着されていますが、今回の年次改良によって通常のオーディオシステムであってもこの位置にツイーターが装着されるようになりました。

それにより、4スピーカーであったのが6スピーカーに増加しておりサウンドバランスがさらによくなっているでしょう。



CX556.jpeg

助手席方向を見てもこの質感の高さですから満足しないわけがないですよね^_^;



CX557.jpeg

インパネデコレーションパネルにはドアトリムパネルと同様に本杢が使用されています。

こちらの本杢素材についてはこれまた「ExclusiveMode」専用装備となっています。

これまで見てきた中でも数多くの専用装備や特別装備がありましたから、もしかすると一つ下のグレードとの差額以上の価値があるかもしれませんね。



CX558.jpeg

グローブボックスを見てみましょう。ちなみにこちらにもサテンクロームメッキ加飾がされています。



CX559.jpeg

中を開けると起毛仕上げかつLED照明が備わっています。こちらも「ExclusiveMode」専用装備。



CX560.jpeg

7インチWVGAセンターディスプレイにオプションのナビゲーション用SDカードPLUSを装備することでナビゲーション機能が使用できるようになりますが、そろそろこれくらいは標準装備していいのではと思ってしまいます^_^;

また、近年では12.3インチのナビモニターなどが登場していることから7インチでは物足りないですね。

年次改良でGPS測位精度が向上したり、AndroidAutoやAppleCarPlayに対応したりと良い点もあるのでモニターサイズの大型化を早急に進めていただきたいですね!



CX561.jpg

その下には、エアコン関係の操作スイッチがレイアウトされていますが物理キーが集約されすぎていて少し分かりづらいです。これではブラインドタッチするのに一苦労しそうな印象を受けます。

また、ステアリングヒーターのスイッチがなぜか運転席側と反対側に配置されているのは残念ですね…。



CX562.jpg

シフトパネルはピアノブラック調で仕上げられていて質感は高いです。ですが、指紋や埃の付着は目立ちますし傷も付きやすいのが質感アップの代償といったところでしょうか。

左右には合成皮革のニーパッドが装着されています!これがあるのとないのとではかなり違いますし装着面積も広いのでありがたいですね^^



CX563.jpg

嬉しい機能としてCX-5には電動パーキングブレーキ&オートホールドが装備!

信号で停車待ちをするときにブレーキを踏み続ける必要がないので快適なドライブをサポートしてくれますし私も次期愛車には必須装備と考えています。

ただし、CX-5の電動パーキングブレーキでひとつ残念なのは、Dに入れると自動で解除してくれるにも関わらず、Pに入れても自動で作動してくれないんです…。

これを許せるかどうかでCX-5が選択肢に入るか入らないか大きく分かれてしまいそうです。










と、少々長くなりましたので、リアシート・ラゲッジルーム編は次回にお届けしたいと思います!



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、CX-5の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o










関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!これモットー!


最近はブログ更新が遅れていますがYouTubeチャンネルの【GOOD CARLIFE Channel】は頻繁に更新してますので最新車種のインプレッションはそちらもご覧ください。


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ GOOD CARLIFE"などで検索ダッ!!



現在の愛車はトヨタ新型RAV4です!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR