【これはもっと売れるべきだ!!】新型X3インプレッション①!


2017年10月から販売開始されているBMW X3ですが、先日に3日間試乗する機会をいただいたのでインプレッションをお届け!!

新型X3について、大型化したキドニーグリルやヘキサゴン型デイライトの奇抜なエクステリアにデビュー当初は目を疑いましたが、1年ほど経った今だとスポーティーで力強さを感じるデザインとして受け入れられており非常にかっこいいと感じます!

インテリアに関しては先代を遥かに凌駕する質感の高さで、個性を出しながらもよりラグジュアリーなデザインになっているほか、先進装備も盛りだくさんで部分自動運転を可能としたものや最先端の安全運転支援機能が標準搭載されています。

走りも格段に進化しておりCLARと呼ばれるBMWの新プラットフォームの採用に加えて、50:50の前後重量配分やダブルジョイントスプリングストラットアクスル+5リンクアクスルのサスペンション設計、初代から続くインテリジェント四輪駆動システムなどを新型X3にも導入していて運動性能や快適性はさらに向上。

これらを3日間という期間でたっぷりと味わってきましたので、あますことなくインプレッションをお届けしていきたいと思います。





X34.jpeg





さて、今回はBMWX3のエクステリア編です!





続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










X33.jpeg



今回お借りさせていただいたのは滋賀BMW栗東営業所に用意されていた、



「X3 xDrive 20d xLine」!



SUVらしさをより強調したモデルでX3のなかでも中堅グレードに位置しています。

発売から1年あまり経っているので街中で見かけることも多くなってきましたね♪



どうして3日間も貸していただけたかは以下のリンクで紹介していますので気になる方はご覧ください^^

≪BMW 3DAYSモニターキャンペーン!≫今ならXシリーズを存分に味わえるぞ!!

今、ご覧になられている方もまだ借りられるチャンスは残っているはず…!!





・ボディサイズ



まずは新型X3のボディサイズをみていくと、



・全長4,720(4,725)mm×全幅1,890(1,895)mm×全高1,675mm!



先代比で全長+65mm全幅-5mmと縦にストレッチされていますがその分横幅が狭くなっていますね。(カッコ書きについてはM40dのボディサイズ。)

最近だとアンダークラスにおいて1.9m近い横幅になっているものも出てきておりその代表例はボルボXC40やジャガーE-PACEですが、大きすぎると街乗りで使いづらくなりますし日本の道路事情的にこのあたりが限界のような気もします。





・グレード、価格



新型X3のグレード展開及び価格は以下のようになっています。



xDrive 20d 6,790,000円
xDrive 20d Xライン 7,240,000円
xDrive 20d Mスポーツ 7,270,000円
xDrive 20i 6,540,000円
xDrive 20i Xライン 6,990,000円
xDrive 20i Mスポーツ 7,020,000円
M40d 8,750,000円




装備が簡略化されたスタンダード、SUVらしさを強調しつつも装備が充実したXライン、走りも装備も妥協することを許さないMスポーツの3グレード展開となっています。売れ筋はやはりMスポーツのようですね。



エンジンラインアップは2000cc直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意されていたところに2018年9月から3000cc直列6気筒ディーゼルエンジンも追加されました。

そのエンジンスペックを比較して見てみると、


20i(2リッターガソリン) 184ps,290Nm,0-100km/h加速8.3秒

20d(2リッターディーゼル) 190ps,400Nm,0-100km/h加速8.0秒

M40d(3リッターディーゼル) 326ps,680Nm,0-100km/h加速4.9秒


2リッターモデルでも私が乗っている118dEditionShadowに匹敵する加速性能ですが、M40dのパワースペックはスポーツカーと比較しても遜色ありません。

しかも燃費性能はパワースペックから想像もできないほど良いものになっていますので続いてはそちらを見てみましょう。





・燃費



燃費が良ければ航続距離も伸びますし給油回数も減らせて快適なロングドライブに貢献しますので見ておきましょう。



20i(2リッターガソリン) 13.5km/L

20d(2リッターディーゼル) 17.0km/L

M40d(3リッターディーゼル) 14.9km/L




特にディーゼルエンジンの燃費性能は凄いですね!3リッターのハイパワーエンジンでありながら2リッターのガソリンモデルよりも優れた燃費数値になっています。さらに驚くことは全てのモデルが4WDでありながらこの値ということです。



続いてタンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)



20i(2リッターガソリン) 878km

20d(2リッターディーゼル) 1020km

M40d(3リッターディーゼル) 1013km




どのモデルにおいても長距離ドライブでウィークポイントとなることはなさそうです。そのなかでもディーゼルモデルは特筆すべきであり、ワンタンク1000kmオーバーはディーゼルエンジンの恩恵を最大限感じることができるひとつのポイントですよね。

さらにこのX3が凄いのは同じディーゼルモデルでも20dとM40dでタンク容量が異なっている点であり、そうすることで燃費数値が多少劣っているM40dであっても航続可能距離は20dとほとんど同じになるように調整されています。



加速性能が良くて燃費も良くて航続可能距離も他グレードに劣らないとなれば文句のつけどころがなくコスパ最強車と言えるでしょう!!私が見てきた車の中でもトップクラスに入る秀逸な一台ですから金額が許すならばぜひともM40dを選択してほしいところです!!!










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










・まずはフロントから



X32.jpeg

まずはじめに目に飛び込んでくるのは、鋭い目つきのヘッドライトとインパクトのあるキドニーグリル。

ヘッドライトは7シリーズや5シリーズのようにグリルと繋がるデザインにはなっていませんね。



X36.jpeg

その下には横バータイプのLEDフォグライトユニットが組み込まれています。夜間に確認したところこれがなかなかの光量でして、フロントノーズ下端がよりはっきりと視認できるように照らしてくれます。



X35.jpeg

X3 xDrive 20d xLineのキドニーグリルはクローム仕上げのものが装備されておりハイグロスブラックバータイプとなっています。



X37.jpeg

先代よりも大型化されたグリルによってフロントマスクをより厚みのある印象に変えているほか、メッキタイプの縁取りによってラグジュアリー感も醸し出しています。



X38.jpg

と思っていたらフロントエプロンはマットアルミニウム仕上げになっていてSUVらしさを強調。



X39.jpeg

サイドエアインテークも同じくマットアルミニウム仕上げとなっています。

ラグジュアリーな印象を受ける一方で、X3 xDrive 20d xLineはSUVの力強さも感じるエクステリアデザインです。



X310.jpeg

半顔なX3もなかなかいけてますねw



X311-1.jpg

ヘッドライトにはアダプティブLEDヘッドライトが標準装備。



X312.jpg

X3のライト点灯の様子をそれぞれ見ていきます。まずはデイライト点灯時。



X313.jpg

最近のBMWはデイライトが標準化されていて日中でもBMWだとはっきり分かるほど光量があります。



X314.jpg

次にポジションライト点灯時。デイライトよりも減光されているのが分かります。



X315.jpg

こちらはポジションライト+フォグライト。



X316.jpg

写真ではフォグライトがそこまで明るくないように見えますが夜間になるとなかなかの威力を発揮してくれますよw



X317.jpg

続いてロービーム点灯時。ライトユニットの上半分が光るようになっています。



X318.jpg

そしてハイビーム点灯時。下半分も光っていますのでこれでライトユニット全ての光源が使用されている状態です。



X319.jpg

最後にデイライト+ウインカー点灯時。



X320.jpg

アイライン部分が光るように設計されているのはG型と呼ばれる7シリーズや5シリーズと同じになりますね。



X321.jpg

ひとつ言うとすれば、こちらも他のG型同様に流れないタイプのウインカーとなっています。このタイプだと光量は十分ありますし発光面積も広いですから流れないタイプでも非常に高い視認性を誇っているのが特徴的です。










・続いてはサイドから



X322.jpeg

新型X3のボンネットを見てみると滑らかで深いライン形成がされておりSUVの屈強さを感じることができます。



X323.jpeg

実際に運転しいていてもボンネットラインはかなり印象的で目に焼きつくものがありました。

だからといって前方視界の邪魔をしているわけではないということをはっきりとお伝えしておきますね。



X324.jpeg

フェンダーアーチモールには無塗装樹脂パネルが採用されています。



X325.jpeg

X3のサイドシルエットで特徴的なのは伸びやかなフロントノーズ。



X329.jpeg

さらに2,865mmというロングホイールベースやフラットルーフラインも相まってボディサイズ以上の風格を示しています。



X326.jpg

それに加えてドアハンドルから水平に伸びたショルダーラインもX3のかっこよさを引き立てるひとつの要素で美しいですね。



X327.jpg

サイドスカートはフロントエプロンやエアインテークと同じくマットアルミニウム仕上げ。



X328.jpg

エアブリーザーに関してはサテンアルミニウムが使用されています。

ここで気になるのは実際に風が抜ける意匠にはなっていない点ですね。いわゆる“ダミー”になっていてもったいないなと感じます。



X330.jpeg

X3 xDrive 20d xLineに装備されるホイールは19インチYスポークスタイリング694ライトアロイホイール。

ライトアロイホイールとは一般的なBMWに採用されているホイールよりも軽量化が図られたものを表します。



X331.jpg

組み合わされるタイヤサイズは245/50/R19、前後同じサイズでランフラットタイヤとなっています。

20インチでも違和感のない車格ですが、見た目的にも19インチで十分かっこいいですし乗り心地も犠牲にされておらずベストマッチだと感じます。



X332.jpg

ルーフレールにもサテンアルミニウムが使用されています。



X333.jpeg

さらにウインドウフレームモールディングもサテンアルミニウムで仕上げられており他の部分との統一感があっていいですね。



X336.jpg

新型X3はアドブルータイプのディーゼルエンジンですので注入口が燃料キャップ横に備わっています。

そのおかげもあってかエンジンのピックアップは軽量な1シリーズにも劣らないくらいでしたよ^^










最後にリアの様子をどうぞ



X337.jpeg

リア周りで特徴的なのは、左右1本出しのマフラーと立体感のあるフルLEDテールライト。


X342.jpeg

最近では各社でLED採用車が増加傾向にありBMWもそれにならってフルLED化が進んでいます。



X340.jpeg

X3に採用されるテールライトはL字型を模しておりこれまたBMWらしいデザインですね。



X341.jpeg

リアの半顔もなかなかイケメンでいいのではw?



X343.jpeg

バンパーの塗り分けが非常に複雑ですが上手くまとめられていて好印象です。



X344.jpeg

リアスカートはフロントやサイドと同じくマットアルミニウム仕上げ。

X3を後ろから見た時に一番かっこいいと思う角度はこれですね^^



X345.jpeg

マフラーは左右1本出しでクローム仕上げとなっています。

片側2本出しよりもこちらのほうスポーティー感があって好きですねw



X346.jpg

覗き込むと両側に排気管が繋がっていてダミーではないことが分かります。



X347.jpeg

ルーフエンドにはリアスポイラーが全車標準装備。



X348.jpg

テールライト周りを詳しく見ていきます。まずはポジションライト点灯時の様子。



X349.jpg

OLEDまではいかないにしてもBMWのテールライトはいつ見ても美しいです。



X350.jpg

続いては、リアフォグライト点灯時。



X351.jpg

片側3発のLEDとなっています。



X352.jpg

最後にウインカー点灯時。



X353.jpg

フロント同様に流れるタイプではありませんが視認性に関してはいうことなしです。



X354.jpg

少しまぶしいくらいの印象を受けるターンシグナルランプですが、近くで見ると粒々感が分かってしまいます。

BMWもいずれは流れるタイプのウインカーになると見込んでいますがその時には粒々感を感じないものであればなおいいですね。










新型X3のエクステリアの評価はずばり…!!





BMW新型X3のエクステリアを見てきましたが、いかがでしたか?



私の感想としては、「まとまり感のあるデザイン!造りこまれた意匠はオーナーを満足させないわけがない。」です!



XラインというグレードはSUVらしさをより強調したモデルとなっていますが、フロントサイドリアに共通するマットアルミニウム仕上げが上手くその雰囲気を表しています。

そこへ組み合わされるサテンアルミニウムのパーツが各所に散りばめられていてラグジュアリー志向も感じるデザインになっていますね。

さらに、伸びやかなボンネットフードラインやロングホイールベースなどがX3という車をワンランク上に見せるポイントになっているようでオーナーの満足度は非常に高いでしょう。

ところが実際に運転してみるとボディの大きさはそこまで感じませんしなによりもアイポイントが高いので1シリーズよりも運転しやすいと言っても過言ではありません。

そのあたりについては後日お届けする試乗編でレポートしたいと思いますのでお楽しみに^^



ということでBMW新型X3エクステリア編は以上です。


皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、X3の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o






関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR