【インテリアの質感はどう?】新型X3インプレッション②!


2017年10月から販売開始されているBMW X3ですが、先日に3日間試乗する機会をいただいたのでインプレッションをお届け!!

新型X3について、大型化したキドニーグリルやヘキサゴン型デイライトの奇抜なエクステリアにデビュー当初は目を疑いましたが、1年ほど経った今だとスポーティーで力強さを感じるデザインとして受け入れられており非常にかっこいいと感じます!

インテリアに関しては先代を遥かに凌駕する質感の高さで、個性を出しながらもよりラグジュアリーなデザインになっているほか、先進装備も盛りだくさんで部分自動運転を可能としたものや最先端の安全運転支援機能が標準搭載されています。

走りも格段に進化しておりCLARと呼ばれるBMWの新プラットフォームの採用に加えて、50:50の前後重量配分やダブルジョイントスプリングストラットアクスル+5リンクアクスルのサスペンション設計、初代から続くインテリジェント四輪駆動システムなどを新型X3にも導入していて運動性能や快適性はさらに向上。

これらを3日間という期間でたっぷりと味わってきましたので、あますことなくインプレッションをお届けしていきたいと思います。





X3monitor8.jpg



さて、今回はBMWX3のインテリア編です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ♪

【これはもっと売れるべきだ!!】新型X3インプレッション①!



続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










X33.jpeg



今回お借りさせていただいたのは滋賀BMW栗東営業所に用意されていた、



「X3 xDrive 20d xLine」!



SUVらしさをより強調したモデルでX3のなかでも中堅グレードに位置しています。

発売から1年あまり経っているので街中で見かけることも多くなってきましたね♪



どうして3日間も貸していただけたかは以下のリンクで紹介していますので気になる方はご覧ください^^

≪BMW 3DAYSモニターキャンペーン!≫今ならXシリーズを存分に味わえるぞ!!

今、ご覧になられている方もまだ借りられるチャンスは残っているはず…!!





・ボディサイズ



まずは新型X3のボディサイズをみていくと、



・全長4,720(4,725)mm×全幅1,890(1,895)mm×全高1,675mm!



先代比で全長+65mm全幅-5mmと縦にストレッチされていますがその分横幅が狭くなっていますね。(カッコ書きについてはM40dのボディサイズ。)

最近だとアンダークラスにおいて1.9m近い横幅になっているものも出てきておりその代表例はボルボXC40やジャガーE-PACEですが、大きすぎると街乗りで使いづらくなりますし日本の道路事情的にこのあたりが限界のような気もします。





・グレード、価格



新型X3のグレード展開及び価格は以下のようになっています。



xDrive 20d 6,790,000円
xDrive 20d Xライン 7,240,000円
xDrive 20d Mスポーツ 7,270,000円
xDrive 20i 6,540,000円
xDrive 20i Xライン 6,990,000円
xDrive 20i Mスポーツ 7,020,000円
M40d 8,750,000円




装備が簡略化されたスタンダード、SUVらしさを強調しつつも装備が充実したXライン、走りも装備も妥協することを許さないMスポーツの3グレード展開となっています。売れ筋はやはりMスポーツのようですね。



エンジンラインアップは2000cc直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意されていたところに2018年9月から3000cc直列6気筒ディーゼルエンジンも追加されました。

そのエンジンスペックを比較して見てみると、


20i(2リッターガソリン) 184ps,290Nm,0-100km/h加速8.3秒

20d(2リッターディーゼル) 190ps,400Nm,0-100km/h加速8.0秒

M40d(3リッターディーゼル) 326ps,680Nm,0-100km/h加速4.9秒


2リッターモデルでも私が乗っている118dEditionShadowに匹敵する加速性能ですが、M40dのパワースペックはスポーツカーと比較しても遜色ありません。

しかも燃費性能はパワースペックから想像もできないほど良いものになっていますので続いてはそちらを見てみましょう。





・燃費



燃費が良ければ航続距離も伸びますし給油回数も減らせて快適なロングドライブに貢献しますので見ておきましょう。



20i(2リッターガソリン) 13.5km/L

20d(2リッターディーゼル) 17.0km/L

M40d(3リッターディーゼル) 14.9km/L




特にディーゼルエンジンの燃費性能は凄いですね!3リッターのハイパワーエンジンでありながら2リッターのガソリンモデルよりも優れた燃費数値になっています。さらに驚くことは全てのモデルが4WDでありながらこの値ということです。



続いてタンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)



20i(2リッターガソリン) 878km

20d(2リッターディーゼル) 1020km

M40d(3リッターディーゼル) 1013km




どのモデルにおいても長距離ドライブでウィークポイントとなることはなさそうです。そのなかでもディーゼルモデルは特筆すべきであり、ワンタンク1000kmオーバーはディーゼルエンジンの恩恵を最大限感じることができるひとつのポイントですよね。

さらにこのX3が凄いのは同じディーゼルモデルでも20dとM40dでタンク容量が異なっている点であり、そうすることで燃費数値が多少劣っているM40dであっても航続可能距離は20dとほとんど同じになるように調整されています。



加速性能が良くて燃費も良くて航続可能距離も他グレードに劣らないとなれば文句のつけどころがなくコスパ最強車と言えるでしょう!!私が見てきた車の中でもトップクラスに入る秀逸な一台ですから金額が許すならばぜひともM40dを選択してほしいところです!!!










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










・まずはフロントドアからチェック!



X359.jpg

3日間モニターで貸していただいたX3のインテリアカラーはブラック。

シンプルなカラーコーディネートですが質感の高さは5シリーズに相当します。



X360.jpg

インテリアトリムは「ブラックハイグロストリム/パールクロームハイライト」。

高級感がある見た目はいいですが指紋などの汚れが目立つ点が気になります。



X361.jpg

トリム類のほとんどがソフトパッドで覆われておりそこには白ステッチが入れられています。

なお、シートメモリースイッチやドアロックボタンはプラスチック素材となっていますがそこまで質感を低くさせるようなものではありませんね。



X362.jpeg

ドア前方にはエンボス加工が施された「X」の文字が。

先日インプレッションをお届けした6GTにも同じようなものがありましたね。



6gt41.jpg

※こちらは6シリーズGTの様子。最近のトレンドなのでしょうか。



X363.jpg

ウインドウスイッチ類もさすがの質感の高さであり、ガルバニック仕上げとすることで極めて上質な印象を与えてくれます。



X364.jpeg

ドアポケットは起毛仕上げがされておらず小物などによるカチャカチャ音が気になりそうですが、広大なスペースとなっており使い勝手はよかったです。





・ではシートはどんな感じ?



X365.jpg

X3 xDrive 20d xLineにはヴァーネスカレザーシートが標準装備。

シートカラーはブラックとなっていますが、この他にも明るい茶色の「コニャック」や、暗めの茶色である「モカ」を選択することもできますし、BMWIndividualではメリノレザーやその他のシートカラーも用意されています。



X366.jpg

詳細は試乗編でお届けする予定ですが、シート形状が管理人の体型に合わなかったのか30分ほどのドライブで腰の痛みが出てきてしまいました…。

なお、X3 xDrive 20d xLineにはスポーツシートが標準装備されるのですが、今回の車両はそれとは異なるものが装備されています。



X367.jpeg

なぜかというと、この車両にはオプションのシートベンチレーション機能が備わっているためです。



X391.jpg

シートベンチレーション機能が装着されるとスポーツシートからノーマル形状に変更されるというのは私にとってはX3最大のデメリットと感じています。

「xLine」であればシートベンチレーション機能は¥40,000で装着できるオプションだけに非常に残念ですね…。Mスポーツだとしても同様にノーマル形状に変更されるので購入の際には注意してください。



X368.jpeg

足元付近を見ると、ドアシルプレートやパワーシートスイッチに加飾がされており細かいところの質感も抜かりありません。ただし、アルミペダルについてはMスポーツと差別化を図るためか装備されていませんね。





・ステアリング付近を見てみる



X369.jpg

マルチファンクションスポーツレザーステアリングホイールが装備されておりステアリング形状は真円形となっています。



X370.jpg

ステアリングスイッチ類はクローム仕上げとなっていてステアリングホイール上にアクセントを添えていますね。



X371.jpg

こちらはガルバニック仕上げのエンジンスタートストップボタン。どうせならアイドリングストップボタンも同じ質感にすればよかったのではと感じます^_^;



X372.jpg

メーターパネルを見てみます。X3にはマルチディスプレイメーターパネルが標準装備。

スピードメーターとタコメーターなどのオーソドックスなもの以外に各種情報を表示できるのが特徴的ですね。

BMWは次期3シリーズやZ4、8シリーズなどに新世代のデジタルメーターパネルを採用していますが、機能的にはX3のデジタルメーターでも十分だと感じました。



X373.jpg

こちらはドライビングパフォーマンスコントロールをECOPROモードに切り替えた時の様子。

右側にはタコメーターに代わって瞬間燃費が表示されるようになります。ECOPROモードであっても設定を変更すれば通常のタコメーターを表示させることも可能です。



X374.jpg

こちらはスポーツモードの様子。燃料計や水温計に時計までもが赤色に変更される意匠はその緻密度にうっとりさせられます。



X375.jpg

こちらはライトスイッチの様子です。質感はあまりよろしくありません。

X3も含めて最近のBMWではライトスイッチが「0」位置であってもオートライトが作動するシステムになりましたね。

車中泊などではエンジンをかけてライトだけをオフにできないと困る場面がありますが、どうやらコーディングで従来のように変更できるようですので一安心です。



X376.jpg

その下にあるのは小物入れですがしっかり起毛仕上げがされています。





・お待たせしましたインパネです



X384.jpg


まず、こちらは正面から撮影した写真になりますがインパネがドライバーのほうへ少し傾いているのが分かるかと思います。

ドライバーが操作しやすいように設計されていて、まさにドライバーオリエンテッドなデザインとなっていますね。



X385.jpeg

X3 xDrive 20d xLineのインパネ周りですが、デザインは上位車種の7シリーズや5シリーズに相応することから質感の高さもまさにそのものです。

細かい部分を見れば7シリーズとは大きな差があるでしょうが、パッと見ではあまり区別がつきませんね。



X387.jpeg

X3の上位車種には今年フルモデルチェンジを果たすX5や来年以降にも日本へ導入されるであろうX7が存在しており、そうなるとX3は3シリーズのSUV版ということになりますが、現行モデルの3シリーズとは比較にならないくらい質感が高いです。



X378.jpg

この車両はセンサテック素材を使用したインパネではありませんが、それでもプラスチッキーな触り心地ではなく合成皮革のような柔らかい仕上げになっています。



X377.jpg

助手席方向を見た時もこの質感の高さですよ。



X388.jpeg

続いては、センターパネルを見ていきます。ガルバニック仕上げとピアノブラック調のスイッチ類が組み合わさって高級感がある操作パネルになっています。



X389.jpeg

10.25インチワイドコントロールディスプレイには最近のBMWでおなじみのタッチパネルが採用。これにより使い勝手が格段に向上しています。



X390.jpg

その下にあるのは、オーディオとエアコンの操作スイッチになります。

物理キーのレイアウトを重要視しているBMWですが、なんでもかんでもディスプレイパネルに集約するよりはこちらのほうがブラインドタッチがしやすくていいですね。



X392.jpg

シフトコンソールを見ていくと、ブラックハイグロスパネルは指紋や埃の付着が気になるもののインテリアの質感をグッと高めています。シンプルながらも使い勝手が良好な操作系となっていますね。

トランスミッションはステップトロニック付8速AT、セレクターレバーはG系から採用されている新世代のものになります。



X393.jpg

シフトコンソールの奥にはドアパネルでもみかけたエンボス加工のロゴがこちらにも。



X394.jpg

シャッター開閉式のドリンクホルダーは1シリーズなどよりも一回り大きいタイプのものとなっていて小物入れとしても重宝しそうです。

その奥にあるのはワイヤレスチャージングでありX3には全車標準装備されます。



X395.jpg

スイッチ類に関して右奥から順に見ていくと、「DSCオフスイッチ」、「ドライビングパフォーマンスコントロール選択スイッチ」、「パーキングアシストプラス作動スイッチ」、「フロント・サイドカメラスイッチ」、「HDC作動スイッチ」となっています。

X396.jpg

X3は先代モデルと同様に電動パーキングブレーキ及びブレーキホールドが採用されています。

Dレンジに入れるとパーキングブレーキが解除され、Pレンジに入れるとロックされる仕様になっていました。

さらに、「AUTO H」を1度押しておくとエンジンを切って再び再始動した時にもブレーキホールドは作動した状態を記憶してくれていました。乗り込む度にボタンを押さなくていいのは嬉しいですね^^





・その他の部分の質感は?



X381.jpg

X3 xDrive 20d xLineのルーフカラーはベージュ。Mスポーツのようなアンソラジットをオプション選択することも可能です。



X382.jpg

バニティミラーもLEDとなっているのは最近のBMWでは珍しいことではありません。



X383.jpg

こちらにもLEDが採用されていますが、X3のルームライトには2種類存在しているのをご存知でしょうか?

今回の車両のような通常タイプのものと、パッケージプオプションを選択することで同時装着される大型ルームライトのものがあります。

華やかさを求めたい方には大型ルームライトをおススメしますがなんせパッケージオプション装着が必須ですので価格との兼ね合いになりそうですね。



X379.jpeg

グローブボックスは1シリーズと違って鍵でロックできるタイプです。操作レバーもメッキ仕上げになっていてラグジュアリー感はここでも感じます。



X380.jpeg

中を見ると起毛仕上げになっていてLED照明も装備されていますので良いですね^^



X397.jpg

最後にセンターコンソールを見てみましょう。



X398.jpg

残念ながら起毛仕上げにはなっておらず…。

照明があったり、ゴム製マットが敷かれて異音の発生を防いだりと工夫はされていますが、せっかくならばグローブボックスのようにしてほしかったところです。










と、少々長くなりましたので、リアシート・ラゲッジルーム編は次回にお届けしたいと思います!



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、X3の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o










関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR