元警現消ブログ 【トヨタ新型RAV4のここがイイ!】おススメポイント7選を紹介!


新型RAV4のおススメポイントを7つまとめて紹介します!気になるアレは標準装備!そしてトヨタ初採用の技術も惜しみなく投入!にも関わらず意外と安い価格設定で高コストパフォーマンスだった!?どうやらトヨタさんは本気だったようですね(笑)





RAV4smn4.jpg



新型RAV4が国内販売復活すると聞いた時点ではそれほど気になっておらず、購入検討リストにも入っていませんでしたが、知れば知るほど買いたいと思わせる部分が見えてきました。





(4/29追記)⇒新型RAV4契約しちゃいましたwww


詳しくは以下のリンクでご覧いただけます^^



【次期愛車はこれだ!】BMW1シリーズ売却!元警現消ブログが購入した次のクルマは?


【次期愛車はこれだ!】BMW1シリーズ売却!元警現消ブログが購入した次のクルマは?



選択したメーカーオプションや値引き金額も全て公開していますので、よければ参考にしてください。(追記終わり)





世界的大ヒットとなる新型RAV4は人気のSUVということもあってかなりの注目を浴びてますし、それだけ魅力のあるクルマなんですが、では一体どんな部分に魅力があるのでしょうか??





新型RAV4が気になっている方はぜひ続きをどうぞ。



なお、すでに試乗インプレッションも投下していますので、下の記事を順番にお楽しみください♪





【カッコイイ!】エクステリア編!新型RAV4インプレッション!


【カッコイイ!】エクステリア編!新型RAV4インプレッション!





画像大量www【内装の評価は?】インテリア編!新型RAV4インプレッション!


画像大量www【内装の評価は?】インテリア編!新型RAV4インプレッション!





【後席&ラゲッジかなり広いぞ!】リア/ラゲッジ編!新型RAV4インプレッション!


【後席&ラゲッジかなり広いぞ!】リア/ラゲッジ編!新型RAV4インプレッション!





【ADVENTUREグレード】試乗編!新型RAV4インプレッション!


【ADVENTUREグレード】試乗編!新型RAV4インプレッション!





【HYBRID Gのフィーリングは?】試乗編!新型RAV4インプレッション!


【HYBRID Gのフィーリングは?】試乗編!新型RAV4インプレッション!





さて、今回は「新型RAV4おススメポイント7選」です!










新型RAV4見積もり&主要装備が知りたい方はこちら!





【価格は260万円から!】見積もり編!新型RAV4インプレッション!①


【価格は260万円から!】見積もり編!新型RAV4インプレッション!①





【買うまでに一度は確認!】グレード別装備比較編!新型RAV4インプレッション②!


【買うまでに一度は確認!】グレード別装備比較編!新型RAV4インプレッション②!





新型RAV4のダメダメポイント7選もありますので、そちらを知りたい方は以下の記事をどうぞ。





元警現消ブログ 【トヨタ新型RAV4のここがダメ?】気をつけたい7つのポイントとは?


元警現消ブログ 【トヨタ新型RAV4のここがダメ?】気をつけたい7つのポイントとは?





また、これまでの新型RAV4記事や今後追加される納車インプレッションなどは、以下の「新型RAV4関連記事まとめ」から全てご覧いただけます♪



【新型RAV4関連記事まとめ】


【新型RAV4関連記事まとめ】





そのなかでも人気なのはこれ!



元警現消ブログ 【皆は新型RAV4どのグレード買った??】購入者にアンケートしたら予想外の結果に…!


元警現消ブログ 【皆は新型RAV4どのグレード買った??】購入者にアンケートしたら予想外の結果に…!



元警現消ブログ 【あなたはどっちが好み?】新型RAV4ガソリンとハイブリッドを比べてみた!!


元警現消ブログ 【あなたはどっちが好み?】新型RAV4ガソリンとハイブリッドを比べてみた!!





続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










まずは、トヨタ新型RAV4のスペックを確認!



まずはじめに、ボディサイズ/グレード&価格/燃費&航続距離を見ていきましょう。






ボディサイズ

RAV4Hybridncga136.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



全長 4,600mm(アドベンチャー:4,610mm)


全幅 1,855mm(アドベンチャー:1,865mm)


全高 1,685mm(アドベンチャー&G"Zpackage:1,690mm)


ホイールベース 2,690mm


トレッド(前/後) 1,605/1,625mm(アドベンチャー&G"Zpackage:1,595/1,615mm)


最低地上高 195mm(アドベンチャー&G"Zpackage:200mm、ハイブリッド車:190mm)


荷室容量 580リッター





グレード&価格

RAV4Adventurencga107.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/ 



・ガソリンモデル


X(2WD) ¥2,608,200

X(4WD) ¥2,835,000

ADVENTURE(4WD) ¥3,137,400

G(4WD) ¥3,202,200

G Zpackege(4WD) ¥3,348,000





・ハイブリッドモデル


HYBRID X(2WD) ¥3,202,200

HYBRID X(4WD) ¥3,450,600

HYBRID G(4WD) ¥3,817,800






燃費&航続距離

RAV4Adventurencga34.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



・ガソリンモデル(2000cc直4エンジン,171ps,207Nm)


2WD 燃費15.8km/L、航続距離869km

4WD 燃費15.2km/L、航続距離836km





・ハイブリッドモデル(2500cc直4ガソリン+THSⅡ,218ps)※4WDは222ps

2WD 燃費21.4km/L、航続距離1177km

4WD 燃費20.6km/L、航続距離1133km

※WLTCモードでの数値。










それでは本題に入りましょう!










① ダイナミックフォース2.0Lエンジン&Direct Shift-CVTをトヨタブランド初採用!





RAV4Normalncga43.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



新型RAV4に用意されるパワートレーンは2種類!


ガソリンモデルには"Dynamic Force Engine 2.0L × Direct Shift-CVT"、ハイブリッドモデルには"Dynamic Force Engine2.5L + 改良版THSⅡ × 電気式CVT"が採用されます!





RAV4engine2000.jpg
引用元:https://global.toyota/jp/newsroom/



その中でも、ガソリンモデルに搭載する"ダイナミックフォース2.0Lエンジン"については、なんとトヨタブランド初採用!


TNGAの思想で開発され、高速燃焼技術や可変制御システムを採用するなど、様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。結果的には、世界トップレベルの熱効率40%を達成したほか、従来型に比べて全域でトルクアップを実現している次世代エンジンなのです。



最高出力171ps、最大トルク207Nmを発生させるエンジンと約1.6トンの車体の組合わせで、果たしてどれほどのパワー感になるのか気になりますね!



なお、今回でダイナミックフォースエンジンシリーズ第3弾となるわけですが、第1弾が後述する2.5L直列4気筒エンジン、第2弾がレクサスLSに採用する3.5LV型6気筒エンジンとなります。





RAV4Adventurencga119.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



トランスミッションについても、トヨタブランド初採用となる"ダイレクトシフトCVT"が搭載されます!



"CVTなのに発進用ギアが備わっている"という構造は無段変速機の常識を覆したと言えるレベルです。





RAV4directshiftCVT.jpg
引用元:https://global.toyota/jp/newsroom /



トランスミッションの基本である、伝達効率の向上やエンジン高効率領域の活用、高応答変速を強化するため、機械損失低減とワイドレンジ化及び変速追従性向上を追求した結果、ダイレクトでスムースな走りと従来比+6%の燃費性能を実現。



10速シーケンシャルシフトによる擬似的なマニュアル操作を楽しめるほか、CVT最大の短所であるラバーバンドフィールが大きく改善されたそうですが、CVTの走り味に変革をもたらしたのか?これも非常に気になるw!










UX250hversionL12.jpg



これらのパワートレーンを一足先に搭載したのが"レクサスUX200"!



発売前の特別試乗会などで乗った印象は、「気持ちよく吹け上がるうえに十分なパワー!発進用ギアのおかげでCVTらしくない加速感に仕上がっている!」です。



下の画像をクリックすると記事に飛べます。





【新型UXをクローズドコースで試す!】UX200



【街乗りではどうなの?】試乗編!UX200



発進加速が極めてスムーズなダイナミックフォース2.0Lエンジンですが、高回転まで回すと少し騒がしい印象を受ける点は気になりました。



また、ダイレクトシフトCVTはまさにトルコンATとCVTの良いとこ取りをした雰囲気はGOOD!踏み込んだ瞬間のギクシャク感は登場したばかりのトランスミッションですから、今後の改善に期待しています^_^;



(4/29追記)⇒新型RAV4ガソリンモデルに試乗したので、気になる方は【ADVENTUREグレード】試乗編!新型RAV4インプレッション!をご覧ください!(追記終わり)










RAV4Hybridncga148.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



ちなみにハイブリッドモデルについては、ダイナミックフォースエンジン第1弾"直列4気筒2.5L直噴エンジン×改良版THSⅡ"を搭載。



システム最高出力222psを誇りますので、ガソリンモデルよりもパワフルで、静粛性も一枚上手かなと思います。


※2WDは218ps。エンジン178ps/221Nm、フロントモーター120ps/202Nm、リアモーター54ps/102Nm。





RAV4Hybridncga118.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



組み合わさるトランスミッションは電気式CVTで、6速シーケンシャルシフトを楽しめます^^



ハイブリッドのパワートレーンが気になる方は、現行型カムリに搭載されているものと同じですので、一度試乗してみるのも良さそうですね♪










② ダイナミックトルクベクタリングAWDを世界初採用!





RAV4Adventurencga106.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



一部ガソリングレードが採用する4WDシステムが非常に画期的で、このメカニズムが普及していけば、今後登場する4WD車のデメリットはかなり解消されるはず!



また、ハイブリッドモデルに採用される"E-four"についても改良が加えられていますので、こちらも併せて紹介します。





RAV4Adventurencga81.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



まず見ていくのは、G"Zpackage"&ADVENTUREグレードに採用する"ダイナミックトルクベクタリングAWD"!これには世界初の技術が投入されています!



特徴的な2つの機能がトピックとなりますので、それぞれ見ていきましょう。





RAV4Adventurencga114.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



1つ目が、トルクベクタリング機能



走行状況に応じてリヤのトルク配分を左右独立制御し、ドライバーの思い描いた旋回性能と、高い走破性を実現するもの。


前後トルクは100:0~50:50の間で配分され、後輪左右トルクについては0:100~100:0の間で同じく配分される仕組みになっています。



つまり、フロント両輪50%左リア50%というトルク配分も可能になったそうです。スゴイ(笑)





RAV4Adventurencga97.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



2つ目が、ディスコネクト機能



前後輪の車輪軸に世界初のラチェット式ドグクラッチを備えることで、2WD走行時にはプロペラシャフトの回転を停止させて、後輪を切り離し、燃費向上を図るメカニズムだそう。



ちなみに、新型RAV4ガソリングレードの燃費は以下のとおりです。



2WD:15.8km/L

4WD:15.2km/L




比べてみると、駆動方式の違いによる燃費の差はごく僅かなのが分かりますね。おそらくこれはディスコネクト機構より得られた効果でしょう。





RAV4Adventurencga116.jpg
RAV4Adventurencga115.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



余談ですが、ガソリン4WD全車にマルチテレインセレクトが標準装備というのも地味に嬉しいポイント!


走行状況に応じて、NORMAL・MUD&SAND・ROCK&DIRTの3モードから選択し、駆動力・ブレーキ・4WDシステムをそれぞれ個別制御してくれるもので、各モードは以下のような状況で使用できます。



・NORMAL⇒通常路で使用
・MUD&SAND⇒ぬかるみ、砂利路、深雪路、ダート路などの滑りやすい路面で使用
・ROCK&DIRT⇒モーグル路や岩石路などの凹凸が激しい路面で使用




ランドクルーザー&ランドクルーザープラドだけに装備される機能が新型RAV4にも搭載されたということは、それだけオフロード性能にも自信がある証でしょう!





RAV4Adventurencga119.jpg
RAV4Normalncga80.jpg 
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



スイッチ形式に関しては2種類あり、G"Zpackage"&アドベンチャーグレードはダイヤル式G&Xグレードはプッシュ式となっています。










RAV4Hybridncga109.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



続いて、ハイブリッドモデルに採用するのは、電気式4WDシステム"E-Four"


通常時だと前輪駆動で走行していますが、スリップしたときや不安定な挙動を示すコーナリングの際に、モーターで後輪も駆動するのは従来通りですよね。



新型RAV4では改良が加えられ、現行型プリウスのE-fourだとトルク配分は100:0~40:60だったところ、新型RAV4では100:0~20:80まで増やしたとの事。後輪へのトルク配分量がかなり増加しましたね!





RAV4Hybridncga130.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



また、ハイブリッドモデルだけに、"TRAILモード"が備わります。


空転しているタイヤの駆動力を制御する代わりに、グリップ力のあるタイヤの駆動力を高める機能で、これにより高い走破性と優れた操縦安定性をもたらします。










RAV4Normalncga56.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/ 



ちなみに、新型RAV4の4WDシステムは全て自動制御なので、トルク配分状況がリアルタイムでマルチファンクションディスプレイメーターパネルにて確認できます。



なお、ガソリンモデルのG及びXグレードについては、ダイナミックトルクコントロール4WDが搭載されます。










③ 充実した先進安全装備





RAV4Normalncga84.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



トヨタセーフティセンスはヴェルファイアやカローラスポーツと同じ新世代タイプが採用され、以下のものが全車標準装備!



・全車速レーダークルーズコントロール

・レーントレーシングアシスト(LTA)

・オートマチックハイビーム(AHB)

・交通標識認識システム(RSA)

・先行車発進告知機能(TMN)

・プリクラッシュセーフティ(PCS)




衝突被害軽減ブレーキは車&夜間歩行者&昼間自転車を検知可能であり、現段階ではトヨタ車の中で最高峰のシステムとなっています。





RAV4Adventurencga29.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



また、インテリジェントクリアランスソナー(ICS)&ブラインドスポットモニター(BSM)&リアクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB)はG&G"Zpackage"に標準、X&アドベンチャーにオプション用意となります。



"全グレードが先進安全装備を設定できる"というのは珍しいことでして、ライバルのマツダCX-5では、廉価グレードだとACCやレーンキープや標識認識システムなどがオプションでも選択できません。


他のライバル車を見ても同様であることから、先進安全装備を重視する方に新型RAV4はおススメと言えますね!










④ 電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドを採用!





RAV4Hybridncga131.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



嬉しいことに、新型RAV4は電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドが全車標準装備!



118dEditionShadowに乗っている時から、次期愛車には必須装備と考えていたくらい欲しい機能の一つなんですが、ようやく手に入れることが出来ます(笑)



ブレーキホールドとは、停車した際にブレーキペダルから足を離してもクルマが自動的に停車した状態をキープしてくれる便利機能で、また、停車した状態から再びアクセルペダルを踏むことで再発進できるというものです。



渋滞や信号が続く道では、あるのとないのとで疲労度が大きく異なります。


なんせ、停車したときにブレーキペダルを踏み続ける必要もなければ、「N」にいれてサイドブレーキをかける必要もありませんからね^_^;



さらに、トヨタ車の電動パーキングブレーキは「P」に入れると自動ロック、「D」に入れると自動解除する「オート機能」も備わっていて、さらに便利なんです!










⑤ DCMが全車標準装備





RAV4Adventurencga122.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



DCMとは"車載通信機"の別称であり、トヨタスマートセンターと通信で繋がることで、様々な機能を利用することが可能になります!



コネクテッドカーと呼ばれるクルマの仲間入りをした新型RAV4は、Tコネクトナビを装着していれば、オペレーターに直接話してナビの目的地設定をしてもらったり、色々な情報を検索して結果を教えてもらったりできます。


レクサスのG-LinkやBMWのドライバーサポートデスクなどによく似た機能ですね^^



それ以外にも、スマホからナビの目的地設定ができたり、車両位置を把握したりできますし、事故に遭ったときに役立つ「D-Call Net対応ヘルプネット」も備わりますから、万が一の時も安心です。


[事故自動通報システムって知ってますか?]人とくるまのテクノロジー展レポート!②










⑥ エアコン温度調整スイッチがダイヤル式





RAV4Adventurencga126.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



プチ褒めポイントとして挙げるならまさにコレwww


細かいですが、クルマを買う時の重要ポイントとしていつもチェックしてるんです^_^;





「エアコンの温度調整をするには、スイッチ式よりダイヤル式のほうが操作しやすい!!」





勝手にそう思ってます(笑)



運転中も手元を見ずに直感的な操作ができますし、新型RAV4のダイヤルは大きくてグリップ感もあるので、なおさら喜ばしい^^










⑦ パノラマルーフがデカイ!





RAV4Normalncga77.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



Xグレードは通常タイプのムーンルーフなのでそれほど魅力はありませんが、それ以外のグレードにはパノラマルーフが設定できます。



チルト&スライド出来るのは前側だけとはいえ、開口部面積が大きく広々としているので装着したときの満足感はかなり高そうですし、これは絶対に外せないオプションと思って、私も選びましたw





RAV4Hybridncga21.jpg
引用サイト:https://www.netcarshow.com/



また、新型RAV4のパノラマルーフは外から見ても天井の大部分を占めるため、「ボディカラーの白に黒が染まって、2トーンカラーに見えないかな?」という期待もしていますw



そのあたりは納車したらインプレッションしますので、ぜひご期待下さい!!










RAV4HYBRIDGex20.jpeg



ということで、新型RAV4おススメポイント7選を紹介しましたが、いかがでしたか?



個人的には、レクサスUXと同じパワートレーン、カムリと同じプラットフォーム、さらにはトヨタセーフティセンスやLEDヘッドライトなどの機能が標準装備で260万円というのは破格だと思いますwww



もちろん、上級グレードになればなるほど価格も上がりますが、新型RAV4はどのグレードもコストパフォーマンスが高いという印象を受けますね!





その中でも、元警現消ブログが買ったガソリンGグレードは最強コスパだと思ってます(笑)


気になる方は、記事内にリンクを貼っていますので読んで見て下さいね^^





なお、今回の記事で挙げた7つ以外にも良いところは数多くあるはず!


もし、「ここがイイよね新型RAV4!」というのがありましたら、お気軽にコメントやツイッターのリプで教えていただけると幸いです^^










RAV4adventureEX2.jpeg



「新型RAV4を買いたいけど、残価設定ローンとかじゃなく、総支払額を抑えたいんだよ!」という方には以下の買い方をおススメします♪



新車とよく似た新古車or未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外に新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!



私が現在乗っているBMW 118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で約200万円もお得に購入することができました!



どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。



では、新型RAV4の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、


[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!


こちらを見てくださいね♪


ほんとにためになりますから。



ただし、発売直後は未使用車なんて登場しませんし、早く納車したいなら残価設定ローンを念頭に置きましょう。新古車や未使用車が欲しいなら、納車できるのは早くても夏頃ではないでしょうか?

そこまで待てるのであれば、絶対に未使用車・新古車がおススメです^^





それでは、次回はまた違った新型車インプレッションやトヨタ最新情報をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o




関連記事

コメント

ゼミッタ

Re: タイトルなし
love4さん、コメントありがとうございます!

同じ仕様の新型RAV4ということでなんだか嬉しくなりました^^
2トーンカラーの登場がいつになるか分かりませんし、パノラマルーフに期待したいところです。

未使用車は元警現消ブログオススメの買い方ですが、購買理由や諸事情などもありますし、新車の良さもありますから、お互い新車を楽しみましょう♪

love4

はじめまして!
私もホワイトパールでパノラマルーフつけました。ツートンカラー風になると良いですよね。
未使用車が出るまで待つのもありだったのですが今回は車検の関係もあり新車に買い替えました。
非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR