[オシャレな内装でライバル車は土俵にも立てないか?]新型V60インプレッション②!


2018年9月25日、フルモデルチェンジとなるボルボ新型V60が発売されました!

先代のV60が2011年6月に発売されてから約7年ぶりにフルモデルチェンジ、従来のモデルから安全装備にはかなり力が入っており、さすがはボルボといえるだけの装備内容となっていましたが、新型V60ではさらに進化しています。

また、先代V60はエンジンラインアップが多種多様で、街乗りがしやすい1500ccガソリンモデルから367馬力を発生させるようなハイパワーエンジン、さらには日本ではまだまだ人気が高いディーゼルモデルなど購入者からすると豊富なラインアップで車選びが楽しくなるような1台でしたね。

新型V60については、現段階では1エンジンのみの販売となっていますが、来年春以降に順次グレード拡大が行われる予定で、そこで違ったパワートレインも導入されますので楽しみですね^^

今回、新型V60に試乗もしてきましたので、そのレポートもご覧ください♪
また、あわせて見積もりもいただいたのでぜひ購入の参考にしていただければと思います。

カタログに掲載されていないオプションについてもこっそり伺ってきましたので、気になる方はぜひチェックしてくださいね^^!




V6031.jpg


さて、今回は新型V60 T5 Inscriptionのインテリア編です!



前回の記事を見ておられない方は以下のリンクからぜひご覧ください^^

[最新のボルボといえばやっぱりこの見た目!]新型V60インプレッション①!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










V605.jpg


さて、今回お邪魔させていただいた、ボルボカーズ栗東店に展示車及び試乗車としておいてあったのは、

V60 T5 Inscription!

現在販売されているモデルだと最高グレードとなっており、ほぼオプションをつける必要がないほど装備が充実したモデルです。



ちなみに、ボルボのグレード名称については皆さんご存知でしょうか?

今回見せていただいた「V60 T5 Inscription」ですが、

「V」→バーサリティ(多様性)という意味で、ボルボ車ではワゴンタイプのボディに使用される頭文字
「60」→ボディの大きさを表すもので、原則数字が大きいほどボディサイズも大きくなる
「T5」→従来はエンジン気筒数の表すものであったが、最近は気筒数は関係なく、数字が大きくなるほどパワー出力が大きくなっていく。また、ガソリンモデルは「T」、ディーゼルモデルは「D」となる
「Inscription」→装備内容の充実度を示すもので、標準的なMomentum、スポーツ志向のR-design、高級志向のSummumなどが存在する

改めてこのように見ることはあまりないと思いますので、ぜひこのブログを見て知っていただいた方は、ボルボ車を見る際にはこれを参考にして楽しんでいただければと思います^^


ボディカラーは、パイングレーメタリックと呼ばれるカラーリングで¥83,000のオプションカラーです。
光の当たり具合で印象がとても変わるボディカラーですが、プレミアムワゴンの風格をより強調してくれる色合いでしたよ^^

XC40やXC60は納期が半年以上という人気モデルですが、最近のボルボ車の人気ぶりはすごいもので、この新型V60も早いうちに商談しないと、納期がかなり遅れそうです^_^;

新型発売から間もないですが、現在では納車もはじまっているのでしょうか?気になりますねw





・ボディサイズ



まず、ボルボ新型V60のボディサイズですが、

・全長4,760mm×全幅1,850mm×全高1,435mm!

これくらいのサイズだと室内空間にゆとりがあって荷室も広々としていますし、街中での取りまわしにくさもあまり感じないでしょう!

ライバル車種のボディサイズを見てみると、
・メルセデスベンツCクラスステーションワゴン 全長4,705mm×全幅1,810mm×全高1,440mm
・BMW3シリーズツーリング 全長4,645mm×全幅1,800mm×全高1,450mm
・アウディA4アバント 全長4,735mm×全幅1,840mm×全高1,435mm

となっており、V60は長さと幅の広さが1番となっていますね。

全高はA4アバントと並んで1番低くなっていますが、室内空間を見た時や試乗した際には少しそれを感じる場面がありました^_^;





・グレード、価格



ボルボ新型V60のグレード展開及び価格は以下のようになっています。



T5 モメンタム 4,990,000円
T5 インスクリプション 5,990,000円


さらに、2019年春以降となりますが、
T6 ツインエンジン AWD インスクリプション 7,490,000円
T8 ツインエンジン AWD インスクリプション 8,190,000円

の2グレードが追加されます!
パワートレインには、ターボ+スーパーチャージャー+モーターというまさかの3動力が備わっていますので、ワゴンタイプの中でもハイパワーな1台となるでしょうw


ライバル車種と比較してみます!
メルセデスベンツC200ステーションワゴンアバンギャルド ¥5,760,000
・BMW330iツーリングMスポーツ ¥7,100,000
・アウディA4 2.0TFSIスポーツ ¥5,850,000

となっており、V60 T5 InscriptionとC200ワゴンやA4アバント2.0スポーツが同じくらいの価格になっています。
ただし、エンジンスペックはV60 T5シリーズのほうがワンランク上ですので、同じくらいのエンジンスペックで比較するならば、330iツーリングとなってくるため、V60T5のほうが割安感がありますねw
安全装備や快適装備に関してもV60 T5 Inscriptionならほぼ標準装備ですし、330iに比べるとかなりお買い得な一台でしょう。



・燃費



タンク容量との兼ね合いもありますが、燃費が良ければそれに比例して航続可能距離が伸びますよね。
給油回数を減らせるという意味合いでも、燃費はいいほうがありがたいです♪


全車 12.9km/L

そこまで良い燃費ではありませんが、パワースペックを考えると十分でしょう。
ただし、燃料はハイオクですので経済性を求める方にとっては少し負担になるでしょうね…。



タンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)


全車 710km

これは最近の車種の中でも短い部類になってしまいます。
燃料タンクが55リッターとこのクラスにしては小さくなっていますのでそれが影響していますね。
実燃費は8掛けとも言われますので、実際の航続距離は570km程度となってくるでしょう。










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










・フロントシートまわりからチェック





まずは、いつものことながら新型V60 T5 Inscriptionのフロントドア内側の質感からチェックしていきます。



V6021.jpg

フロントドア周りですが、チャコール(黒系)とアンバー(茶系)の2色で成り立っており、アームレストやドアトリムには合成皮革が使用されています。また、ドアハンドルはメッキタイプとなっており、質感の高さがうかがえます。

ボディカラーによって内装カラーも変わるといった販売形態ですが、このほかにブロンド(白系)やチャコール一色という選択肢も存在します。
以前から発売されているXC60やV90にも採用されているカラーリングで、品質などはほとんど変わりませんね。



V6022.jpg

新型V60 T5 Inscriptionにはフロントシート左右にシートメモリー機能が装備されていて、ドア部分に操作スイッチがレイアウトされています。

また、harman/kardonプレミアムサウンドオーディオシステムが装備されており、室内に14スピーカーが備わっています。

さらに、Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステムにグレードアップさせると、スピーカーがメッキ加飾されますので、ドアパネルの質感も変わってきて音にこだわりがなくとも見た目で選択する人も多いのだとか。



ボルボのシートは世界でも有数の快適性と安全性を備えたシートで、整形外科の医師と共同開発したことは知れ渡った事実ですが、新型V60 T5 Inscriptionのシート周りはどのようになっているのでしょうか??



V6023.jpg

新型V60 T5 Inscriptionのシートには、パーフォレーテッドファインナッパレザーが装備されます。
ナッパレザーというと、最近ではトヨタ、マツダ、アウディなど多くの自動車メーカーで採用が進んでいるレザーで、肌触りはとても柔らかく質感の高さも文句なしです。

シートヒーター、ベンチレーションに加えて、マッサージ機能も備わっていて、季節問わず快適に移動ができるでしょう。



V6024.jpg

フロントシートは8ウェイパワーシートとなっているほか、バックレスト・サイサポート(膝裏の長さ調整)・サイドサポート(肩幅の調整)・ランバーサポートも装着されており、全て電動調整式となっています。

シートの調整部分が多く、さすがはボルボだなという印象ですが、スイッチ部についてはグロスブラック調に加飾されており、細かいところまで抜かりありませんね^^

ドアシルプレートについてもアルミ製のものが全車標準装備されています。

ただし、ペダル類はアルミのものではなく通常のタイプとなっており、オプションでも用意はされていなさそうです。



次は、室内に入り込んでステアリングホイールから見ていきます。



V6025.jpeg

本革巻き/シルクメタルステアリングホイールが全グレードに装備されています。

ステアリングスイッチは、グロッシーブラック仕上げとなっていますが、どうやら新型V60 T5 Inscriptionより下のグレードであるMomentumは無塗装樹脂となるようです。

また、パドルシフトについても新型V60には装備されないようで少し残念ですね…。



続いて、メーターパネルを見てみましょう。



V6026.jpg

全車標準で12.3インチのフルデジタルメーターとなっていて、ナビゲーション情報をはじめ、様々な車両情報を表示できます。

面白かったのは、メーター中央に写っているとおり乗員のシートベルト着用状況が表示されるようになっていて、座っていながらシートベルト未着用であればこのようにシートが赤く示されますw



V6027.jpg

また、メーターデザインは4種類から選択できるようになっており、遊び心があって非常に良いですね♪



V6028.jpg

ドライブモードに連動して切り替えることも可能ですし、メーターデザインだけを好みに合わせて変更することも可能です。



V6029.jpg


メーターパネルついでで言うと、新型V60 T5 Inscriptionにはヘッドアップディスプレイも装備されていますね。

デジタルメーターやヘッドアップディスプレイなど、最新装備はひととおり導入されているといった感じです。



次にナビゲーションですが、新世代ボルボに広く採用されているアレが標準装備されていましたよ。



V6032.jpg

ナビゲーションは、縦長の9インチタッチスクリーン式ディスプレイが備わっています。
ナビやメディア関係、車両設定などほぼ全てをこのディスプレイひとつで完結させるものであり、タッチ以外にもボイスコントロールやステアリングスイッチで操作できるようになっています。

とはいえ、物理キーがあまりにも少ないため、おそらく運転中だとブラインドタッチすることが困難となるでしょう…。
せっかくデジタルメーターやヘッドアップディスプレイにより視線を落とす必要がないにも関わらず、エアコンを操作するためだけに画面に注視しないといけないのは本末転倒ですからね^_^;



続いて、新型V60 T5 Inscriptionのセンターコンソール付近を見てみます。



V6033.jpg

ドリフトウッドパネルは内装の質感を一気に高めてくれます。
木目調ではなく天然の木材ですし、北欧をイメージさせるかのようなシルバーな木目もまた美しいですね。

操作スイッチにあっては、必要最低限のものだけを配置させたといったところで非常にシンプルです。



V6034.jpg

そのパネルを開けると中はドリンクホルダーとなっています。
ただし、中はプラスチック素材ですので、見た目的には閉めておいたほうがよさそうですねw

ドライブモード切替スイッチやキーレススタート操作部もギラギラと輝いていて質感の高さが感じ取れます。


また、新型V60にはブレーキホールドが全車標準装備されます!
信号待ちでも常にブレーキを踏んでおく必要がなく、私も次に購入する車には必ず欲しい装備のひとつとなっていますw



V6035.jpeg

続いて、新型V60 T5 Inscriptionのアームレスト部を見ていきます。



V6036.jpg

中を開けるとこのようになっていて、起毛仕上げになっているので質感はよさそうですね。

ただし、収納スペースとしては今ひとつといった様子で、縦に長い収納は使い道がかなり制限されそうです。



V6037.jpg

ルームミラーは自動防眩機能付きのフレームレスミラーとなっていますので、すっきりとした印象です。

ルームランプについてはLEDとなっていましたし、このあたりの質感も手を抜くことなくこだわっていますね。





・続いてリアシートまわりを確認!



さて、フロント周りの質感などを細かくチェックしてきましたが、リア周りの質感はどんな感じなのでしょうか?

新型V60 T5 Inscriptionのリアドア内側から見ていきましょう。



V6038.jpg

リアドアについてもドアハンドルはメッキタイプですし、アームレストやトリムにもアンバーの合成皮革が使用されていて、前席同様の質感が確保されています。

フロントドアもそうでしたが、よく見ると新型V60 T5 Inscriptionのドアにはスピーカーが2つ備わっていますね。



続いて、リアシートの様子はどうなのか見てみましょう。



V6039.jpg

これだけ高い質感と広いレッグスペースがあれば、リアに座る方も快適でしょうね。

ただし、リアシートヒーターについてはオプションとなっているほか、シートスライドやリクライニングはできないようになっていました。

セールスの方によると、ボルボは安全性能に関してとても厳しく、後方から追突された際にシートが少しでも動いてしまうと人体に悪影響が出る可能性があるということで、シートはできるだけ可動しないようにしているとのこと。
そういう車作りの意図が明確であれば、購入する側からしても納得しやすいですよね。



V6040.jpg

もちろんアームレストも装備されており、新型V60 T5 Inscriptionには、カップホルダーのほかに収納スペースが設けられており、スマホ程度であれば収納することも可能です。





・最後にラゲッジルームまわりを見てみましょう



続いてはラゲッジルームですが、ワゴンタイプの車ということもあってかなり重視されるポイントでしょうし、しっかりとその様子をお届けしたいと思います!



V6041.jpg

ラゲッジ容量は、529リッター!

先代よりも99リッター拡大しており、ライバルであるCクラスワゴンや3シリーズツーリング、A4アバントよりも広くなっています。

ラゲッジルームの長さは100cmにも及んでおり、この状態でも大型家具の組み立て前パッケージなどを余裕で積むことができるでしょう。



V6042.jpg

リアシートを倒すときはもちろんラゲッジスペースからも可能となっており、このスイッチを押すと自動的にシートバックが前に倒れます。

スイッチの横には12Vパワーソケットが備わっていますね。



では、リアシートを倒すとどれくらいの空間になるのでしょうかね?



V6043.jpg

リアシートを倒すと、ラゲッジ容量は1441リッター!!

これだけ広々といていれば車中泊も苦にならずこなしてしまうでしょう、といいたいところなのですが、床面の長さは約160cmですので、長身の方であれば斜めに寝るか、または前席との隙間にクッションのようなものを置いて長さを稼ぐなど少し工夫が必要となりますね。

リアシートは6:4分割可倒式シートになっており、さらにセンタースルー機構も備わっています。



ラゲッジスペースは広大なものでしたが、新型V60のアンダーボックスはどうなってるのでしょうか?



V6044.jpg

これまた広々としていて、たいていのものはこの中に収納できてしまいそうです。

ラゲッジルームのパネルは上に引っ掛けられるようになっていますので、物を出し入れする際に常に床板を持っておく必要がなかったのは良かったですね。










フルモデルチェンジを果たした新型V60のインテリアの評価はずばり…!!





新型V60 T5 Inscritionのインテリアをお届けしてきましたが、いかがでしたか?

私の感想としては、「質感の高さはどのライバルにも負けておらず、クラストップのものであった!装備類についてもかなり充実しており、ボルボのステーションワゴン人気が再沸となりそう!」です!



V6030.jpg

ボルボというと、XC60やV90などの新世代になってからインテリアの開発費に多額の費用をかけており、まさにその成果が現れている様子です。新型V60 T5 Inscritionも天然木が使用されていたり、高級レザーが使用されていたりと質感の高さが際立った1台となっています。

また、質感の高さだけでなく、快適装備や安全装備にも抜かりがなく、ベンチレーション機能やトップクラスの安全装備全車標準化しています。惜しげもなく装備が導入されているところを見ると、かなり力を入れたモデルとして登場したことが伝わってきます。



V6032.jpg

ひとつ苦言をいうとすれば、ナビゲーションに関しては、ひとつのディスプレイに操作をほぼ集約させすぎて、単純な操作がしずらくなっています。使い勝手は慣れれば問題なさそうですが、それでも正直ブラインドタッチはできないほど複雑なユーザーインターフェースです…。

それ以外についてはライバルを凌駕する質感と快適性で、ドイツ御三家または、日本のステーションワゴンの脅威となること間違いなしでしょう。

後席の居住性やラゲッジルームのスペースなんかはクラストップの広さがありますので、ファミリー層や多人数乗車をよくする方にとっても嬉しいポイントになりますね^^





ということで新型V60のインテリア編は以上です。


皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、V60の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てくださいね♪

ほんとにためになりますから。


次回は引き続き、新型V60編インプレッションをお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o
関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR