【一般道での乗り心地は想像以上に〇〇!?】新型X3インプレッション⑤!


2017年10月から販売開始されているBMW X3ですが、先日に3日間試乗する機会をいただいたのでインプレッションをお届け!!

新型X3について、大型化したキドニーグリルやヘキサゴン型デイライトの奇抜なエクステリアにデビュー当初は目を疑いましたが、1年ほど経った今だとスポーティーで力強さを感じるデザインとして受け入れられており非常にかっこいいと感じます!

インテリアに関しては先代を遥かに凌駕する質感の高さで、個性を出しながらもよりラグジュアリーなデザインになっているほか、先進装備も盛りだくさんで部分自動運転を可能としたものや最先端の安全運転支援機能が標準搭載されています。

走りも格段に進化しておりCLARと呼ばれるBMWの新プラットフォームの採用に加えて、50:50の前後重量配分やダブルジョイントスプリングストラットアクスル+5リンクアクスルのサスペンション設計、初代から続くインテリジェント四輪駆動システムなどを新型X3にも導入していて運動性能や快適性はさらに向上。

これらを3日間という期間でたっぷりと味わってきましたので、あますことなくインプレッションをお届けしていきたいと思います。





X3monitor56.jpg



さて、今回はBMWX3の一般道試乗編Part1です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ♪

【これはもっと売れるべきだ!!】新型X3インプレッション①!

【インテリアの質感はどう?】新型X3インプレッション②!

【リアシートやラゲッジの広さはどうなの?】新型X3インプレッション③!

【高いけどこれなら払う価値ある!】価格は654万円から!新型X3インプレッション④!



続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










X33.jpeg



今回お借りさせていただいたのは滋賀BMW栗東営業所に用意されていた、



「X3 xDrive 20d xLine」!



SUVらしさをより強調したモデルでX3のなかでも中堅グレードに位置しています。

発売から1年あまり経っているので街中で見かけることも多くなってきましたね♪



どうして3日間も貸していただけたかは以下のリンクで紹介していますので気になる方はご覧ください^^

≪BMW 3DAYSモニターキャンペーン!≫今ならXシリーズを存分に味わえるぞ!!

今、ご覧になられている方もまだ借りられるチャンスは残っているはず…!!





・ボディサイズ

X3141.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

まずは新型X3のボディサイズをみていくと、



・全長4,720(4,725)mm×全幅1,890(1,895)mm×全高1,675mm!



先代比で全長+65mm全幅-5mmと縦にストレッチされていますがその分横幅が狭くなっていますね。(カッコ書きについてはM40dのボディサイズ。)

最近だとアンダークラスにおいて1.9m近い横幅になっているものも出てきておりその代表例はボルボXC40やジャガーE-PACEですが、大きすぎると街乗りで使いづらくなりますし日本の道路事情的にこのあたりが限界のような気もします。





・グレード、価格

X3140.jpg 
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

新型X3のグレード展開及び価格は以下のようになっています。



xDrive 20d 6,790,000円
xDrive 20d Xライン 7,240,000円
xDrive 20d Mスポーツ 7,270,000円
xDrive 20i 6,540,000円
xDrive 20i Xライン 6,990,000円
xDrive 20i Mスポーツ 7,020,000円
M40d 8,750,000円




装備が簡略化されたスタンダード、SUVらしさを強調しつつも装備が充実したXライン、走りも装備も妥協することを許さないMスポーツの3グレード展開となっています。売れ筋はやはりMスポーツのようですね。



エンジンラインアップは2000cc直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意されていたところに2018年9月から3000cc直列6気筒ディーゼルエンジンも追加されました。

そのエンジンスペックを比較して見てみると、


20i(2リッターガソリン) 184ps,290Nm,0-100km/h加速8.3秒

20d(2リッターディーゼル) 190ps,400Nm,0-100km/h加速8.0秒

M40d(3リッターディーゼル) 326ps,680Nm,0-100km/h加速4.9秒


2リッターモデルでも私が乗っている118dEditionShadowに匹敵する加速性能ですが、M40dのパワースペックはスポーツカーと比較しても遜色ありません。

しかも燃費性能はパワースペックから想像もできないほど良いものになっていますので続いてはそちらを見てみましょう。





・燃費

X3139.jpg 
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

燃費が良ければ航続距離も伸びますし給油回数も減らせて快適なロングドライブに貢献しますので見ておきましょう。



20i(2リッターガソリン) 13.5km/L

20d(2リッターディーゼル) 17.0km/L

M40d(3リッターディーゼル) 14.9km/L




特にディーゼルエンジンの燃費性能は凄いですね!3リッターのハイパワーエンジンでありながら2リッターのガソリンモデルよりも優れた燃費数値になっています。さらに驚くことは全てのモデルが4WDでありながらこの値ということです。



続いてタンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)



20i(2リッターガソリン) 878km

20d(2リッターディーゼル) 1020km

M40d(3リッターディーゼル) 1013km




どのモデルにおいても長距離ドライブでウィークポイントとなることはなさそうです。そのなかでもディーゼルモデルは特筆すべきであり、ワンタンク1000kmオーバーはディーゼルエンジンの恩恵を最大限感じることができるひとつのポイントですよね。

さらにこのX3が凄いのは同じディーゼルモデルでも20dとM40dでタンク容量が異なっている点であり、そうすることで燃費数値が多少劣っているM40dであっても航続可能距離は20dとほとんど同じになるように調整されています。



加速性能が良くて燃費も良くて航続可能距離も他グレードに劣らないとなれば文句のつけどころがなくコスパ最強車と言えるでしょう!!私が見てきた車の中でもトップクラスに入る秀逸な一台ですから金額が許すならばぜひともM40dを選択してほしいところです!!!










巷の評価がすこぶる高いX3を駆ってインプレッション旅行のスタートです。

一般道、ワインディング、高速道路、オフロードと様々なシチュエーションを組み込んだ走行ルートで試してきましたのでお楽しみに♪

総走行距離680km、累計走行時間20時間、計2日間で感じたX3は果たしてどうだったのか!?

その様子をぜひご覧ください。





※レポート車両…X3 xDrive 20d xLine(¥7,240,000) メーカーオプション…アクティブベンチレーションシート(¥40,000)・リアシートバックレストアジャストメント(¥20,000)










X3の第一印象は運転しやすい車



X361.jpg

まずは慌てることなくミラーやシートにステアリングをベストポジションへと調整します。長旅においてはとても重要になってきますからね^_^;

なお、X3にはシートメモリー機能が備わっており2つのシートポジションを記憶させることが可能です。ドライバーが1人の場合だとひとつは一般道に適したシートポジション、もうひとつは高速道路の走行に適したシートポジションに設定するといった使い方もできますね。



X372.jpg

ドライビングパフォーマンスコントロールはコンフォートモードを選択してディーラーを出発します。



X359.jpg

まず、乗り始めて最初に感じたことはアイポイントの高さと車幅感覚の掴みやすさ。

X3は全高が1,675mmとSUVらしい背丈になっていますので前方の視認性はとてもいいですね^^

Aピラーが左右視界を大きく遮ることはないですし、1シリーズに比べると横幅はかなりワイドになっていますが違和感を感じることはありません。



X33.jpeg

そうはいってもボディサイズは約1.9mという大柄な体格ですから「狭い道は嫌だな…」とバッドシチュエーションも脳裏をよぎりましたが、実際に走らせてみるとサイドミラーも大きいですしフロントノーズも見切りがいいため巨体からは想像もできないほど運転がしやすいです。



X3160.jpg
引用元:https://www.press.bmwgroup.com/global

また、12.3インチのマルチディスプレイメーターパネルは視認性が高く様々な情報を瞬時に把握できるように洗練されたデザインとなっています。

その表示内容については、タコメーター、スピードメーター、水温計、燃料計、オドメーター、トリップメーターのオーソドックスな内容以外にも時刻、気温、平均速度、平均燃費、瞬間燃費、航続可能距離、ドライビングパフォーマンスコントロール選択状況、ACC作動状況などがドライバー好みに表示できて面白いですね^^

通常時にタコメーターを表示している部分は状況によって違う情報を表示させる機能も備えており、例えばBluetoothやテレビなどのメディア切り替え時には各種選択項目がポップアップ表示されたり、ルート案内中であれば曲がり角に近づくと拡大表示でアラートされたりします。デジタルメーター特有の機能で斬新的かつ先進的ですが、それ以外にも前方からの視線移動を減らすことができるので安全性の向上にも繋がっています。



X389.jpeg

安全性への寄与という意味では10.25インチナビワイドコントロールディスプレイは大きくて見やすいですし、ドライバー目線の高さにレイアウトされているので視線移動は楽になるでしょう。5月に実施された小変更ではヘッドアップディスプレイも標準装備になりましたので嬉しいですね^^

ただし、ディスプレイに対してのフレームが占める面積割合が高いためさらに縦横に拡大できるだけのスペースがベゼル部に残されています。もしもディスプレイいっぱいまで液晶化がされればレクサスRXの12.3インチワイドディスプレイに匹敵するモニターサイズとなりそうです。





全体バランスがまとまっていて上質な乗り心地



X3161.jpg
引用元:https://www.press.bmwgroup.com/global

日本の一般道路だとせいぜいバイパスで出せる制限速度70km/hがいいところですよね。この道路環境を考えるとX3 xDrive 20d xLineに搭載されているB47D20Aエンジンに不満を覚えることはまずないでしょう。

エンジンスペックは190ps/4000rpm、400Nm/1750-2500rpm!

車両重量は乗員を合わせると約2トン弱というメタボ体質ですが、低回転から湧き出る最大トルクが有無を言わさずに車体を前へと押し出します。

普段は118dEditionShadowに乗っているので比べれば軽快さこそ劣るものの、0-100km/h加速や体感加速力は同等レベルですから必要十分といったところでしょう。



X395.jpg

そこに組み合わされるのはBMWお得意のの8速ATであり、クロスレシオぎみに設定されたギア比と相まってピークトルクを発生する回転域で上手く変速するようにプログラミングされています。

ただし、1速のギア比がかなり低めになっていることから普通にアクセルを踏み込んで加速したとしても2500rpm前後まで引っ張るので、もう少し下の回転域で変速するプログラミング制御かギア比にしてほしいところですね。



X326.jpg

といってもX3の車内空間は遮音性がかなり高いのかロードノイズやエンジンノイズが気になることはほぼありません。

エンジンサウンドはディーゼルとは思えないほど静かな仕上がりになっていますし、車内に入ってくるのは雑味のある音ではなくて重厚感のある音です。ただし、エンジン音の静かさだけでいうと1シリーズ同等といったところでしょう。

唯一雑音として気になったのはAピラー辺りからの風切り音です。これに関しては70km/hを越えたあたりから顕著に聞こえてきました。本国ではサイドドアにアコースティックガラスがオプション設定されていますが、日本仕様では通常のガラスしか選択できないので風切り音対策は諦めるしかないでしょう。



X3monitor57.jpg

信号で停止するとアイドリングストップが作動。気付いた点としては1シリーズは完全停止してからアイドリングストップするのですが、X3では約5km/h以下になるとアイドリングストップが作動するようになっています。

さらにX3ではブレーキペダルを素早く踏むことで、キャンセルされてしまったアイドリングストップを再び作動させることができるようになっていました。これは1シリーズにはない機能であり羨ましいですね。復帰時のエンジンバイブレーションもほとんど感じることはありませんでした。



X323.jpeg

サスペンションのフィーリングがこれまた良いものでして、路面からくる縦方向の入力に対してはマイルドな味付けになっており突き上げ感はほとんどありません。

足回りで上手くいなしてくれているのかはたまたシート下の衝撃吸収が秀逸なのかどちらにせよ乗っていて不快感を感じないでしょう。



f2013.jpg

比較すると1シリーズは車体が「ドンッ…!」と揺れると乗員も「ドンッ…」と感じるのに対して、X3では車体が「ドンッ…!」と揺れても乗員は「フワッ…。」とした揺れしか感じず、方向性がかなり違うセッティングになっています。この表現が一番わかりやすいと思いますw

ただし、xLineには標準サスペンションが組み合わさっていますので本来であれば20dMスポーツのサスペンションとを比較させる必要がありますね。

それでも普段運転していて疲れにくいサスペンションの味付けは間違いなくX3だと感じました。


ひとつ補足しておくとすれば、路面のギャップやアンジュレーション自体はステアリングやシートから伝わってきますしドライビングインフォメーションが希薄という意味ではありませんのでご注意を。





これが意外に嬉しい機能である



X3153.jpg

X3はBMW社の中でもトップレベルの先進装備や快適装備を身につけています。数あるうちのひとつが車線逸脱警告機能。

周囲に車両がいないことを確認して車線逸脱警告機能を試してみます。

時速60km/hほどでなおかつ車線が認識されている状態で少しはみ出すような動きを見せると、ステアリングのバイブレーションによって警告されると同時に車体を元の車線に戻すようにステアリングアシストが介入してきます。

この時に警告音は鳴りませんので同乗者に不安感を与えるようなシステムでない点は良いですね。


ステアリングアシストは思っているよりも強めのアシスト力になっており、結構な力で逸脱方向へステアリング入力をしない限りははみ出すことはほぼないでしょう。

詳細はこのあとのインプレでお届けしますが、ACC+レーンキープ機能も試してみたところ自動運転と呼ぶには至っていないですがそう呼びたくなるような先進技術だということを再認識しました。



X3monitor54.jpg

続いて、快適装備のひとつとしてX3には「シートベンチレーション」が用意されています!

最近は一気に気温が低くなり北の大地では初雪も観測されるほど冷え込んできました。そんななか活躍してくれたのは「シートヒーター」「シートベンチレーション」

シートヒーターは分かるけどシートベンチレーションって寒い時期に使うものなの?と思われるでしょうが、実はマルチユースな機能であるということをここでご紹介しておきましょう。

寒くなってきたとはいえシートヒーターを作動させている状態で長時間座っていると背中が蒸れてくるときがあります。ですからそんな時にはシートベンチレーションを作動させてあげれば一気に問題解決となるでしょう。

ということで今回のインプレ中はシートベンチレーションを常にオンにしていました。あるのとないのとではかなり違っていて2時間程度座りっぱなしの状態であってもこの機能があれば背中やお尻が汗ばむことはありません。

シートヒーターはコンパクトクラスでも採用車種が増えてきていますがシートベンチレーション機能はまだまだ上位車種の特権とも言えます。そんな装備がX3には4万円という価格でオプション装着することができます。

ぜひとも装備したいオプションのひとつですね。


また、試乗とは直接関係ないのですが以前から少し気になっていた「シートヒーターとシートベンチレーションは同時に作動できるのか?」問題ですが、X3では同時作動させることが可能です。日常的にこのような使い方をする方がおられるかは分かりませんが、細かいところまでインプレをするのがこのブログのウリですからご紹介しました。



X3monitor1.jpg

と、ワインディングに入る前に燃費を計測してみたところ、一般道での平均燃費は16.0km/L!

エコ運転を心がけていたわけではないにも関わらずこの数値は優秀ですし、燃料については軽油ですから経済的ですね^^


さて、続いてはワインディングインプレッションですが一般道編が少々長くなりましたので次回にお届けします!



ということでBMWX3一般道インプレッションPart1は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、X3の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR