【乗り心地が快適過ぎたw】試乗編!新型V60クロスカントリーインプレッション!⑤


新型V60クロスカントリーのインプレッション終盤となる今回はドライブフィールをお届けします!驚いたのは〇〇が予想以上に良かったことw





V60ccsmn6.jpg



2019年4月17日に発表されたばかりの最新クロスカントリーモデル"V60CC"



元警現消ブログ大賞2019にノミネートするのは間違いなしと言えるほど、エクステリア・インテリアは高評価となりましたが、ドライブフィールも期待以上で、エステートモデルの新型V60を上回る出来映えです。



新型V60クロスカントリーが気になっているという方は続きをどうぞ…。










さて、今回は「試乗編!新型V60クロスカントリーインプレッション!⑤」です!





前回の見積もり編・エクステリア編・インテリア編・リア/ラゲッジ編は以下にリンク貼っておきますね♪





【選択肢としてはアリ!】見積もり編!ボルボ新型V60クロスカントリーインプレッション!①


【選択肢としてはアリ!】見積もり編!ボルボ新型V60クロスカントリーインプレッション!①





【フルモデルチェンジ!】エクステリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!②


【フルモデルチェンジ!】エクステリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!②





【内装の質感は?】インテリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!③


【内装の質感は?】インテリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!③





【後席の居住性はどうか?】リア/ラゲッジ編!新型V60クロスカントリーインプレッション!④

【後席の居住性はどうか?】リア/ラゲッジ編!新型V60クロスカントリーインプレッション!④





今後追加されていく新型V60クロスカントリーの記事は以下のリンクにまとめていますのでどうぞ!



【ボルボ新型V60クロスカントリー関連記事まとめ】


【ボルボ新型V60クロスカントリー関連記事まとめ】





比較用に新型V60の記事もどうぞ。エクステリア編から試乗インプレまでたっぷりと楽しんでいただけますよ♪



【ボルボ新型V60関連記事まとめ】


【ボルボ新型V60関連記事まとめ】






続きを読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










まずは、新型V60クロスカントリーのスペックを確認!



いつものことながら、ボディサイズ/グレード・価格・燃費/航続距離などを見ていきましょう。





ボディサイズ



V60ccgallery1.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



全長 4,785mm

全幅 1,895mm

全高 1,505mm

ホイールベース 2,875mm

トレッド 1,650/1,635(1,640/1,625)mm

最低地上高 210mm


※カッコ書きはT5 AWD Proの数値。





グレード/価格



V60ccgallery3.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



T5 AWD ¥5,490,000

T5 AWD Pro ¥6,490,000






燃費/航続距離



V60ccgallery2.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



全車(直4ガソリンターボ,254ps,350Nm) 燃費11.6km/L、航続距離696km
※JC08モードでの数値。タンク容量は全車60リッター










お待たせしました!それでは試乗インプレッションに行きましょう^^!










アレはやっぱりビミョー?乗り心地は期待以上!










今回お邪魔させていただいたボルボカーズ栗東店に試乗車として用意していただいたのは、





V60ccEX0.jpeg





「V60クロスカントリーT5 AWD Pro」!



ボディカラーはオニキスブラックメタリック。光の加減で青がかったように見えるのが特徴的で、これなら8.3万円の価値があると言えるでしょう。



エクステリアには19インチホイールが装備されるほか、内装にはドリフトウッドパネルがふんだんに使われていて、さすがは最上級グレード!



さらに、ヘッドアップディスプレイや360°カメラ、シートヒーター&ベンチレーション&マッサージ機能なども惜しみなく標準装備され、車両本体価格649万円が割安に思えるほど充実した内容です^^



当然そうなると売れ行きも伸びていくわけでして、最近のボルボ車は納期半年なんてことが当たり前に…(笑)新型V60クロスカントリーの納期について伺うと、ボディカラーによってはやはりそれくらいかかるとか。オソロシイ…w










V60ccIN12.jpeg



運転席に乗り込むと、まずは新型V60よりもアイポイントが高いことに気付きます!





それもそのはず、新型V60クロスカントリーは全高が70mm高められたことで、ヒップポイントもその分だけアップしています。



新型V60よりも前が見やすく運転しやすいのですが、実を言うと、全幅も45mm広くなったため立体駐車場に入らなくなりました。これは残念ポイントですね^_^;


また、1.9m弱のボディサイズは都心部や狭い道では取り回し性にやや苦労するかもしれません…。





V60ccIN7.jpeg



新型V60クロスカントリーT5 AWD Proのシート調整部分がかなり多い点は高評価ポイントです!



大半のクルマは8Wayシートを採用するなか、このクルマは12Wayシートとなっており、しかも全て電動調整タイプなんです!


シート自体のホールド性も高いのですが、調整部分が多いことで自分の体格に合ったシートポジションへと合わせやすい印象を受けました。


さすがは、ロングバケーションとなれば遠方まで車移動をするスウェーデン。お国柄が表れているといったところでしょうか?





V60ccIN5.jpeg



残念だったのが、シートベンチレーションの作動音がうるさいこと…。



この機能が付いていることに関しては嬉しいのですが^_^;


静かな車内環境だからこそ悪目立ちしてしまった感も否めませんが、ここはぜひ年次改良で良くなってほしいですね。





それでは公道へと出て、新型V60クロスカントリーT5 AWD Proの走りを見ていきましょう!










V60ccEX12.jpeg



走り出した感じは、余裕あるパワー感でスムーズに加速していく印象です。





新型V60クロスカントリーT5 AWD Proに搭載する2.0L直列4気筒ターボエンジンは、最大出力254ps、最大トルク350Nmを発生。



車重に関しては、同じエンジンを搭載する新型V60に比べて110kg重くなっていますが、体感的な加速力の差は無いに等しく、全く気になりません。


信号待ちからの発進加速についても、強大なトルクで1.8トンオーバーとは思えないスムーズな加速を見せます!



また、滑らかに吹け上がるエンジンは非常に気持ちよく、ドライバビリティも高いと言えますね^^





V60ccIN45.jpeg



一般道路でパイロットアシストを使用した結果、ほとんどのカーブがクルマ側のアシスト力だけで曲がっていけました!



パイロットアシストとは、走行車線の中央付近を維持できるようにステアリング操作をアシストする機能で、全車速型ACCと組み合わせて使用できます。高速道路や渋滞時のストレス軽減を図るために開発されたものです。


アシスト力は新型RAV4よりも強く、新型3シリーズよりも弱いかなといった印象です。



ただし、レベル2の運転支援システムなので手放し運転をしていると数十秒で警告および機能解除をされますし、きついカーブでは曲がりきれずこちら側で操作を余儀なくされましたから、過信は禁物ですよ。





V60ccIN18.jpeg



新型V60クロスカントリーにはブレーキホールドが標準装備なので、ACCを使えないシーンでも問題なし!



これがあれば信号待ちの間もブレーキペダルから足を離すことができるので、快適度は倍増しますよね♪



118dEditionShadowから乗り換える条件の中でもこれだけは外せませんでしたが、ようやく次期愛車には備わります(笑)


【次期愛車はこれだ!】BMW1シリーズ売却!元警現消ブログが購入した次のクルマは?


【次期愛車はこれだ!】BMW1シリーズ売却!元警現消ブログが購入した次のクルマは?



今話題のクルマなんですが、何を購入したのか知らない方はぜひご覧下さい^^



では、話を戻しましょう(笑)





V60ccIN16.jpeg



8速ATにネガティブな要素はほとんど見当たりませんが、ひとつだけありました…。





それが、アクセルを踏み込んだ瞬間のシフト選択時に表れるギクシャク感で、加速動作に入るまでの間にタイムラグがあった点です。



ターボエンジンとの相性が悪いのか、もしくはミッション特性なのか定かではありませんが、ワンテンポ遅れてから加速する印象で、レスポンスはイマイチかもしれません。


とはいえ、これについてはそこまで気になるものではなく、あえて言うとすればのレベルになります…^_^;





V60ccIN43.jpeg



それよりもパドルシフトが付いていないことのほうが残念ですね(笑)





V60ccEX20.jpeg



アクセルをベタ踏みにしたときの全開加速は、思わずステアリングを握り直すくらいパワフルに加速します!





新型V60の0-100km/h加速は7.5秒でしたから、新型V60クロスカントリーでは8秒くらいでしょうか?


こうやって数値で見るよりも速いように感じました^^





続いて、静粛性はどうだったのでしょうか?










V60ccIN11.jpeg



全体的に静粛性が高く、耳障りな音に関してはシャットアウトされています!





そもそもアイドリング音自体が静かなので、高回転まで回した時にようやくエンジンノイズが気になる程度であり、普通に走っている分には全く気になりません♪


また、風切り音やロードノイズについても、試乗中の間は一度も煩わしいと感じませんでした。スゴイ!





V60ccIN15.jpeg



やっぱりビミョーだったのは"タッチスクリーン式9インチセンターディスプレイ"。



何がビミョーなのかというと、運転中のブラインドタッチが難しく、操作が複雑に感じた点です。


ヘッドアップディスプレイやメーターパネル地図表示など、前方への注意力が散漫にならないための機能が数多くあるのに、これだとエアコンを操作するだけでも画面を注視する必要がありました。



ボイスコントロール機能があるのでそれを使えばいいだけの話かもしれませんが、せめてよく使うエアコン操作関係だけでも物理キーにしてほしいですね^_^;





V60ccIN46.jpeg



新型V60クロスカントリーT5 AWD Proに標準装備の360°ビューカメラは、縦型ディスプレイとの相性が良くて非常に見やすかったです!





では、気になるステアフィールや乗り心地はどうでしょうか?










V60ccIN8.jpeg



わずかなハンドル操作に対して素直に反応してくれるほか、クロスオーバーモデルとは思えない俊敏さも持ち合わせています!





S字に曲がるカーブでステアリングを切り込んだ瞬間、ボディ全体の剛性感の高さが感じ取れましたが、さすがは新プラットフォームを採用しただけあって、効果は絶大ですね^^



また、サスペンションはスポーツカー用に近い設計をしているそうで、これならワインディング路でも高いアジリティと優れたコントロール性を楽しめるはず!





V60ccIN9.jpeg



速度感応式電動パワーステアリングのおかげで、車速が上がるにつれて手応えのあるステアフィールに変わっていきます。



これは低速時のステアリング操作性を向上させ、高速域では安定性の向上を図る機能であり、新型V60クロスカントリーには全車標準装備なんです!





V60ccIN4.jpeg



特筆すべきは"乗り心地"!これに関してはまさに快適そのものなんですがwww





フロント:ダブルウィッシュボーン式、リア:マルチリンク式を採用する新型V60クロスカントリーの乗り心地は、ふにゃふにゃした印象でないにも関わらず、路面のギャップは上手くいなしてくれるので、嫌な突き上げ感が皆無と言えるほど。



新型V60には欧州と同じダイナミックシャシーが採用されたことで、やや硬めの印象を受けましたが、それとは対極の仕上がりに驚きました!


これであれば、お世辞抜きに良い足回りであるとお伝えできますよw





一番気になる燃費はどうだったのでしょう?










V60ccIN44.jpeg



燃費については、1時間程度走らせた結果、6.9km/L





新型V60クロスカントリーのカタログ燃費はJC08モードで11.6km/Lですから、実燃費だとこんなもんでしょうか^_^;



ひとつ言えるのは、あくまで試乗車としてのトータル燃費ですし、私自身も色々試すべく踏み気味でしたから(笑)、街乗りレベルだとしてももうちょっと良い数値が出るはず。










では、新型V60クロスカントリーを買うべきかと言われると…………。










V60ccEX4.jpeg





間違いなく"買い"でしょう!!!





エクステリア&インテリアの完成度は、同セグメントのなかでも間違いなくトップレベルですし、今回の試乗フィールもかなりの高評価でした!


特に、新型V60で難点だった乗り心地が大幅に改善していたのは本当に驚きましたね^_^;



車両価格649万円はけっして安くありませんが、装備面は非常に充実してますし、また、走りの良さを感じ取れるエンジンやシャシー性能に加えて、さらにはアクティブに使い倒せるAWDモデルであることなど、むしろお買い得感しかありません!



もし乗り換えを検討している方は、新型V60クロスカントリーを念頭に入れてみてはいかがでしょうか?





V60ccEX20.jpeg



「新型V60クロスカントリーを買いたいけど、残価設定ローンとかじゃなく、総支払額を抑えたいんだよ!」という方には以下の買い方をおススメします♪



新車とよく似た新古車or未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外に新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!



私が現在乗っているBMW 118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で約200万円もお得に購入することができました!



どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。



では、新型V60クロスカントリーの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、


[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!


こちらを見てくださいね♪


ほんとにためになりますから。



ただし、発売直後は未使用車なんて登場しませんし、早く納車したいなら残価設定ローンを念頭に置きましょう。新古車や未使用車が欲しいなら、納車できるのは早くても夏頃ではないでしょうか?

そこまで待てるのであれば、絶対に未使用車・新古車がおススメです^^





それでは、次回はまた違った新型車インプレッションやボルボ最新情報をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o




関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR