【年次改良マイチェン実施!】エクスエリア編!マツダCX-5インプレッション②!


2018年11月22日にマイナーチェンジが実施された新型CX-5を見てきましたのでその様子をお届けしたいと思います!

CX56.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回のマイナーチェンジで変わった点がいくつかありますので先にお伝えしておくと、


・2.5リッターガソリンターボモデル追加

・特別仕様車「Exclusive Mode」がカタログモデルとして登場
(なお、上記グレードにはIRカットガラス、7インチマルチスピードメーター〔TFTカラー〕、シートベンチレーション機能付ナッパレザーシート、本杢パネルなどが特別装備)

・ディーゼルモデルに6速MTを設定(停止保持機能はないがACCが標準装備)

・G-ベクタリングコントロールからさらに進化した「GVCプラス」を全車標準装備

・減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を上位グレードに設定

・GPS測位精度の向上、マツダコネクトは「AndroidAuto」や「AppleCarPlay」に対応

・アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)がやっと夜間歩行者検知可能に

・後席のシートベルトリマインダー機能追加

・ノーマルスピーカー車のスピーカー数を4つから6つに変更



と、その他にもホイールカラーがグレーメタリックに変更されていたりインテリアの各種スイッチ類において質感や操作性を向上させていたりと、小変更という言葉では足りないくらい改良されています!

なお、この他にもいくつか改良ポイントがあると思いますが現状で把握しているのはこれだけです。

早速ですが数多くの手が加えられて商品力がさらに向上した新型CX-5の中身を見ていきましょう。



CX520.jpeg




今回は新型CX-5のエクステリア編です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ^^

【安すぎてむしろ大丈夫?】価格は260万円から!マツダCX-5インプレッション①!



また、続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。












・ボディサイズ

CX51.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

全長 4,545mm

全幅 1,840mm

全高 1,690mm

ホイールベース 2,700mm

トレッド(前後) 1,595mm

最低地上高 210mm






・グレード、価格

CX52.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル
20S 2,570,400円
20S プロアクティブ 2,802,600円


2.5リッターガソリンモデル
25S(4WD) 2,797,200円
25S プロアクティブ(4WD) 3,029,400円
25S Lパッケージ 3,018,600円
25S Lパッケージ(4WD) 3,245,400円



ディーゼルモデル
XD 2,883,600円
XD(4WD) 3,110,400円
XD プロアクティブ 3,115,800円
XD プロアクティブ(4WD) 3,342,600円
XD Lパッケージ 3,331,800円
XD Lパッケージ(4WD) 3,558,600円
XD エクスクルーシブモード 3,655,800円
XD エクスクルーシブモード(4WD) 3,882,600円


ターボモデル
25T Lパッケージ 3,326,400円
25T Lパッケージ(4WD) 3,553,200円
25T エクスクルーシブモード 3,650,400円
25T エクスクルーシブモード(4WD) 3,877,200円






・燃費/航続可能距離

CX53.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル

燃費14.6km/L、航続可能距離818km


2.5リッターガソリンモデル

燃費13.8km/L、航続可能距離773km

燃費13.0km/L、航続可能距離754km(4WD)



ディーゼルモデル

燃費19.4km/L、航続可能距離1086km(FF/6MT)

燃費17.4~17.6km/L、航続可能距離974~986km(FF/6AT)

燃費18.6km/L、航続可能距離1079km(4WD/6MT)

燃費16.6~16.8km/L、航続可能距離963~974km(4WD/6AT)



ターボモデル

燃費12.6km/L、航続可能距離706km

燃費12.2km/L、航続可能距離708km(4WD)











以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










今回京滋マツダ南草津店で見せていただいたのは「CX-5 XD ExclusiveMode」

CX526.jpg

ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」、¥32,400のオプションカラーです。

「ExclusiveMode」グレードは年次改良で新たに追加となったもので特別仕様車かつ最上級モデルに位置付けされています。

改良後は主にインテリアの質感や装備面のアップデートとなっていて前モデルのオーナーを悩ませるほど進化していますが、現在では納車も始まっているのでしょうか?気になりますね。





・まずはフロントから



CX517.jpeg

鼓動デザインとよばれるマツダのデザインアイデンティティがCX-5にも採用されています。

なお、2017年2月にフルモデルチェンジがされたわけですがフロントフェイスについては初期モデルから変わらず。



CX518.jpeg

エクステリアにおいて従来から変更されたのは〇〇だけで、今回で早くも3回目となる年次改良では主にメカニカル部分とインテリア部分が変更されています。

シャープな目元やロアグリルからフォグライトユニットにかけて伸びるデザインなどに洗練さを感じますが、シンプルすぎてもう一工夫ほしいというのが正直なところですね。



CX519.jpg

グリル部分にはメッキパーツがあしらわれていたり、ピアノブラック塗装が施されていたりと質感が高いですし、ブランドとして統一感がみられるデザインは好印象です。

メルセデス、BMW、アウディ、さらにはレクサスなどのプレミアムブランドにおいてもデザインに統一性を持たせていますし、車ごとに違ったデザインでなくともこれまでのように世間から批判を浴びることは少ないでしょうからマツダもその路線を走っていますね。



CX521.jpeg

フロントエンブレムは立体的なパーツではなく平面基調のものとなっています。これはエンブレム内にミリ波レーダーを搭載しているためですね。

BMWではバンパー下部にミリ波レーダー用の部品を装着していますがどうしても見た目が悪くなってしまいます。ですのでマツダのようにエンブレム一体型のほうがスマートで違和感がありませんね。



CX522.jpeg

超小型LEDフォグライトがXD ExclusiveModeには標準装備。

LEDヘッドライトと同様に綺麗に光りますが光量にやや不満が残ります。LEDタイプのなかでも実用性が低いといえますしおまけ程度と考えるべきです。



CX523.jpeg

こちらはポジション+フォグライト点灯時。

ポジション部をデイライト化しようとするとディーラーオプションを装着する必要があります。



CX524.jpeg

こちらはロービーム+フォグライト点灯時。

ヘッドライトについてはウインカー以外はフルLEDとなっています。

また、対向車や先行車の部分だけを遮光してハイビームが使用できるアダプティブEDヘッドライトが廉価グレード以外に標準装備されます。










・続いてはサイドから



CX525.jpeg

フロントからパッと見たところSUVカテゴリーであるCX-3やCX-8と近似していますね。

しかもこの角度だとボディサイズが分かりにくいのでなおさらどのモデルか見分けるのに迷いそうです^_^;



CX529.jpg

ドアピラーガーニッシュがピアノブラック調に塗装されているのは「Lパッケージ」より上のグレードのみとなります。

エクステリアの質感の印象がかなり変わるパーツですからグレード選定時には「Lパッケージ」以上をおススメしたいですね。



CX527.jpg

ボディ下部のパーツやフェンダーアーチモールには樹脂パネルが採用されていますが、このあたりは最近のSUVでも多くみられる造りこみですしむしろ肉厚感が感じられて良いのではないでしょうか。



CX528.jpeg

サイド全体からみるとロングホイールベースとなっているのが特徴的ですね。

また、サイドミラーがドアパネルに装着されていますがこれはどうやら左右視界の向上を図るために通常位置よりも後退させたそうです。



CX530.jpeg

テールライトからリアドアの中央付近まで伸びるショルダーラインとリアドアハンドルからフロントフェンダーにかけて入っているプレスラインがサイドの印象をより立体的に演出しています。

とはいえ、どちらかというと控えめな張り出し具合ですからもう少し力強い印象を与えるボディラインであってもいいかなと感じます。



CX531.jpg

エクステリア唯一の年次改良点として、特別仕様車のExclusiveModeには専用の高輝度ダーク塗装19インチアルミホイールが装備!

また、廉価グレードに採用されている17インチアルミホイールのカラーがダークシルバーからグレーメタリック塗装に変更!

特別仕様車のホイールはこれまでのデザインよりも高級感があってエクステリアの質感を向上させるアイテムとなっています。



CX532.jpeg

XD ExclusiveModeのホイールサイズは225/55/R19。見た目の印象を押さえつつも扁平率が低すぎないのが嬉しいですね。あまり扁平率を下げすぎると乗り心地が犠牲になって本末転倒ですからね^_^;

ですが、塗装の仕上げ方がレクサス車のようにも見えるのは気のせいでしょうか^_^;



IMG_4967.jpg

こちらはレクサスES version Lのホイールデザイン。どちらもメタリック塗装でやっぱり似てるw










最後にリアの様子をどうぞ



CX533.jpeg

リア周りもかなりスタイリッシュでシンプルなデザインですね。

街中で見かけることがとても多くなってきましたがどこか見慣れないデザインなんですよね…。



CX534.jpeg

テールライト部分のサイズ感がボディの厚みとアンバランスなのか、これであれば先代モデルのほうがしっくりくるデザインであると感じてしまいます…。



CX536.jpeg

リアルーフスポイラーは全車標準装備。比較的落ち着いていて派手さは見受けられません。



CX537.jpg

ディーゼルモデルは左右1本出しマフラーとなっています。

片側2本出しよりもこちらのほうがスポーティーさが強調されていて好きです^^

ガソリンモデルやターボモデルにもマフラーカッターは装着されますがどのような処理方法なのでしょうかね?



CX538.jpeg

テールライトに関してはフロント同様にウインカー以外はフルLEDとなっています。



CX539.jpeg

こちらはポジション点灯時。

マツダではシグネチャーLEDランプと呼んでいますが発光部分が均一に光っていて綺麗ですね。



CX540.jpg

こちらはブレーキ+バックライト点灯時。

電球だと切れ味の悪い光り方になってしまいますので見た目的にはこちらのほうが良いですし光量も問題なさそうでした。










年次改良されたCX-5のエクステリアの評価はずばり…!!





マツダCX-5のエクステリアを見てきましたが、いかがでしたか?



私の感想としては、「エクステリアの変更点が少ないので改良前モデルと大差なし。悪くなった部分はないのだが、もともとのデザインが独創的すぎてまだ受け入れられない…」です!



新型CX-5のデザインについては無駄な要素を削ぎ落として研ぎ澄まされた美しさを追求したとのことですが、どこかシンプルすぎて物足りないというか寂しさを感じてしまうデザインです。

今回のようにボディカラーがホワイトだとそれが余計に強調されてしまうのかここは少し残念ですね…。

こればかりはブログをご覧になられている方々が、次回以降にお届けするインテリア編や試乗インプレッションも踏まえて総合的に判断していただければと思います!


改良モデルに関しては、エクステリアにおいての変更点はホイールのみ、それも売れ筋グレードのホイールデザインやカラーは変更なしとのことから実質はエクスエリアの変更点はなしといってもいいでしょう。

発売されて1年半ほどであるにも関わらず3回もの年次改良をされるとは購入者は少しもどかしい気持ちになるでしょうが、マツダはCX-5の細かいところまでブラッシュアップさせてさらに良い車に仕上げようとしていますから、その姿勢は素晴らしいですし見方によればユーザーファーストだともいえますね。










ということで年次改良されたCX-5エクステリア編は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、CX-5の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o






関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR