[モデルラインごとの違いを細かく紹介!]新型3シリーズ(G20)インプレッション⑥!


フランスで先日行われたパリモーターショー2018においてワールドプレミアされたばかりの新型3シリーズですが、すでにモデルラインごとのエクステリアやインテリアが詳細に判明しました!


コードネームは「G20」

速報として様々な情報をお届けしたいと思います!


私も狙っている1台ですので、力を入れてしっかりと情報をお伝えできればと思います^^


ちなみに、F30と呼ばれる現行モデルの 3シリーズは、2011年に発表されました。

今回で7世代目モデルとなり、およそ7年ぶりにモデルチェンジとなります。




前回の記事をご覧になっていない方はぜひ見てください!

新型3シリーズのことをさらに詳しく知ることができますよ^^

[新機能など紹介!]新型3シリーズ(G20)インプレッション①!

[カラーバリエーションはこれだ!]新型3シリーズ(G20)インプレッション②!

[ホイールデザインかっこよすぎ!]]新型3シリーズ(G20)インプレッション③!

[あなたが好きな内装はどれ?]新型3シリーズ(G20)インプレッション④!

[インテリアトリムの種類もこれだけある!]新型3シリーズ(G20)インプレッション⑤!





※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










さて、今回は新型3シリーズ全てのモデルラインを紹介していきます!



・モデルラインとは



BMWでは車の名称を表す時に「320dMスポーツ」「523dラグジュアリー」などと表記されていますよね。


これは分かりやすく言うと、


3、5…シリーズ名

20、23…匹敵する排気量(2000cc、2300cc相当のパワーがあるという意味)

i …インジェクションの略でガソリンエンジンモデルという意味
d…ディーゼルの略でディーゼルエンジンモデルという意味

Mスポーツ、ラグジュアリー…モデルライン名

となっています。


また、同じシリーズでもモデルラインが違うと、外観が違ってきたり、足回りが違ってきたり、様々な装備も違ってきたりします。


今回は、そのモデルラインの違いをエクステリアインテリアの両方の視点から見ていただき、違いを感じていただければと思います^^

もし、モデルラインごとの違いの詳細を知りたい方は、上に貼ったリンクから知りたい部分のタイトルを選んでクリックしてご覧ください♪





・一番人気、Mスポーツから紹介!



今のBMWの全モデルかどうかは分かりませんが、1シリーズや3シリーズなどではMスポーツグレードが一番の売れ筋となっています!

Mモデルは当然M社が開発に携わっていますが、Mスポーツもパーツ設計などにM社が関わって完成された車になりますから、他のモデルラインとは味付けが異なってきます。

その走りは格別でして、私が乗っている118dEditionShadowもMスポーツモデルであり、エントリーモデルながら最高の走行性能を有していると感じています。


新型3シリーズもまさにその通りであり、専用バンパーデザインやMスポーツサスペンションなどが装着されています。



そんな新型3シリーズのMスポーツバージョンをまずは車の紹介も合わせて以下の写真でご覧ください^^



まずはフロントから見た様子です。



G20msports1.jpg

どうですか??

まず、一番のポイントとして、BMWとして新しいデザイン言語を採用しているのが特徴的で、ヘッドライトは5シリーズや7シリーズとは少し異なる形状をしています。

5シリーズや7シリーズはヘッドライトの真ん中にくぼみがなく、つるっとしたデザインとなっていますが、この新型3シリーズはヘッドライト中央部からバンパー下部に向かって伸びるラインが入っており、そこが従来のBMW車と異なっています。


フォグライトについては、現行モデルの球体レンズから横ラインのものへ変更されています。

片側3発のLEDが組み込まれており、これはどのモデルラインでも共通となります。


キドニーグリルも現行と比較して大型化されていますし、おそらくグリルシャッターが採用されていそうですね。

ミリ波レーダーに関しては、現行モデルと位置変更はありませんし、少し目立っている印象を受けます。


細かい部分は5シリーズと異なっていますが、パッと見では5シリーズに見えないこともないくらい立派なフロントフェイスとなりました!

その分、価格もアップしているのでしょうが…w





次にはリアから見た様子です。



G20msports2.jpg

テールライトに関しても新しいデザインのものが採用されていますね。

新型X4や今後発売予定の8シリーズ、X5なんかも細めのテールライトデザインとなっていたことから、今後のBMW車はこのデザインが採用されていきそうです!

テールライトデザインはスマートで現代的ですしかっこいいなと感じたのですが、リフレクターの位置に関してはもう少し下のほうがリアのどっしり感みたいなのが強調されて良かったのかなと思いました。

ちなみに、ウインカーは前後ともライン状のLEDですが流れるウインカーではありません。


マフラーに関しては様々な情報を見ている限り、320d(おそらく日本に導入されるであろうモデル)であっても、左右1本出しマフラーとなっていました!

片側2本出しよりも左右1本出しを推しているので、これは嬉しいですねw





次にホイール付近を見た様子です。



G20msports3.png

写真ではMスポーツブレーキが採用されていますが、日本仕様では通常のブレーキになるのではないのでしょうか?

さらなるハイパフォーマンスモデルが控えていますので、そちらにおそらく導入されるでしょう。

ホイールについては、以前の記事で詳細にお伝えしていますので、ぜひこちらをご覧ください♪





こちらはドアを開けた時の足元の様子です。



G20msports4.png

ドアシルプレートはステンレス製のものが使用されている車種もありますが、一部プラスチック製のプレートのみのモデルラインも存在します。

そのあたりも以下の写真でこのように紹介していきますのでぜひ注目して見てみてください。


パワーシートのスイッチには加飾がされているのが分かります。

現行モデルにも加飾はされていますので、このあたりに違いは見当たりません。





さて、お次はインテリアの様子の写真です。



G20msports5.jpg

どこから見ていくか迷いますねw

まずは、ステアリングホイールから。
ステアリングデザインはG系のものと近似していますし、ステアリングスイッチも一部ボタンが違っていますが、似たような造形になっています。
パドルシフトについてはF系からデザインが変更されており、金属調のものとなりました!


ライトスイッチについては、ボタン式となっていますね!
従来のBMWですと、ツマミ式のスイッチでしたが、新型車では続々とこのボタン式が採用されています。
新しいインターフェイスでまだまだ新鮮味があります^^


インテリアで一番の目玉であるメーターパネルについては、12.3インチのフルデジタルメーターが導入されています!

これまでもデジタルメーターはBMWでも採用されていますが、従来とは大きく異なる点があり、ユーザー自身でメーターパネルに表示させる内容を変更することが可能となっています。

また、10.25インチのナビゲーションパネルは従来通りタッチパネルとなっていますが、それに加えて、BMWライブコックピットプロフェッショナルが備わっています。
これらを統合するシステムが、新たに搭載されたBMWオペレーティングシステム7.0と呼ばれるもので、新型3シリーズのウリになる部分でしょう!

操作パネルやセンターパネルを見て感じることは、やはりBMWはいい意味でも悪い意味でも簡略化され、シンプルな造形となっています。
ちなみに、新型3シリーズでは電動パーキングブレーキの採用及びブレーキホールドが装備されています。

インパネの様々な雰囲気を知りたい方はこちらのリンク(インパネの種類を全て紹介!)をご覧ください♪





最後にシートを見ていきますが、こちらに関しても前回までに全て紹介している記事がありますので、こちらのリンク(シートデザインを全て紹介!)をご覧ください♪



G20msports6.png



Mスポーツグレードに関して、専用デザインのバンパーが非常にかっこよく、間違いなく空力の事を考えられて設計されたデザインであることが伝わってきます!
インテリアについてもドアシルプレートはMスポーツ専用ですし、アルミペダルが装備され、青ステッチが入ったスポーツシートやブラックルーフライニングなど特別感満載で間違いなく所有する喜びを感じることができますね。


新型3シリーズについてもおそらく売れ筋グレードはこのMスポーツになりそうですね。

管理人は新型3シリーズのツーリングモデルでディーゼル4WDが発売されたらおそらく乗り替えてしまうでしょう^_^;
それくらい、現段階では好印象です!





・続いてラグジュアリーラインを紹介!



ラグジュアリーラインもMスポーツとは方向性が全く異なるモデルラインで人気を博しています。

Mスポーツでは足回りの硬さが気になるといった方やもう少しマイルドな外観が好きという人にとっては最良の選択になるでしょう。

さて、見ていくわけなんですが、これまでに新型3シリーズの特徴は紹介してきましたので、ここからは一気に写真をご覧ください。



フロントからの様子

G20luxury1.jpg



リアからの様子

G20luxury2.jpg



ホイール付近の様子

G20luxury3.jpg


ドアを開けた時の様子

G20luxury4.jpg



インテリアの様子

G20luxury5.jpg



シート質感の様子

G20luxury6.jpg




一気にご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

バンパーデザインはかなり落ち着いていながらもフォグライトベゼルにはメッキが使用されていることでラグジュアリーラインのイメージにマッチした外観!
キドニーグリルの縦バーに関してはMスポーツと異なってメッキになっており、外観の統一感があります。
リアのリフレクター位置は通常のバンパー形状だとMスポーツよりも下に位置取りされているようで、こちらはしっくりきました。
インテリアはラグジュアリーラインについてはレザーシートのみが選択可能ということで、モデルの位置づけがしっかりしているなという印象を受けました。






・続いてはスポーツラインを紹介!



スポーツラインはMスポーツのように専用バンパーや足回りのチューニングがされているわけではありませんが、通常よりもスポーティーな印象を受けるように外観や内装に手が加えられています。ただし、キャラクターとしては少し難しい立ち位置なのかなとも感じてしまいます^_^;


こちらも一気に写真をご覧ください。



フロントからの様子

G20sports1.jpg



リアからの様子

G20sports2.jpg



ホイール付近の様子

G20sports3.jpg



ドアを開けた時の様子

G20sports4.jpg



インテリアの様子

G20sports5.jpg



シート質感の様子

G20sports6.png



ラグジュアリーラインとの違いを感じることはできますが、いまひとつ物足りなさを感じてしまいますね…。

違いとしては、エクステリアではグリルの縦バー・フォグライトベゼル・リフレクターベゼル・ウインドウモールがブラックになっていることと、インテリアではステアリングのVスポークがブラックであること、スポーツシートに変更されているあたりでしょうか。

インパネや内装色については、日本仕様では固定される可能性が考えられますが、一応設定としてはどちらも同じものが用意されていますので厳密に言えば違いはありません。

足回りは通常サスペンションでありながらも少しスポーティーな外観やホールド性の高いスポーツシートが欲しいという方にとってみればベストバイなのかもしれませんね^^





・最後にシンプルイズベストなスタンダードを紹介!



スタンダードは現行モデルにおいても販売されていましたし、少なからず需要はあるようです。

新型3シリーズに乗っているという意味では、最上級グレードでも廉価グレードでも変わりはありませんし、素性の良さはもしかすると廉価グレードのほうが感じ取れるかもしれません。

今回の新型3シリーズはスタンダードでもかっこよさはありますね

それでは、ラストのスタンダードも一気に写真でご覧ください。



フロントからの様子

G20standard1.jpg



リアからの様子

G20standard2.jpg




ホイール付近の様子

G20standard3.jpg




ドアを開けた時の様子

G20standard4.jpg




インテリアの様子

G20sports5.jpg




シート質感の様子

G20sports6.png



新型3シリーズの中では最もシンプルな装備になります。

写真では17インチが装備されていますが、こちらは16インチが標準装備となりそうです。また、インテリアのスポーツシートですが、おそらくファブリックの標準シートが装備されるでしょう。





ただし、これはあくまで本国でのラインアップですので、日本モデルではどのモデルラインが導入されるか確定していませんし、装着されるオプションも現在では不明でどうなるか分かっていません。

詳細が分かり次第お届けしますので、ぜひこのブログをお気に入り登録してたまにはチェックしてみてください^^










ということで少し長くなりましたが、新型3シリーズモデルライン紹介編は以上です。


皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、3シリーズの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てくださいね♪

ほんとにためになりますから。


次回も、新型3シリーズ続編をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o
関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR