【後席の居住性はどうか?】リア/ラゲッジ編!新型V60クロスカントリーインプレッション!④


インテリア編の続きである新型V60クロスカントリーの後席とラゲッジルームを見ていきます!





V60ccsmn5.jpg



2019年4月17日に発表されたばかりの最新クロスカントリーモデル"V60CC"



リアシートやラゲッジスペースにおける、質感の高さ・装備面・機能性のどれもが優れており、ボルボの凄さを改めて確認できました!



新型V60クロスカントリーが気になっているという方は続きをどうぞ…。










さて、今回は「リア/ラゲッジ編!新型V60クロスカントリーインプレッション!④」です!





前回の見積もり編・エクステリア編・インテリア編は以下にリンク貼っておきますね♪





【選択肢としてはアリ!】見積もり編!ボルボ新型V60クロスカントリーインプレッション!①


【選択肢としてはアリ!】見積もり編!ボルボ新型V60クロスカントリーインプレッション!①





【フルモデルチェンジ!】エクステリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!②


【フルモデルチェンジ!】エクステリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!②





【内装の質感は?】インテリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!③


【内装の質感は?】インテリア編!新型V60クロスカントリーインプレッション!③





今後追加されていく新型V60クロスカントリーの記事は以下のリンクにまとめていますのでどうぞ!



【ボルボ新型V60クロスカントリー関連記事まとめ】


【ボルボ新型V60クロスカントリー関連記事まとめ】





比較用に新型V60の記事もどうぞ。エクステリア編から試乗インプレまでたっぷりと楽しんでいただけますよ♪



【ボルボ新型V60関連記事まとめ】


【ボルボ新型V60関連記事まとめ】






続きを読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










まずは、新型V60クロスカントリーのスペックを確認!



いつものことながら、ボディサイズ/グレード・価格・燃費/航続距離などを見ていきましょう。





ボディサイズ



V60ccgallery1.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



全長 4,785mm

全幅 1,895mm

全高 1,505mm

ホイールベース 2,875mm

トレッド 1,650/1,635(1,640/1,625)mm

最低地上高 210mm


※カッコ書きはT5 AWD Proの数値。





グレード/価格



V60ccgallery3.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



T5 AWD ¥5,490,000

T5 AWD Pro ¥6,490,000






燃費/航続距離



V60ccgallery2.jpg 
引用サイト:https://www.webcg.net/



全車(直4ガソリンターボ,254ps,350Nm) 燃費11.6km/L、航続距離696km
※JC08モードでの数値。タンク容量は全車60リッター










それでは本題に入りましょう!










質感・装備・機能性のどれを取っても文句なし!










今回お邪魔させていただいたボルボカーズ栗東店に試乗車として用意していただいたのは、





V60ccEX0.jpeg





「V60クロスカントリーT5 AWD Pro」!



ボディカラーはオニキスブラックメタリック。光の加減で青がかったように見えるのが特徴的で、これなら8.3万円の価値があると言えるでしょう。



エクステリアには19インチホイールが装備されるほか、内装にはドリフトウッドパネルがふんだんに使われていて、さすがは最上級グレード!



さらに、ヘッドアップディスプレイや360°カメラ、シートヒーター&ベンチレーション&マッサージ機能なども惜しみなく標準装備され、車両本体価格649万円が割安に思えるほど充実した内容です^^



当然そうなると売れ行きも伸びていくわけでして、最近のボルボ車は納期半年なんてことが当たり前に…(笑)新型V60クロスカントリーの納期がいつごろなのか気になりますね。










後席の質感や快適性をチェック!





V60ccIN22.jpeg



リアドアトリムをみていくと、細部の造形がフロントとはやや異なるものの、全体的に質感高く仕上がっています!


メッキ仕上げのインナードアハンドルが良いアクセントになっていますね♪



また、スピーカーはリアにも2箇所設けられるという贅沢ぶり。そのため、ドアポケットがちょっと小さい気もしますが、ご愛嬌ということで^_^;





V60ccIN23.jpeg



ドアアームレストはステッチ入り合成皮革仕上げで、質感は十分なのですが、ウインドウスイッチベースをアンバー色で統一することで、さらに質感アップへと繋げています。


多くのクルマを見てきた中でも、特にチープな印象を受けるのはウインドウスイッチベース部分であり、それを上手くアレンジした新型V60クロスカントリーは申し分なし!





V60ccIN24.jpeg



残念な点は、リアドアシルプレートが用意されていないこと。


せっかくフロントドアには標準装備されていたにも関わらず、リアにはなぜ装備されないのか疑問です…。





V60ccIN25.jpeg



リアシートについては、フロントと同じくパーフォレーテッドファインナッパレザーを採用し、見た目の印象だけでなく、座った感じも心地いですね♪


ただし、フロア中央部の張り出しが大きいため、快適に移動するならば大人2人が限界でしょう。



なお、リアシートヒーターについては全車オプションとなります。(42,000円)





V60ccIN26.jpeg



ヘッドクリアランスに余裕があるとは言えないものの、身長175cmの管理人が座ってもこぶしひとつ半程度の隙間が確保できるのでまずまずといった印象です。


残念ながら、シートリクライニングは新型V60同様に出来ない仕組みになっています…。





V60ccIN27.jpeg



新型V60クロスカントリーには、電動パノラマガラスサンルーフがオプションで装着できます!(206,000円)


チルト&スライド機構を備えるほか、通気孔加工が施された電動サンシェードやダークティンテッドガラスが装備され、快適性と安全性を両立させています。


また、外気温が25度を超えるとサンシェードが自動的に閉まる機能や、キーリモコンで車外からガラスルーフを閉めることもできるので、機能性にも優れていますね^^





V60ccIN29.jpeg



レッグスペースも広々としていて、膝が当たるようなことは間違ってもありませんw


前席の下にはつま先が入るよう設計されていますので、ゆったりと足を伸ばすことも可能です。



なお、シートバックポケットは左右どちらにも用意されます。





V60ccIN30.jpeg



リアシートアームレストは全車標準装備、ストレージボックスが用意されるのは、廉価グレードのレザーパッケージ装着車と上級グレードになります!


正直、このタイプのドリンクホルダーだと、万が一こぼしたときに直接シートに飲み物がかかってしまうので、あまり好みではありません^_^;





V60ccIN31.jpeg



他ブランドではオプション扱いのクルマが多いなか、新型V60クロスカントリーT5 AWD Proには4ゾーンフルオートエアコンがまさかの標準装備…!


グロスブラック仕上げのパネルで質感は高く、液晶パネルで調整するという操作性の良さにも惹かれます♪



元々、ボルボってこういうところを惜しみなく投入するイメージがありましたが、それがさらに強まりましたね^^





V60ccIN32.jpeg



エアアウトレットがBピラーの延長線上に用意されているのも、このクラスにしてはかなり珍しいと思われます。


外観も中身も機能性も年々良くなっていますから、このままではドイツ勢のポジションが危ぶむ時が来るかもしれませんね。というか、すでに来てるのかも…(笑)










荷室空間の実用性をチェック!





V60ccIN33.jpeg



新型V60クロスカントリーにはハンズフリーパワーバックドアが装備!


これまでであれば手動で開閉するかボタンで開閉するかの2通りでしたが、バンパー下部に足を出し入れするだけで開閉できるようになったのです。



便利だなと思う一方で、まだまだ登場したばかりの機能ということで、他ブランドでは誤作動も多いとか…。


また、開閉動作には慣れが必要ですから、何度も足を出し入れして練習する必要がありそうです(嘘)





V60ccIN35.jpeg



荷室容量は529リッター!


これは、A4アバント・3シリーズツーリング・Cクラスワゴンなどを超える広さで、クラストップレベルの数値を誇ります!スゴイぞ!!



見てわかるとおり、リアホイールの張り出し部分が全くないのが特徴的で、広く深く使えるのが新型V60クロスカントリーの良いところだと言えます♪



トノカバーも全車標準装備です。





V60ccIN37.jpeg



オプションのスペアタイヤ(16,000円)を選択した場合を除き、ラゲッジフロア下は収納スペースとして活用できます。



ラゲッジボードはウェザーストリップに引っ掛けられるようフックが備わりますので、常に手で保持しておく必要もありません。





V60ccIN38.jpeg



仕切りネットが付いたサイドポケットは左側のみラゲッジランプについては左右に装着されています。細かい事ですが嬉しいですね^^





V60ccIN39.jpeg



さらに、新型V60クロスカントリーのスゴイところは、ラゲッジルームからリアシートを電動で倒せるということ!



右側にレイアウトされたスイッチを押すだけでシートバックが倒れてくれるので、わざわざシートまで手を伸ばしてレバーを惹く必要がありません。


これだけの装備を同クラスのライバルが真似できるかと言えば、ヒエラルキーを重要視するドイツ勢には、残念ながら無理難題かもしれませんね…。





V60ccIN40.jpeg



もちろん、リアシート側から手動で操作することもできますし、シートバックを起こす際はどちらにしても手動で戻す必要があります。





V60ccIN41.jpeg



リアシートを倒した時の荷室容量は1441リッター!


大人2人の車中泊余裕です。



それほど広いわけですが、喜ぶのはまだ早いですよ?





V60ccIN42.jpeg



お得意の元警現消アングルで見て下さい、この傾斜のないフラットな床面を。



素晴らしいですよね!これで完璧に車中泊ができることを証明できたと思います!




ただし、気をつけたいのはシートバック中央部のプラスチック部分が強度的に一番弱くなっていること。


あまり体重をかけ過ぎると壊れてしまう可能性もあるので、十分注意していただきたいポイントです。





V60ccEX20.jpeg



「新型V60クロスカントリーを買いたいけど、残価設定ローンとかじゃなく、総支払額を抑えたいんだよ!」という方には以下の買い方をおススメします♪



新車とよく似た新古車or未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外に新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!



私が現在乗っているBMW 118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で約200万円もお得に購入することができました!



どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。



では、新型V60クロスカントリーの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、


[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!


こちらを見てくださいね♪


ほんとにためになりますから。



ただし、発売直後は未使用車なんて登場しませんし、早く納車したいなら残価設定ローンを念頭に置きましょう。新古車や未使用車が欲しいなら、納車できるのは早くても夏頃ではないでしょうか?

そこまで待てるのであれば、絶対に未使用車・新古車がおススメです^^





それでは、次回はまた違った新型車インプレッションやボルボ最新情報をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o




関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR