【ノミネートされるのは?】元警現消ブロガーが選んだ『クルマ大賞2018』!!!


2018年も残すところあと4時間。皆様は今何をされていますか?(ブログ見てるよー。)

この1年は管理人にとって大きな節目となるものでした。

そのひとつが元警現消ブログを始めたこと!

約半年前にスタートしたばかりですが月間PV数は右肩上がりが続いています!これもご覧いただいている皆様のおかげです。本当にありがとうございます…!

コンテンツ数はまだまだ少ないですが、これまでのクルマブロガーとは違った視点からお届けできるように2019年もフルスロットルで駆け抜けていきたいと思います^^



残り少ない2018年、良いお年を♪

そして、2019年もよろしくお願い申し上げますm(__)m



さて、年末になってくるとテレビ番組では特番や〇時間スペシャルなどで、この1年を振り返るような内容が放送されます。

元警現消ブログでもこの1年でインプレッションをお届けしたクルマの中から最優秀賞を決めて発表したいと思います!

様々なカテゴリーを用意したのでどうぞお楽しみに♪



さて、今回は元警現消ブログが選ぶ『クルマ大賞2018』!!です!



続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










昨今においては若者のクルマ離れなんかが話題になりましたが、2018年を振り返るとクルマ業界が盛り上がりを見せていたり、自動運転技術が著しい進化を遂げたことで自動運転元年と呼ばれたり、時代に注目されるに相応しいものとなりました!

それらを踏まえて元警現消ブログでは5つのカテゴリーに分けてそれぞれの大賞を発表していきたいと思います^^

さて、早速見ていきましょう!










エクステリア部門





この部門の大賞に輝いたのは…。










「レクサス UX」!!!



UX200FSPORT7.jpg

満を持して登場した新生コンパクトSUVが大賞です!!

ワイド&ローなボディ、複雑ながらも美しいボディライン、それらのデザイン性に加えて機能性を併せ持つ「二律双生」など、新型UXは見惚れてしまうほど美しく、カッコいいデザインです。



それらの詳細をご覧ください^^





フロント正面

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT1.jpg

「CreativeUrbanExpiorer」として誕生した新型UX。レクサスフィロソフィーには「二律双生」という言葉がありますが、この車のエクステリアデザインに込められているのは凝縮した塊感や安心感の「secure」と、俊敏な走りを思わせる「agile」です。たしかに、フロントフェイスを一見するとマイナーチェンジ後のレクサスCTをも思わせるコンパクトさや凝縮感ですが、今回の新型UXはレクサスSUV兄弟の中でも全高の低さがトップでそのスタイルからは走りの良さもうかがえます。





斜めから

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT2.jpg

さらに、洗練されたデザインには機能面という「二律双生」も併せ持っています。のちほどご紹介する新型UXのテールライトですがデザインだけを追求したものではなく、空気の流れを走行安定性の向上に利用するために活躍するパーツでもあるのです。エアロスタビライジングブレードライトと呼ばれているテールライト以外にも車体のフェンダー部分に空力特性を与えたエアロスタビライジングアーチモールを採用。数多くの「二律双生」が新型UXには奢られていますね。





(少しアップで)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT11.jpg

どのカラーリングも素敵ですが、リセールを考えるとやっぱり白か黒になってしまいますね…^_^;





スピンドルグリル

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT5.jpg

ここだけ切り取ったとしてもFスポーツはとてもスポーティーな車であることが伝わってきますが、装着されるのは専用デザインのメッシュタイプ。レクサスと言えばこの顔つきが特徴的で認知度もかなり高まってきていますしそのデザインからフロントマスクを精悍な表情にしています。標準タイプのブロックメッシュパターンは見る角度によっては表情が刻々と変化するのが印象的で力強さや華やかさも演出していますね。





スピンドルグリルフレーム

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT14.jpg

アンダーガードをモチーフにしたスピンドルグリルフレームはクロスオーバーらしい頑強さを表現しています。Fスポーツには標準タイプよりもトーンダウンさせた色調の漆黒メッキモールが使用されており、これによってさらに男前なマスクに仕立ててくれています。





フォグランプベゼル

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT9.jpeg

Fスポーツにはメッシュタイプのものが採用されていましてフォグライトベゼルは横に少し写りこんでいるアンダーガードと同じ漆黒メッキモールになっています。





サイドビュー(フロント側から)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT19.jpeg

一言で表すならプレスラインが凄い!!ですねw





(少しアップで)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT20.jpg

サイドミラーはどのグレードにおいても2トーンカラーになります。上半分はブラックで統一されていますね!取り付け位置をドアパネルにすることで左右視界の向上を図っています。





サイドビュー(リア側から)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT30.jpeg



(少しアップで)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT28.jpeg



真横から

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT18.jpeg

Fスポーツモデルのドアハンドルに装着されているメッキパーツはディーラーオプションになります。





フロントフェンダー

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT25.jpeg

新型UXにはフェンダーアーチモールをカラードにするディーラーオプションは設定されていません。NXでは用意されているのになぜないのかは今回の議題にはあげませんが、元来、フェンダーモールというとタイヤからの巻き上げ物などでボディに傷がつかないようにするためのものですよね。しかし、新型UXではそこに空力性能の向上を加えることでロール時の挙動を抑えて操縦安定性を高めています。エアロスタビライジングアーチモールとよばれているのがまさにこれになります。他の車がどうなのかは分かりませんが、この大きく張り出したいかにもSUVらしいフェンダーにはそういう意味があったのです。





リアフェンダー

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT35.jpeg

ホイールについて見ていくと、エアロベンチレーティングアルミホイールが一部グレードで装着されています。これはF1のリアウイングにあるガーニーフラップと同じ発想の機構を採用することでブレーキ冷却と空気抵抗低減という相反する機能を実現させているのです。ホイール内部のディスクブレーキから排出された熱を逃がしつつもホイール側面に風を引き寄せて整流させているとのことで、ホイールデザインだけでなく機能美までも追求した一台となっています。




サイドステップ

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT27.jpeg

ボディ下部のパーツは全体的に樹脂パーツが多くなっていてチープ感が出ているかもしれませんがSUVらしくてこれはこれでかっこいいです!





ホイール

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT23.jpeg

UX200FSPORT24.jpeg

Fスポーツにはダークプレミアムメタリック塗装の18インチ(225/50R18)が装着、ランフラットタイヤが標準装備されていますし、スペアタイヤもパンク修理キットも積載されていませんからスマートですね。さらにFスポーツのホイールデザインはスポーティー志向となっていてかっこよさが際立っています!



ルーフレール

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT22.jpg

ルーフレールについては全車オプション装着(¥32,400)となっています。SUVらしさを出すならば必須アイテムですね^^





リア正面

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT37.jpeg





(ローアングル)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT38.jpeg

テールライトからバンパー下部の樹脂パーツ両端に伸びたハの字ラインが新型UXの個性でしょう。フロントから順番に見てきましたが、なかなかのゴツゴツ感で意外とワイルドさがあるなというのが印象的です。





斜めから

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT42-01.jpeg

前述でお伝えしたエアロスタビライジングブレードライトがまさにこれです。レーシングカーのリアウイングをイメージして造形されたテールライトはライト機能と空力操安機能を組み合わせてデザインと空力性能を両立させています。レクサスのリアシンボルといえばL字型のテールライトであり、これをひとつなぎとすることでレクサスブランドにおいても独自性を与えています。





(少しアップで)

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT44.jpeg

テールライトはフルLEDタイプ、現代的でかっこいいですね。





リアスポイラー

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT43.jpeg

こちらも全車標準装備。ボディカラーと塗り分けがされていて面白いです。





バンパーロア部

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT47.jpg

リアバンパーについてもFスポーツは漆黒メッキモールが装着されていて標準モデルとの差を見せつけています。





グレードエンブレム

UX200 "F SPORT"
UX200FSPORT41.jpg

UX250hversionL26.jpeg





ということでエクステリア編の大賞はレクサスUXでした。










インテリア部門





この部門の大賞に輝いたのは…。










「アウディ A8」!!!

a854.jpg



フルモデルチェンジを果たしてエクステリアにもさらに磨きがかかった新型A8はインテリアで大賞に輝きました!!

A8よりも数カ月早く登場した新型A7も先進的かつラグジュアリーなインテリアとなっていて悩みましたが、ここはアウディのトップサルーンに軍配があがりましたね。



それらの詳細をご覧ください^^





まずはフロントドアからチェック!

a826.jpeg

ドアを開けてトリムを見ていきます。

今回の展示車のインテリアカラーはブラックと一番ベーシックなカラーリングになっています。



a827.jpeg

レザーパッケージが標準装備されていますのであらゆる部分に革素材が使用されていて贅沢なインテリアとなっています。

それ以外にも手に触れる部分のほとんどがアルカンターラやソフトパッドなどの素材で造られておりプラスチッキーさは皆無です。



a828.jpeg

アッパーデコラティブパネルは「ファイングレインアッシュナチュラルグレーブラウン」。天然木素材で仕上げられたものになります。

16Wayフロントパワーシートにはメモリー機能が装備されており、ピアノブラック調に仕上げられたスイッチがドアトリムに装着されています。



a829.jpeg

ドアアームレストの部分にステッチ加工がされているところがまたいいですね^^

ちなみに開けているポケットの部分の中は起毛仕上げがされていて小物などを収納していても干渉音などが発生しないように配慮されています。さすがはフラッグシップセダンA8。





ではシートはどんな感じ?

a830.jpg

“A8 55TFSI quattro”に装着されるシートはパルコナレザーのコンフォートシート。

ホールド性も確かに高いのですがさらに上質感や柔らかさを追求したようなイメージで肌触りや座り心地は最高です。



a831.jpeg

シートヒーターやベンチレーションなどはもちろん備わっていますので本革シート特有の夏は暑くて冬は冷たいという異常現象(?)をなるべく軽減させることはできますね。また、オプションでマッサージ機能も装着することが可能です。



a832.jpeg

シートベンチレーションが備わっているシートは全てパーフォレーテッドレザーとよばれる通気性を良くした表面になります。



a833.jpeg

足元付近を見ますと、ドアシルプレートはアルミ製のものが装着され、シートパワースイッチはピアノブラック×クロムメッキで加飾されています。





ステアリング付近を見ていきます

a834.jpg

ダブルスポークマルチファンクションステアリングホイールは本革巻きでアルミニウムルックと見事にマッチしています。



a835.jpg

12個ものマルチファンクションボタンがレイアウトされておりこちらもピアノブラック調で統一。

その奥に見えるのはアルミニウムルックのパドルシフトでこちらも標準装備されます。



a836.jpg

ステアリングホイールで見切れてしまっていますが、新型A7と同様にライトスイッチはボタンタイプとなっていました。



a837.jpeg

バーチャルコックピットとよばれる高解像度12.3インチカラー液晶フルデジタルディスプレイのメーターパネルはもはやアウディといえばこれと言えるくらいまで浸透してきましたね。

タコメーターやスピードメーターの大小を変更できたりマップやオンボードコンピュータの数値を表示できたりとフレキシブルに使える最先端の装備です。





お待たせしました、インパネです

a838.jpg

これがアウディフラッグシップサルーンである新型A8のインパネ全景です。

まっすぐ伸びる水平基調のラインが整然とした印象を強調しているほかクラフトマンシップにより唯一無二の雰囲気を漂わせています。



a839.jpeg

できるだけボタンやスイッチ類を少なくしてシンプルかつ先進的なデザインに仕上げられています。



a840.jpg

このあたりのデザインは先日紹介した新型A7と近似したものになっています。

[アレは使いやすくなり、アレは装備されず…。]新型アウディA7スポーツバックインプレッション②!



a841.jpeg

ローワーデコラティブパネルは「マットブラッシュトアルミニウム」。

天然木に加えてアルミ素材を使用しているのですから質感が低いはずありません^_^;



a842.jpeg

ご覧のようにブラック基調でいたってシンプルなカラーコーディネートですが、醸し出す雰囲気は最上級サルーンそのものです。



a843.jpg

センターにレイアウトされているのは「MMIタッチレスポンス付MMiナビゲーション」。

インフォテインメントようの高解像度10.1インチアッパースクリーンとエアコン操作や手書き入力用の高解像度8.6インチローワースクリーンはどちらもタッチパネルとなっています。

イグニッションがOFFの状態だとこのように漆黒のフラットなパネルとなり、周囲のインテリアに溶け込みます。

操作性についてはボタンにタッチした時の振動と音でフィードバックを感じ取ることができるようになっており、最初のうちは慣れないでしょうがスマホと似た感覚ですので使い慣れていくと思われます。ブラインドタッチなどの使いやすさは別問題ですが。



a844.jpg

その下にあるのは本革巻きのセレクターレバーに電動パーキングブレーキのスイッチ。

新型A8には先代モデルと同様にブレーキホールドが装備されています。信号待ちなどでかなり重宝する装備ですから私も次期愛車には必須装備と考えています。



a848.jpeg

フレームレスの自動防眩ルームミラー、ルームライトはLEDとこちらの質感も満足できる仕上がりです。





センターコンソールの質感は?

a845.jpeg

さて、新型A8のセンターコンソールボックスには起毛仕上げがされているのでしょうか?



a846.jpeg

しっかりと全面起毛仕上げがされていますね!

心配していたのは杞憂に終わりました^_^;



a847.jpg

ボックス前面には、USBポートが2口とSDカードスロットが備わっています。

横にあるSIMカードスロットは通信モジュール用でしょうね。





リアまわりをチェック!

a849.jpeg

フロント同様にリアドアまわりからまずは確認していきます。

フロントの質感はかなり高くラグジュアリーサルーンのお手本のような内装でしたが後席はどんな感じなのでしょうか?



a850.jpg

トリム周りを見てもフロント同様の質感ですし、リアサイドガラス及びリアガラスには電動サンブラインドが標準装備されているあたり、さすがは後席重視のパッケージングで抜かりはありません。



a851.jpg

ドアハンドルもご覧のとおりレザーステッチとこの質感ですよ。スイッチ類にもメッキ加飾がされていますね。



a852.jpeg

リアシート周りを見ていきましょう。

"55TFSI quattro"のリアシートは3シーターとなっています。これがロングボディですとオプションで2シーターが選択可能となっています。



a855.jpeg

フロントシート背面には左右ともシートバックポケットが装備されています。



a856.jpeg

3シーターといえども中央の足元はセンタートンネルがかなり張り出していますから実質2シーターのようなものですね^_^;

このようにリアアームレストを出した状態で使用することが多いのではないでしょうか?



a857.jpg

そのリアアームレストですがなかなか重厚感ある造りになっていますし小物入れも起毛仕上げになっていて好印象です。



a858.jpg

リアエアコン吹き出し口は当然ながら装備されています。"55TFSI quattro"ではコンフォートパッケージを装着することで4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナーとなり、他のグレードには標準で装備されています。



a859.jpg

リアのルームライトもフロントと同じくLEDであり綺麗に光っています。どうやら「マトリクスLEDインテリアライト」とよばれるオプション装備があるらしく、片側7つのLEDライトを照射範囲を変えることができるというものだそうです。





最後にラゲッジルームの様子をどうぞ

a860.jpg

ラゲッジ容量は505リッター!!

セダンタイプだと500リッターあたりがひとつの目安となりますので新型A8のラゲッジスペースはちょうど平均あたりということになるのでしょうか?



a861.jpg

テンパータイヤではなくタイヤ修理キットが積載されていますのでその部分をアンダーデッキボックスとして使用することができそうです。

収納力はそこそこといった様子ですが床下形状がいびつですので使い勝手は少し難ありかも^_^;



a862.jpeg

固定フックは左右に2箇所ずつ用意があります。



a863.jpeg

また、ラゲッジランプは左右に1箇所ずつレイアウトされています。

なお、"55TFSI quattro"ではトランクスルー機構がオプションとなっていますので注意が必要です。





ということでインテリア編の大賞は新型A8でした。










ハッチバック部門





この部門の大賞に輝いたのは…。










「トヨタ カローラスポーツ」!!!

IMG_2220-compressor.jpg







プラットフォームに磨きがかかり、先進安全装備や快適装備もカローラという名前からは想像もできない仕上がりになったカローラスポーツが大賞を受賞です!



それらの詳細をご覧ください^^





エクステリアから見ていきます。

IMG_2191-compressor.jpg

新型カローラスポーツのフロントです。

最近のトヨタ車のデザインであるキーンルックが新型カローラスポーツにも投入されているのが分かります。

グリルの開口部の大きさとヘッドライトも横長感がボディサイズが大きくなったことをより強調しています。

ボディカラーは(おそらく(笑))オプションのホワイトパールクリスタルシャインです。

「黒やイメージカラーであるスカーレットメタリックに比べると大人しい印象!」


IMG_2190-compressor.jpg

バンパー形状はどのグレードにおいても変わりませんが、装飾品がそれぞれ異なります。

Gだとメッキパーツが少ない分、大人しく見えますね。

フォグランプもGとG“X”には装備されていません。これもかなり印象を変える装備ですからね。

ただし、オプションで装着が可能です。

また、全体的にロアグリルの範囲がかなり大きい印象を受けました。

ハリアーターボやカムリでもこのハニカムグリルが採用されています。

また、エンブレムはトヨタマークではなく、カローラマークとなっています。



IMG_2215-compressor.jpg

こちらは、ハイブリッドモデルのG“Z”です!

ボディカラーはスカーレットメタリックで、ひと際目立っていました!

嫌みのある赤ではなく、さっぱりとしたきれいな赤色です。

見比べるてみると、グレードによって、フロントロアグリルのフレーム部が少し違う色合いになっています。

カタログを見ると、 
G→ガンメタリック艶あり塗装
G“Z”→サテンメッキクロム

となっています。

どちらがよいかは個人差があると思いますが、ボディカラーによっても変わってきそうです。



IMG_2216-compressor.jpg

個人的には、スカーレットメタリックとメッキパーツの相性は良かったので赤色を選択するならG“Z”グレードにしたいです。



ヘッドライト部分をアップで見てみましょう。

IMG_2193-compressor.jpg

こちらはG“X”とGに装備されるヘッドライトです。

トヨタ初となる3連パラボラレフユニットを採用しています。



IMG_2217-compressor.jpg

こちらはG“Z”に装備されるヘッドライトです。


見比べるとデザインが違いますね。

機能としては、どちらもオートマチックハイビームが標準装備されています。

また、ポジション・ロービーム・ハイビーム・ウインカー全てがLEDであり、フルLEDヘッドライトです!

異なる点として、G“Z”に装備されるヘッドライトにはデイライトが装備されています。

どうせなら安全面から考えて、どちらにもデイライトは装備してほしかったな…(T_T)

安全装備は本来、車格で分けるべきものではないと思います。



続いて、ホイールを見てみましょう。

IMG_2194-compressor.jpg

Gに装備されるホイールです。
サイズは205/55/R16と比較的乗り心地を重視したタイヤとなっています。

見た目的にはもう少し大きいインチのタイヤを履きたいところですが、快適性を全く犠牲にしないこのサイズのほうが需要があるのかもしれません。

なお、G“X”に装備されるホイールは195/65/R15のスチールホイールです。

ホイールキャップがはめられており、廉価グレードであることを一目にして分かってしまう残念ポイントです。



IMG_2218-compressor.jpg

こちらは、G“Z”に装備されるホイールです。

225/40R18というサイズはCセグメントの上位グレードで主流になりつつあるサイズを新カローラスポーツも踏襲してきました。

また、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装が施してあり、見た目的には○です。

デザインはどこかで見たことあると思ったら、先代プリウスのG’sに採用されていたホイールに似ています。


それからホイール周りで気になった点は、ホイールクリアランスが以前より狭くなっており、少しずつではあるが改善されてきていること。

これまでのトヨタ車はホイールクリアランスが気になる人が多かったはず。

今回、拳ひとつ程度まで改善されており、輸入車とほぼ変わらないところまできました。

頑張ったね、トヨタさん!



続いて、リアを見ていきましょう。

IMG_2197-compressor.jpg

「奇抜さはないけれど、スポーティーさが滲み出ており非常にかっこいい!」

リア周りもキーンルックのデザインを取り込んであり、今のトヨタ車らしいかっこいいデザインです。



IMG_2196-compressor.jpg

リアはホワイトパールクリスタルシャインでも存在感が強く、若者受けもよさそうです。


なんてったって、黒は洗車に気を遣いますから、そういった点でも白を選択する方が多いのでは?



IMG_2199-compressor.jpg

テールライトはこんな感じになっています。

リアコンビネーションランプについてもフルLEDです!



IMG_2198-compressor.jpg

バックカメラはこの位置に装着されます!

あまり下に装着されていると、雨の日に水滴が付着して全く見えなくなりますからこれは地味に嬉しいポイントであります(笑)


私の乗っている118dEditionShadowですと、低い位置に装着されているので雨天時はほぼ機能しません…。



IMG_2220-compressor.jpg

G“Z”グレードのリアはこちらになります。

Gと比較して変更になるのは、マフラー部分がクロームメッキ塗装になる点です。

ボディカラーがブラックだと、Gのリアバンパーでは無機質な感じになりそうですので、せっかくならG“Z”グレードをおススメします。



インテリアを見ていきましょう。

IMG_2212-compressor.jpg

まずは、Gグレードの運転席ドアを開けてみます。

トリム部分にはステッチが入っていたり、肘置き部分にはソフトパッドが使われていたりと質感高いですが…



IMG_2213-compressor.jpg

ウインドウスイッチパネル周りやドアハンドルなど、ややプラスチッキーな印象を感じますね。

そこは中堅グレードですし、あまり求めすぎてはいけないかもしれませんね。



IMG_2229-compressor.jpg

比較してG“Z”グレードの助手席ドアを開けてみます。

ステッチの色が先ほどと変わっている他に、シルバー塗装及びピアノブラック加飾されたドアハンドルに変更されています。

最上級グレードを選択すればこのように内装の質感も高くなりますので、私が選択するならG“Z”グレードかな(^_^;)

なお、今回見せていただいた試乗車のG“Z”はセンシャルレッド/サテンメッキ加飾が施された本革とウルトラスエードが¥175,500でオプション装着されています。

そのため、内装はインパクトのある赤でまとまっており、非常にカッコよかったです!

ドアトリムも同様に赤色で統一されており、カローラという名前からは想像できないくらい攻撃的な内装です(笑)



ステアリングホイールをみていきます。

IMG_2201-compressor.jpg

ここはGグレードにおいても本革が使用されています。

ステアリングは運転する際に必ず触れる部分ですからこのように質感高くあってほしいですよね。



IMG_2203-compressor.jpg

ステアリングスイッチについても見ていきますよ(笑)

細かいところまで気になりますからね。

この新型カローラスポーツについても、新しい世代のスイッチが採用されています。

レクサスなどに採用されているステアリングスイッチと違って、こちらの材質はプラスチックです。

さわり心地は悪くないんですが、やはり見た目的には加飾があるほうがよいですよね。

みていくと、左側には情報操作系スイッチが配置されています。

つまり、メーターパネル内の設定などを変更する際に使用するボタンですね。

ICS(インテリジェントクリアランスソナー)やBSM(ブラインドスポットモニター)など安全装備系の詳細設定はこれで操作して調整します。



IMG_2204-compressor.jpg

右側については、運転支援系とオーディオ系のスイッチが配置されています。

第2世代に進化したTSS(トヨタセーフティセンス)はレーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシストなどの快適装備も標準化されています。

それらのシステムを有効化するのに必要なスイッチがこれらになります。

以前のトヨタ車ですと、ハンドル右下あたりに黒色の操作レバーが用意されていましたが、各社ステアリングホイールにスイッチを配備したことからトヨタもそれに倣ったかたちになりますね。

私自身もステアリングにあるほうが操作しやすくてよいと感じています。



IMG_2209-compressor.jpg

ハンドル右下にあるスイッチ部です。

ここには、VSC(横滑り防止装置)のオンオフスイッチやオートマチックハイビームの作動スイッチがあります。

スペースが空いていますが、他にはどんなスイッチがここに組み込まれるのでしょうか。



つづいてメーター周りです。

IMG_2202-compressor.jpg

こちらはGグレードに装備されているメーターです。

最新のデジタルメーターが注目を浴びるなか、新型カローラスポーツはコストダウンのためかG“X”及びGグレードではシンプルなアナログメーターです。

個人的にはデジタルメーターを採用してほしかった!

ただし、アナログメーターは昔からあるものですので見慣れていて安心感はありますね(笑)

好き嫌いも分かれると思いますから、せめてオプションでデジタルメーターを用意してほしかったです。


IMG_2223-compressor.jpg

こちらはG“Z”グレードのメーターまわりです。

デジタルメーターが一部入ったオプティトロンメーターと呼ばれるトヨタが以前から採用しているメーターになります。

中央には、7.0インチのTFTカラーマルチインフォメーションが備えられており、そこにスピードメータが表示されるといったかたちです。

こちらも最新の技術ではありませんが、非常に見やすくてよかったです。


IMG_2226-compressor.jpg

また、ドライブモードセレクトを変更すると、このようにメーター表示も変更されます。

こういう演出はドライバーの気持ちをワクワクさせてくれますよね。



IMG_2205-compressor.jpg

インテリアの全景になります。

黄色く垂れ下がった価格表が邪魔で申し訳ありません。

全体的に見て、シンプルだなという印象を受けました。

ただし、インパネは合成皮革を全車に使用していたり、様々なところに加飾が施されていたりします。

細部は質感高く作られていますし、必要十分ではないでしょうか。



IMG_2206-compressor.jpg

エアコンスイッチ周りもピアノブラック加飾がされていて、見た目的にも良いです。

新型クラウンのようにモニター上で全て操作する車も登場していますが、運転中にブラインドタッチすることを考えると、こちらのように物理キーがあるほうがしやすいですよね。



IMG_2207-compressor.jpg

シフト周りの写真です。

こちらもサテンメッキやピアノブラックで加飾されています。

全体的に統一感もありますし、もちろん見た目もいいですね♪



IMG_2208-compressor.jpg

センターコンソール内部にはシガーソケットとUSBポートが用意されています。

ただし、USBポートは一口しか用意がありませんでした。

後席にもありませんので、充電の取り合いになる可能性がありますね(笑)



シート周辺を見ていきましょう。

IMG_2228-compressor.jpg

こちらはG“Z”グレードに装備されているスポーツシートです。

このシートめちゃくちゃかっこいいです!

名前がややこしいのですが、他のグレードではスポーティシートが採用されていまして、こちらはスポーツシートです。

バケットシート型になっており、座ってみると確かにホールド感は高いです。

センシャルレッド/サテンメッキ加飾が施された本革とウルトラスエードが¥175,500でオプション装着されているため、見た目のインパクトも強烈ですね!

ランバーサポートやシートヒーターが装着され、本革である事を考えるとそこまで高いオプションではないと思います。

なお、スポーティシートの写真は撮り忘れたのですが、十分ホールド性があってそちらもよかったですよ。



IMG_2231-compressor.jpg

リアシート周りになります。

レッグスペースは一般的なハッチバック車といった感じですが、足先がフロントシートの下に入ることで窮屈ではないです。

現在私が乗っている118dEditionShadowとほぼ同じ広さでした。



IMG_2232-compressor.jpg

横から見るとこんな感じです。

どうですか?

シートバックポケットが備わっていますね。

購入を検討している方のためにより詳細にみていくのが当ブログのウリです(笑)



IMG_2233-compressor.jpg

ラゲッジスペースはこのようになっています。

荷室容量は352Lと私の1シリーズの360Lと比較してもほぼ同じサイズです。



IMG_2234-compressor.jpg

リアシートを倒すとこれだけの段差ができてしまうのはマイナスポイントですね…

オプションのデッキボードを装着すればフルフラットになるそうですが、どうせなら標準装備にしてほしかったな。



続いて、試乗していきましょう。

IMG_2207-compressor.jpg

エンジンを始動するものの、ハイブリッドモデルであるためもちろんエンジン音は入ってきません。

この日は日差しが強くエアコンの風量を上げていたため、それの音だけが車内には響き渡っていました。


シフトレバーは本革巻きで触り心地は違和感ありません。


シフトポジションを「D」に入れてディーラーを出発します。

なお、今回の新型カローラスポーツには、電動パーキングブレーキ及びブレーキホールドが全車標準装備されています!


そのため、基本的にはサイドブレーキを手動で解除する必要もありませんし、ブレーキホールド機能をオンにしておくと信号待ちでブレーキから足を離しても車が進むことはありません。
(あくまで補助的なシステムですので何かあった際にはすぐブレーキが踏めるようにしておくことが必要でしょう。)

最近では国産コンパクトクラスにも採用されてきていますが、まだまだ装備されている車は少ないです!

私が乗っている118dEditionShadowは依然として手動式ですので、ブレーキホールドが装備されている車が羨ましいです(笑)



IMG_2223-compressor.jpg

メーターも見やすくて良いです。


IMG_2226-compressor.jpg

スポーツモードに変更するとやる気を出させてくれますよ(笑)





さて、ディーラーから公道に出るときの段差を越えた瞬間に感じたことは、先代のオーリスよりも嫌な突き上げが減ったなということです。

数年前にオーリスが新型車としてデビューしたころにネッツ店に置いてあった150XSパッケージに試乗したのですが、段差を乗り越えた瞬間の突き上げが大きく、「良くも悪くも固い足回りだな…」という印象でした。

しかし、今回の新型カローラスポーツはそこそこ大きな段差を越えても不快感はあまり感じません。


今回の試乗車にはAVS¥108,000が装着されており、TNGAプラットフォームの採用も乗り心地に貢献しているでしょうが、このAVSも非常に優秀で良質な乗り心地に寄与しているのではないでしょうか。

(AVSとは路面の状態や運転操作などに応じ、ショックアブソーバーの減衰力を4輪独立に制御することで、滑らかな乗り心地と優れた安定感を高い次元で実現し、車両の姿勢維持に効果的なシステムのこと。)


エンジンについては、現在乗っている118dEditionShadowがディーゼルエンジンということもあってか改めてハイブリッドモデルの静粛性に驚かされました。


車自体の遮音性も高いので、快適ですね♪


欲を言えば、トヨタの新世代エンジンであるDynamic Force Engineや新世代の2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)の採用が期待されましたが、走ってみれば何も問題はなく、いたってスムーズな乗り味でした。

トルク感はディーゼル車には負けてしまいますが、ハイブリッド車の特長はなんといってもそのレスポンスですよね。

この新型カローラスポーツもアクセルオンに対してのレスポンスは非常によく、街乗りではストレスフリーで乗ることができるでしょうね(^^

また、1.2ℓ直噴ターボの車両には試乗車がないため、乗ることはできませんでしたが、営業マンの方に聞くと評判は良いとのことですので期待できます!

ただし、パドルシフトの設定がターボ車のみであったり、2018年8月発売予定のMT車もターボ車のみであったりと、「ハイブリッドが欲しいけど走りを楽しみたいからパドルシフトがほしい…」なんて意見の方はつらいところです。

新型カローラスポーツをお考えの方は悩ましいところですね(^_^;

それはそうだとしても、どちらのエンジンモデルを選んでも車そのものがしっかりしているので十分楽しめることは間違いないかと思います。



さあ、引き続いて、車を走らせていきます。


60km/hほどまでグッと加速しますが、静かなまま速度を上げていきます。

エンジンは始動している状態でモーターのアシストもあってなめらかです。



IMG_2230-compressor.jpg

シートに関してですが、

今回の試乗車であるハイブリッドモデルG“Z”にはスポーツシートと呼ばれるものが装着されています。

スポーツシートは他のグレードのシートよりもホールド性能を徹底的に追求した、新開発のシートとのことです。

「肩部の張り出し形状の最適化で、急なコーナリングで強い横Gがかかっても、しっかり身体をサポートし、クルマとの一体感が向上するため、正確なステアリング操作にもつながります。」

とカタログにあるように、実際に交差点やカーブを曲がる際にもしっかりと体がホールドされ、揺さぶられることはありませんでした。

乗っていて座り心地も良く、疲れにくいかもしれませんね。

オプションの本革×ウルトラスエードシート¥175,500を装着すれば、ランバーサポートも装着されます。

より、体に合ったシート調整が可能になりますね。

(このオプションを選択するとシートヒーター及びシートバックポケットも同時装着されます。)

私が以前乗っていた車にはレカロシートを装着していました。

その効果は絶大で、長距離の走行でも疲労は少なくなりますし、体自体が包まれることで車との一体感が得られるようになり、シートからもドライビングに必要な情報というのが細かく伝わってくるなという印象でした。

新型カローラスポーツのスポーツシートはそれに似たような印象を受けましたよ♪


路面は少々荒れ気味が続きましたが、大きく揺られることなくスムーズに段差をいなしていきます。

今回はドライブモードの設定をノーマルで走らせていきましたが、AVSによってショックアブソーバーの減衰力を制御しているので
やはり不快な突き上げはほとんど感じませんね。

ときたま、大きな段差があるところでは車自体が揺れることもありますが、非装着車両と比較したらまた印象が変わると思います。

つまり、クラスを考えると高価なオプションではありますが、クラウンやレクサスなど高額な車両に装備されているだけあってよくできており、私ならぜひ装着したいオプションです!


また、安全装備関係を見ると、次世代Toyota Safety Senseが全車標準装備されます。

(次世代Toyota Safety Senseとは・プリクラッシュセーフティ(ぶつからないをサポート)・レーントレーシングアシスト(高速道路のクルージングをサポート)・レーダークルーズコントロール(ついていくをサポート)・オートマチックハイビーム(夜間の見やすさをサポート)・ロードサインアシスト(標識の見逃し防止をサポート)のこと。)

その他にもICS(インテリジェント・クリアランス・ソナー)やBSM(ブラインド・スポット・モニター)やRCTAB(リア・クロストラフィック・オート・ブレーキ)もオプションで選択できます。





ということでハッチバック編の大賞はカローラスポーツでした。










セダン部門





この部門の大賞に輝いたのは…。










「トヨタ クラウン」!!!

20180730132610_IMG_2769-01.jpeg







流行りのクーペルックとなってモデルチェンジした新型クラウンがセダンの大賞に選ばれました!!



それらの詳細をご覧ください^^





IMG_2756.jpg

フロント正面からです。

クラウン史上最高のスポーティーデザインを目指しただけあって、かなり男前な顔つきです。

最近のトヨタ車では多く採用されているハニカムグリルが新型クラウンでも目いっぱい使われていますね!



20180730132156_IMG_2758-01.jpeg

先代のグリルデザインを少し踏襲しているようにも見えますが、一直線にアッパーからロアまで縦におろされたグリルラインは変更されています。

また、RSグレードのみに装着されるエンブレムの存在感が強いです。



IMG_2759.jpg

ヘッドライトをアップで見てみましょう。

こちらの、3.5 RS Advanceグレードには3眼LEDヘッドランプが採用されています。

眉毛部分がデイライトとポジションライトを兼ねています。

また、おもてなし照明と呼ばれるドアを開錠した際にポジションが点灯する機能が装着されています。

左下にはヘッドランプクリーナーが装着されていることが分かりますね。

また、ポジション・ロー・ハイ・ウインカー・フォグランプ全てがLED化されており、フロントはフルLEDとなっています!



20180730132232_IMG_2760-01.jpeg

ウインカーを作動させた状態です。

3.5 RS AdvanceグレードにはLEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)が備わっています。

シーケンシャルターンランプが装備されるのはRS-Bを除くRSグレードのみとのことですので、この装備が欲しい方は必然的にRSを選択する必要があります。

これがでた当時は粒々感が強く、洗練されていませんでしたが、この新型クラウンにあっては、シームレスな光り方で非常にきれいでした^^

流行色が強いシーケンシャルターンランプですが、周囲から見てどちらに車が動くか一見して分かりますので、安全性の観点からも有用な装備だと感じます!



20180730132302_IMG_2761-01.jpeg

サイドから見てみます。

一言で言えばクーペルックな印象になりました!

ただし、これはセダンスタイルからかなり印象が変わりますので、好みがはっきりしそうです^_^;

ロングノーズのFRらしいプロポーションであるうえに、6ライトウィンドウの採用により、ルーフからラゲージにかけての伸びやかで流麗なサイドシルエットを実現しています。

また、ボディを凝縮してタイヤの張り出しを強調した低重心でスポーティな骨格を表現していますね。



20180730132321_IMG_2763-01.jpeg

ホイールを見てみましょう。

18インチアルミホイールに奢られているのは、RS専用ホイールであり、スパッタリング塗装がされています。


ブレーキについても少し触れておきますね。

3.5 RS Advanceグレードを含めた3.5ℓモデルには、対向4ピストンアルミモノブロックキャリパーが装着されています!

街乗りでのストッピングパワーは絶大なものでしょうね。

サーキット走行も視野に入れているということなのでしょうかね?

ただし、車両重量が1,870kgありますので、スポーツカーほどハードな走行は厳しそうです。



IMG_2764.jpg

サイズは、前後ともに225/45/R18となっています。

見た目に厚みがあるので18インチでも十分質感は高いです。

少し怖いくらいぎらついている印象ですね(笑)



20180730132404_IMG_2766-01.jpeg

リア周りを見ていきましょう。

フロントもさることながら、リアもなかなかスポーティーでかっこよいのではないでしょうか?

トランクフードにはスポイラーも備わっていてスポーツセダンの名にふさわしいデザインです。

また、今回の新型クラウンは、ドイツにあるニュルブルクリング・サーキットへ持ち込んでテストを実施したそうですので、走りも見た目に劣らず良い仕上がりです!



IMG_2765.jpg

斜め後方から見てみます。

新型カローラスポーツもそうでしたが、フロントもリアも全く隙がないデザインなのは、低重心化を図ることができたTNGAの恩恵ですかね♪

これまで見てきたたいていの車の場合だと、「フロントはかっこよくてもリアのデザインがいまひとつ…。」というものが多かったですが、この新型クラウンはいいですね。



20180730132610_IMG_2769-01.jpeg

テールライトをアップで見てみます。

ポジション・ストップ・ウインカー・バックランプ・リアフォグ・ライセンスランプの全てがLEDでリア周りもフルLEDです!

クラウンのエンブレムですが、先代からレタッチされていますね。

かっこいいのではないでしょうか?


IMG_2767.jpg

マフラー部はRSグレードだと標準で4本出しマフラーとなります。

最初にこれを見たときは、「クラウンでここまでするか…。」と思っていましたが、スポーツ路線に転向したことを鑑みると、これもありなのかなと思いますね。


ただし、バンパー下部はメッシュになっていますが、ディフューザーにはなっていません。

メッシュ部はダミーで塞がっていますね。



インテリアを見ていきます。

IMG_2771.jpg

運転席ドアを開けて見てみましょう。

今回の3.5 RS Advanceには、オプションのレザーシートパッケージ(¥237600)が装着されています。

このオプションを装着すると、ドアトリムが写真のように合成皮革巻きオーナメント表皮になります。

グレードによって異なりますが、標準だとファブリックかスエード調の人工皮革ですので、オプション装着により質感がアップします!

カラーバリエーションは、RSグレードだとブラックかホワイトですね。



IMG_2772.jpg

ウインドウスイッチ周りをアップで見てみます。

RSグレードには、カーボン調のウインドウスイッチパネルが採用されています。

スポーティーな印象に加えて、サテンメッキ加飾がされていますので、こちらも質感は高いです。


白の内装は汚れが心配ですね…(笑)



IMG_2773-01.jpeg

シートを真横から見てみます。

ホワイトレザーシートのインパクトは強烈です!

ブラックの本革シートは締まり感が強くてもちろんかっこいいのですが、白色の内装も一度乗ってみたいですね^^


20180727131326_IMG_2589.jpg

私が乗っている118dEditionShadowのコニャックブラウン本革シートもオシャレなので写真を載せておきます(笑)



IMG_2774.jpg

運転席シートをアップで見てみます。

座り心地ですが、レザーも柔らかく、また、シート自体が大きすぎないので適度なホールド感が保たれています。

さらに、TNGAプラットフォームによる低重心化とシート位置を後退させたことで、一体感を生み出すドライビングポジションがとれるようになったとのことです。



IMG_2775.jpg

全車標準で、ランバーサポート付きパワーシート及びステンレス製スカッフプレートが装着されています!

ただし、パワーシートスイッチにはメッキなどの加飾はされていませんね。


アクセルペダルはオルガン式で操作性のいいものとなっています。



IMG_2786.jpg

全体から前席を見てみましょう。

特徴としては、ダブルディスプレイであることですかね。

8インチの遠視点ディスプレイと、7インチのトヨタマルチオペレーションタッチになっています。

タッチ操作ができるのは、下のモニターのみになります。

スマホ感覚でスワイプやピンチアウトなどが行えます。

使い勝手はよさそうでした。



IMG_2776.jpg

ステアリング周りを見てみましょう。

写真では分かりませんが、全車にパドルシフトが採用されています!

やはりスポーツセダンの名において、パドルシフトが装備されていることは嬉しいですね^^


また、ハイブリッドモデルにおいては、全車本革巻きが採用されています。

さらさらとした触り心地で心地よかったです♪



IMG_2781.jpg

ステアリング左下には、

・オド/トリップ切り替えスイッチ

・インテリジェントパーキングアシスト2スイッチ

・オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム作動スイッチ

・パノラミックビューモニター作動スイッチ

これらが配置されています。



IMG_2777.jpg

メーターをアップで見てみましょう。

全車にオプティトロンメーターが採用されています。

いわゆる自発光式メーターのことですね。

今回の新型クラウンは、目盛りや文字が浮いているように見えるメーターとなっていますね!


中央には、様々な情報を表示することができるマルチインフォメーションディスプレイが配置されています。

ナビ情報やレーダークルーズ作動状況などが表示できますので、ヘッドアップディスプレイと組み合わせることでナビ画面を見る必要はほとんどなくなりそうです。

ちなみに、ヘッドアップディスプレイは一部標準装備、全グレードにオプション設定可能です。



IMG_2778-01.jpeg

運転席からインパネを見てみます。

クラウンの伝統芸であるスイングレジスターは、細かな芸ですが優れた装備ですよね。



IMG_2787.jpg

ナビ画面を見てみましょう。

物理スイッチもレイアウトされていますので、全てが液晶での操作ではありませんね。

運転中のブラインドタッチがしやすいのは、物理キーだと思いますので、この辺りはいいのではないでしょうか?



IMG_2782.jpg

なお、シートヒーター・シートベンチレーション・ステアリングヒーターが一部グレードを除き、用意されています。

GとGエクスクルーシブには、後席のシートヒーターも用意されていますね。

それぞれの設定はモニターから行う必要があります。



IMG_2788.jpg

シフト周りを見てみましょう。

RSグレードでは、カーボン調のパネルとなっています。

ドリンクホルダーが昇降式であることが特徴ですね。

昇降部分のデザインがメルセデスベンツのエンブレムに見えるのは私だけでしょうか…(笑)



IMG_2783.jpg

シフトブーツには、ステッチが組み込まれており、このあたりの質感の高さはさすがですね。





IMG_2789.jpg

新型クラウンにも全車電動パーキングブレーキとブレーキホールドが採用されています!

ブレーキホールドを作動させておくと、信号待ちなどでブレーキを踏み続ける必要がありませんので、快適な装備です。

また、先行車発進告知機能が装備されていますので、前方の車が動いたらそれを知らせてくれるため、前方を常に監視する必要もなく、疲労軽減につながりますね。

(あくまで補助機能ですので、それに頼りきる運転は控えましょう。)



IMG_2779.jpg

コンソールボックスを見てみます。

底部は起毛仕立てになっていて、質感の高さが分かります。

両側から開けることができるほか、収納力はティッシュボックスがすっぽりとはいるほどの広さがあります。



IMG_2790.jpg

後席のドア周りを見てみましょう。

前席と同様の質感があります。

肘置き部もソフトパッドで覆われていますのでプラスチッキーな感じは全くしません。



IMG_2791.jpg

後席のシートも見てみましょう。

レッグスペースも十分に広いですし、座り心地も柔らかい印象でよかったですね。

センターアームレストには、もちろんドリンクホルダーも完備されています。



IMG_2792.jpg

リアシート用に、エアコン吹き出し口が設定されています。

フロアマットはクラウンのエンブレムが付されていますね。



IMG_2784.jpg

リアトランク部を見てみましょう。

広さは十分にありましたし、3.5ℓモデル及び2.0ℓモデルではゴルフバッグが4つ収納できます。

(2.5ℓモデルは、装備によって、2つまたは3つとなります。)



IMG_2785.jpg

3.5ℓモデルだと、アンダーボックスもそこそこの収納力がありますね。

ここで注目したいのは、エンジンの種類によってトランク容量に差があるということですね。

2.0ℓモデルが奥行きに加えてアンダーボックス(床下収納)の広さが一番です。

2.5ℓモデルは、奥行きこそ2.0ℓモデルと変わりませんが、アンダーボックスの収納力はほとんどありません。

3.5ℓモデルは、奥行きが短くなりますが、2.5ℓモデルよりはアンダーボックスの収納力は上がります。


ですが、なぜか3.5ℓモデルにおいてもゴルフバッグも積載性は2.0ℓモデルと変わりありませんので不思議ですね…。



試乗していきます。

20180730132156_IMG_2758-01.jpeg


試乗させていただいたのは、3.5 RS Advanceです。

こちらは、トヨタブランド初となる3.5L V6 ENGINE×MULTI STAGE HYBRID SYSTEMを採用しています。

その辺りの走りや静粛性はどうだったのでしょうか?


本来は2.5ℓモデルに試乗したかったのですが、今回は3.5ℓモデルのインプレッションとなります。



IMG_2776.jpg

試乗するまでにセールスの方がすでにエンジンを始動してくださっていたのですが、モーターのみが作動しているハイブリッド車特有の無音状態ですね。

ときたまエンジンがかかり、その音を聞くことができましたが、車内でも車外でも不快な音は感じません。

私が現在乗っている118dEditionShadowもディーゼルモデルでありながら静粛性は優れていますが、やはり、ハイブリッド車の静かさというと、敵なし状態です。


ディーラーの駐車場から道路に出て加速してみると、アイドリング時の静けさが保たれたまま、スムーズに加速をしていきます。

この時点では、モーターのみが駆動力として働いている状態でした。

新型クラウンには、アクティブノイズコントロールという機能が全車標準装備されており、エンジンのこもり音がスピーカーからの制御音で打ち消されています。

これにより、静粛性がさらに向上しているとのことです。


大通りから道をそれて、少し交通量の少ない道路にきました。

ドライブモードセレクトSPORT S+に変更します。

SPORT S・SPORT S+モードに変更すると、エンジンや足回りの制御がスポーツ走行よりになるほか、エンジンサウンドも普段とは異なります


また余談ですが、ドライブモードセレクトに関して、トヨタ車としては初となるCUSTOMモードを導入しています。

これは、パワートレーンやシャシー制御はレスポンス力のあるSPORT Sモードで、足回りはしなやかなCONFORTモードといった様々な組み合わせが実現できる機能で、レクサス車ではおなじみですね^^


話を戻します。

アクセルをグッと深く踏み込んでみると、さすがは3.5ℓにモーターが備わっているだけあって、瞬時に速度をあげていきました^_^;

とても1,870kgの車重があるとは思えません…!


ここでは、エンジンも始動されて、心地よいエンジンサウンドが少しだけ車内に入ってきます。

V6エンジンの気持ちよいサウンドに加えて、アクティブノイズコントロールがうまく機能していたのでしょうか。


再度になりますが、こちらの新型クラウンには、3.5L V6 ENGINE×MULTI STAGE HYBRID SYSTEMがトヨタブランド初として採用されています。

レクサスのLS500hやLC500hといった上位車種に搭載されているエンジンであり、まさかクラウンに搭載されるとは思ってもいませんでした!

こちらのエンジンは、3.5ℓV6エンジンとモーター2基のハイブリッドシステムに変速機構が組み込まれたマルチステージハイブリッドシステムです。

発進時の加速や様々な速度域からのアクセルレスポンスに優れているため、踏み込むことで瞬時にドライバーの意図に即した鋭い加速を発揮します。

また、高速走行時においては、エンジン回転数が低く抑えられており、低燃費でかつ高い静粛性が生み出されています。

今回の試乗では一般道での走行でしたが、高速道での走りも試してみたいですね!



IMG_2788.jpg

トランスミッションはマルチステージハイブリッドトランスミッションと呼ばれるものが採用されており、10段変速制御となっています。

こちらは、あらゆる走行場面でアクセル操作に高い反応性を示すダイレクトな加速フィーリングが実現されています。

そのため、CVTでありがちな回転数と加速感が合っていないという問題点が改善されて、伸びやかかつ滑らかな走りを生み出しています。

また、全車パドルシフトが採用されていますので、自由にのシフトアップ・ダウンの選択が可能となっており、マニュアル感覚の操作が楽しめますね♪

実際に試乗してみて、変速ショックは全く感じませんでしたし、変速制御もドライブモードセレクトに応じて変更されるので、街乗りからワインディングまで楽しめること間違いなしです!

ただ、10速もあると、パドルで変速するのが大変そう…w



20180730132302_IMG_2761-01.jpeg

RSグレードには、新開発のAVSが標準装備されています。

減衰力が瞬時に制御されるので、荒れた路面でバタバタとシャシーが揺られることは比較的軽減されていたと感じました。

ただし、ディーラーに戻ってきた際の道路とのつなぎ目の段差では、サスペンションからゴツンと大きめの入力がありました。

セールスの方に思わず、「今ってSPORT S+モードですか?」と聞いてしまいましたが、ドライブモードセレクトはCONFORTモードでした^_^;


サスペンション形状ですが、

・フロント:ハイマウントマルチリンクサスペンション

・リヤ:マルチリンクサスペンション


となっています。

フロントは、ダブルジョイント式上下4本アーム構造を採用し、各アームの配置を最適化することで、ステアリングの切り始めから手応えのある、リニアなハンドリングを実現しています。

リアに関しても、サスペンションアームのジオメトリーを最適配置することで、フロントとあわせて高いロール剛性を確保し、コーナリングでの安定感と快適な乗り心地を実現しているとのことです。

極低速域での車道と歩道の段差を乗り越えた際には大きめの入力はあったものの、全体バランスとしては、路面からの情報を感じ取ることができ、安心感があります。



20180730132321_IMG_2763-01.jpeg

ブレーキに関しては、全車ベンチレーテッドブレーキディスクが採用されています。

また、3.5ℓモデルには、フロント部に対向4ピストンアルミモノブロックキャリパーが採用されています。

ブレーキタッチの印象ですが、一言で言うと、BMWのようなフィーリングです。

というのも、軽く足を乗せるだけで必要十分な初期制動が得られます。

こちらも高い安心感を感じることができますが、ミニバンやSUVに多く見られるブレーキペダルの遊びの部分が少ないので、乗り換える際には、その点に注意が必要です。

これは、決して扱いづらいということではなく、停止前にカックンブレーキにならないようにする動作などは問題なくできましたのでよかったです^^



ハンドリングに関して、わずかなステアリング操作で意のままに車を操舵できる点は欧州車から乗り換えても違和感なく走ることができそうです。

コーナリングもステアリングを切った分だけ曲がってくれるという基本の部分がしっかり感じ取れました!

ステアリングフィーリングがよいと疲労軽減につながりますので重要なポイントです。


前方視界は、ボンネットが先代よりも低フード化されているので、車両感覚は掴みやすいのではないでしょうか。

ピラーのスリム化やドアミラーの位置変更などで運転しやすくなっているとのことです!







ということでセダン編の大賞は新型クラウンでした。










SUV部門





この部門の大賞に輝いたのは…。










「マツダ CX-8」!!!

cx8exterior7.jpeg







2度目の年次改良が実施されたCX-8が大賞です!!



それらの詳細をご覧ください^^










フロントマスクは安定感抜群



cx8exterior2.jpeg

フロントマスクはすでに見慣れていますし安定のカッコよさを出していますね。

マツダのデザインフィロソフィーである「魂動」がエモーショナルかつ美しいエクステリアへと仕立てます。



cx8exterior3.jpg

また、BMWやアウディのようにブランドデザインとして統一感を与えており、特にSUV兄弟は一目見るだけでマツダであるということが分かるようになっています。

これに反訴するならば個性に欠けるとも言えますが、共通デザインであるほうが良い意味で車格の差がなくなります。所有欲をさらに満たしてくれるとも言えますね。



cx8exterior4.jpg

ヘッドライト及びフォグライトにはLEDが採用されていますが、ウインカーについては豆球です。

また、廉価グレード以外に対向車や先行車を幻惑することなくハイビームを常に使用できる「アダプティブLEDへッドライト」が装備されます。



cx8exterior5.jpg

フロントグリルはCX-5と大きく異なっています。

CX-8では横フィンタイプのメッキグリルとなっており、ラグジュアリー志向が高められています。



CX519.jpg

その一方で、CX-5ではメッシュタイプのブラックグリルとなっていて、スポーティーさを強調したデザインといえますね。

このあたりでクルマのキャラクターの違いを感じることができます。



cx8exterior8.jpeg

半顔なCX-8もイケてます!!










35cm伸びたボディ



cx8exterior9.jpeg

3列シートを備えているとは思えないほど美しいサイドシルエットですね。

なお、全高は1,730mmとCX-5よりも40mm高められています。



cx8exterior10.jpeg

また、CX-5よりも355mmストレッチされたボディサイズによってどっしりとした印象も受けます。

ホイールベースを比較すると230mmも延長されていますからボディ重量とも相まって安定感抜群といったところでしょう。





cx8exterior11.jpeg

CX-8の伸びやかなボディラインを見てしまうとCX-5がかなり小さく思えます。実際に小さいのですが^_^;

それはまるでCX-5とCX-3を見比べているかのようであり、シルエットの美しさはCX-8に軍配があがります。



CX528.jpeg

CX-5だけを見ていると何も感じませんでしたが、こうやって見比べるとリアのオーバーハングが短いのが目につきますね。そのため、フロントノーズの伸びやかさとアンバランスな印象を受けます。



cx8exterior12.jpeg

サイドミラーは左右視界を向上させるためにあえてドアパネルに装着されています。マツダの安全思想のひとつですね。



cx8exterior13.jpg

テールライトからリアドアにかけて伸びるショルダーラインが良いアクセントになっていますね。



cx8exterior15.jpeg

CX-8のウインドウモールは全周メッキで囲われています。



CX529.jpg

それに比べてCX-5では上半分が樹脂パーツとなっています。こんなところにも両者で違いがあるのですね。



cx8exterior17.jpg

cx8exterior18.jpg

フェンダーアーチモールは前後ともに無塗装樹脂素材ですね。ここに関してはSUV臭を漂わせる意匠となっています。



cx8exterior19.jpg

年次改良によって変更された唯一のエクステリアパーツがホイールです!

変更後のLパッケージには高輝度ダーク塗装19インチアルミホイールが採用されます。サイズは以前と変わっていませんね。



cx8exterior20.jpg

ひとつ驚いたのは、CX-5よりもボディ重量が約200kg重くなっているのにも関わらず、タイヤサイズの225/55/R19は全く同じサイズである点です。

これだけ重量が変わればタイヤサイズも変更しているのかと思いきやここは同じなんですね。



cx8exterior21.jpeg

ルーフレールはLパッケージに標準装備、一部グレードでオプション装着可能です。










リアの様子をどうぞ





cx8exterior23.jpeg

リアについてもCX-5とほとんど同じですが、よく見るとテールライトを繋ぐメッキパーツはCX-8だけに奢られたパーツです。



cx8exterior28.jpg

それによりエンブレム位置が少し下にずれていますね。



CX533.jpeg

CX-5のリア周りを見ると、テールライト間にラインが入っており、中央部にエンブレムがレイアウトされていることが分かります。



cx8exterior27.jpg

テールライトのデザインもやや異なっていますね。



CX534.jpeg

CX-5はクセが強いライトデザインであり、見慣れていてもかっこいいと思うことができません。ちょっと攻めすぎたようにも感じます。



cx8exterior24.jpg

それに比べると、テールライトだけが孤立している印象も受けませんし、全体的なバランスも良いのでこれならアリですね!


cx8exterior25.jpeg

なぜCX-5も同じようにしないのかは分かりませんが、メッキパーツがテールライトまで切りこんでいたり、テールライトが凝った造形であったりするのは一種のヒエラルキーなのでしょうかね。



cx8exterior30.jpg

リア下を覗き込んでマフラーエンドを見てみましょう。

マフラーカッターはダミーではありませんでした。左右一本出しでどちらとも排気管が繋がっていますね。

片側2本出しよりも左右1本出しのほうがリアの迫力が出ますし管理人好みのマフラーデザインなCX-8でした。



フロント周りのインテリアをチェック



運転席ドアを開けて、ドアトリムとフロントシートを見ていきます。

CX8interior1.jpg

インテリアカラーはブラック×ディープレッド。

モダンな色合いを表わすカラーコーディネートは落ち着いた雰囲気と上質な空間を演出しています。



CX8interior2.jpg

アームレストと上のパネルがディープレッドになるのはLパッケージの特長です。

標準及びPROACTIVEグレードではアームレストのみディープレッドもしくはブラックで、他の部分は全てブラックとなります。



CX8interior3.jpg

トリムにはエボニーステッチが入れられていますし、細部にわたって質感を追求していますね。

パワーウインドウスイッチやドアミラー調整スイッチはサテンクロームメッキ仕上げです。



CX8interior4.jpg

ドアトリムパネルには本杢/サテンクロームメッキが使用されています。ドアトリムの質感を高める要素がてんこ盛りですね^_^;

なお、本杢が使用されるのはLパッケージだけであり、他のグレードではオプション選択もできませんのでご注意を。



CX8interior6.jpg

足元付近を見ると「BOSEサウンドシステム」を備えたスピーカーがレイアウトされています。

10スピーカーが備わった車内はフロントシートとサードシートに同じ音を届けることを追求して開発されたそうで、どの席でもバランスよくクリアで臨場感に満ち溢れたサウンドを表現しているとの事です。



次にフロントシートを見ていきましょう。

CX8interior7.jpg

シートカラーはディープレッド(エボニーステッチ入り)、マテリアルはナッパレザーです。

ナッパレザーというと柔らかさと肌触りの良さが特徴的で国産メーカーで使用されている車種はわずかであり、私が乗っている118dEditionShadowのダコタレザー以上の品質すら感じ取れます。



CX8interior8.jpeg

フロントシートは背もたれにかかる体圧を分散できる構造を採用するとともに腰椎支持性が高められています。

これによって体幹をしっかりと支える性能を実現し、乗員の安心感と快適性を高めているとの事です。また、座面には不快に感じる振動を遮断する性質を持ったウレタンを採用し、より快適な座り心地を提供してくれます。



CX8interior10.jpg

10Wayパワーシートスイッチはサテンクロームメッキ仕上げです。こういった部分まで加飾がされているとオーナーの満足度も全然違ってきますよね^^

ただし、スカッフプレートは装着されておらず、ペダル類についてもいたってシンプルなものとなっています。このあたりはディーラーオプションで用意されていますのでぜひとも装着をおススメします。



車内に乗り込んでステアリングとメーターパネルを見ていきましょう。

CX8interior11.jpg

本革巻き(スムースレザー)ステアリングホイールが採用。中央のメッキリングや6時ベゼルが本革巻きなのはLパッケージのみとなります。

触り心地についてはBMWのようなさらさらとした印象を受けました。



CX8interior12.jpg

ステアリングスイッチについてはプラスチッキーで質感が高いとはいえません。このあたりは改良の余地がありますね。



CX8interior13.jpg

ステアリングホイール右下には各種スイッチが集約されています。

アイドリングストップオンオフ、車線逸脱警報システムオンオフ、トラクションコントロールシステムオフ、パーキングセンサーオンオフ、360°ビューモニターオンオフスイッチがまとめられています。その横にあるのはパワーテールゲート作動スイッチとなっています。

360°ビューモニタースイッチはもう少し押しやすい場所にスイッチを配置してほしかったです…。この位置だと咄嗟のときに操作しづらそうです。



CX8interior15.jpeg

7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)はLパッケージのみですが年次改良で新たに採用されました。

ドライバーが欲しいと感じる情報を見やすく表示されるようになっていて、安全面にも貢献していますね。



続いてはインパネから順にインテリアの詳細をご覧ください。

CX8interior16.jpeg

CX-8のインパネは水平基調で全体的にシックな雰囲気を醸し出しています。

また、エアコンルーバーベゼルやインパネを縁取るメッキ加飾がインテリアに華を添えていてクオリティの高さも感じさせます。



CX8interior17.jpeg

マツダはドライビングポジションへのこだわりが他社よりも強く、自然な着座姿勢を保てるようにホイールの張り出しを抑えたり、オルガンパダルを採用したりと幾多の工夫が滲み出ていますね。



CX8interior19.jpg

CX8interior32.jpg

インパネトリムにも本杢が使用されています。

本物の木を使った本杢は単純な一枚の板ではなく、薄い板を重ねたものをカットするというひと手間が加えられており、木の温かみとともにモダンさを表現しています。また、綿密でシャープな直線基調を生み出していますね。



CX8interior20.jpg

CX8interior21.jpg

7インチWVGAセンターディスプレイにオプションのナビゲーション用SDカードPLUSを装備することでナビゲーション機能が使用できるようになります。これくらいは標準装備していいのではと思ってしまいますね^_^;

た、近年では12.3インチのナビモニターなどが登場していることから7インチでは物足りなく感じます。

年次改良でAndroidAutoやAppleCarPlayに対応と良い点もあるのでモニターサイズの大型化は早急に進めていただきたいですね!



CX8interior23.jpg

CX8interior24.jpg

エアコンパネルのデザインは以前のものから変更されていますね。ここではスイッチ類のプラスチッキーさが目立ちます…。



CX8interior25.jpg

ついにCX-8にもシートベンチレーション機能が装備されました!

シートヒーター及びシートベンチレーションが装着されたことで革シートでも年中問わず快適な移動空間をもたらしてくれます。

CX-5に続いてCX-8でも採用されたことは大変嬉しいですし、高級車でも装備されないことが多いため優越感に浸れますねw



CX8interior27.jpeg

シフトパネルを見ていくと、ピアノブラック調で仕上げられており質感は高いです。が、指紋や埃の付着は目立ちますし傷も付きやすいのが質感アップの代償といったところでしょうか。



CX562.jpg

こちらはCX-5のシフトパネルですが、見比べるとCX-8のほうがメッキの使用箇所が増加していたり、ニーパッドが分厚くなっていたりして質感が高いですね。

もちろんCX-5の質感は各社販売されているSUVクラスではトップレベルの質感の高さですからCX-8が凄すぎるともいえますね。



CX8interior28.jpeg

さらに嬉しい機能として電動パーキングブレーキ&オートホールドが装備!

信号で停車待ちをするときにブレーキを踏み続ける必要がないので快適なドライブをサポートしてくれますし私も次期愛車には必須装備と考えています。

ただし、CX-8の電動パーキングブレーキでひとつ残念なのは、Dに入れると自動で解除してくれるにも関わらず、Pに入れても自動で作動してくれないんです…。

これを許せるかどうかでCX-8が選択肢に入るか入らないか大きく分かれてしまいそうです。

このあたりはCX-5でも同じでしたね。



CX8interior29.jpeg

カップホルダーにもリング状にメッキ加飾がされています。芸が細かいですね。



CX8interior35.jpeg

ルームランプに関してはLパッケージだと全ての部分がLEDとなります。また、他のグレードに関してはディーラーオプションとしてLEDランプが用意されています。

また、照度変更付きのダウンライトが装備されます。これまではなかった装備とのことですから、よりラグジュアリーな室内空間をもたらしてくれるでしょう。



CX8interior36.jpg

バニティーランプに関してもLEDです。Lパッケージは天井部に照明がつくのに対して、他のグレードはバイザー部分に照明が付きます。



一部の収納スペースをご紹介します。

CX8interior5.jpg

ドアポケットは起毛仕上げになっていませんでした。


CX8interior30.jpg

センターコンソールを開けてみましょう。



CX8interior31.jpeg

中は広々としていますし起毛仕上げになっています。ワンランク上のクルマにも思えるほどの仕上がりに驚きです。



CX8interior33.jpg

グローブボックスを見てみましょう。ちなみにこちらにもサテンクロームメッキ加飾がされています。



CX8interior34.jpg

中を開けると起毛仕上げかつLED照明が備わっています。



セカンドシートの快適性はかなり高い



フロント編と同じくドアトリムから見ていきます。

CX8interior37.jpeg

リアドアの開度は最大80°と大きく設定されています。

これによって、大きな荷物の積み込みやチャイルドシートの操作もスムーズに快適に行えますね。また、ドアや開口部の形状のあり方を人間中心の設計思想で最適化し、ドアを大きく開けられない場所での乗り降りをより容易にしているとの事です。



CX8interior38.jpg

ドアトリムの質感の高さはフロントドアと同等のレベルです!

インテリアカラーはブラック×ディープレッド。

モダンな色合いを表わすカラーコーディネートは落ち着いた雰囲気と上質な空間を演出しています。



CX8interior39.jpg

ドアトリムパネルには本杢が使用されていたりソフトパッドやステッチが贅沢に使われていたりと、さすがはマツダのフラッグシップSUVと呼べるだけの仕上がりです。



CX8interior40.jpg

リアドアポケットが用意されていますがさすがにこの部分は起毛仕上げになっていませんでした。



CX8interior41.jpeg

CX-5と異なる部分としてリアドアサンシェードが廉価グレード以外に標準装備。

セカンドシートの乗員のためにリアドアトリム上部にロールスクリーンタイプのサンシェードが内蔵されています。日差しが強いときなどに必要に応じて簡単に引き出すことができ、リアドアウインドウから差し込む日射を遮ります。



CX8interior42.jpg

スカッフプレートについてはフロントと同じくディーラーオプションで設定されています。足元の質感が気になる方は装着することをぜひおススメします。



お次はセカンドシートの質感を見ていきます。

CX8interior43.jpg

セカンドシートとは思えないほど豪華な室内空間であるのが印象的です。

骨盤まわりをしっかりと支える設計思想や左右対称で幅の広い座面などにより、心地よいホールド性とゆとりの着座感を実現しています。

全体的にしっかりとした造りのシートであり、サイドサポート形状のこだわり方や座面の分厚さから考えてもフロントシートと遜色ありませんね!



CX567.jpeg

こちらはCX-5のリアシートですが、シート形状がわずかに異なっているのが分かります。



CX8interior47.jpeg

上質なナッパレザーが使用されており、座った印象は柔らかくて座り心地がいいです♪



CX8interior48.jpg

頭上空間についてはこれだけの余裕がありますから圧迫感や狭いといった印象は全く感じません。



CX8interior49.jpeg

ちなみに1列目のヘッドクリアランスもこれだけの余裕があります。



CX8interior50.jpeg

レッグスペースも十分なクリアランスが確保されています。3列目があるからといって狭くなっていることもありませんでした。

また、10mm刻みで前後に120mm調整できるロングスライド機構も備わっていますので、この辺りに関してはCX-5よりも優れていますね。



CX8interior44.jpg

なお、Lパッケージの6人乗りを選択するとキャプテンシート&セカンドシートアームレスト付コンソールボックスタイプとなります。

ラグジュアリーな印象を与える一方で、中央のコンソールボックスが固定式ですのでウォークスルーすることはできません。



CX8gallary16.jpg 
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

ウォークスルー機構が欲しいという方はPROACTIVE&標準グレードの6人乗りを選択する必要があります。

PROACTIVE&標準グレードの6人乗りではキャプテンシート&角度調整機構付アームレスト(センターウォークスルー)タイプとなっています。



CX8gallary17.jpg 
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

また、ベンチシートが全グレードで選択できるのは嬉しいですね。しかもキャプテンシートと同様の基本骨格構造を採用しているので、心地よい座り心地を実現しています。

車中泊を楽しみたい方であればこちらのシート形状もおススメできます♪



2列目の気になる部分をチェックしてみましょう。

CX8interior51.jpeg

先ほどお伝えしたLパッケージの6人乗りを選択すると装備されるアームレスト付コンソールボックス

3段階調節機能付リアシートヒータースイッチはここに装着されていますね。



CX8interior52.jpeg

柔らかな感触が心地よいアームレストは左右ドアのアームレストと同じ高さにあり、キャプテンシートと相まって安定した包まれ感やクルマとの一体感を堪能できます。

また、アームレストは左右に分かれて開くため、隣の乗員が肘を置いていてもコンソールボックスを開けることができます。

タブレット端末が入る深さがあるボックス内部は充電用USB端子も装備しています。さらに下部には高さ50mmまでのティッシュボックスなどが入る引き出し式のストレージボックスを備えていますから見た目も使い勝手も抜群です!



CX8interior53.jpg

シートバックポケットは標準装備。2段タイプとなっていて使いやすい工夫がされています。



CX8interior55.jpg

3ゾーンフルオートエアコンも標準装備されています!

操作スイッチにプラスチッキーな印象を受けるものの、メッキ加飾や全体的なデザインに優れているのか質感の高さを感じます。



CX8interior56.jpg

2列目のルームランプはフロント同様にLEDが採用されていました。



サードシートを日常使いするには…



まずは3列目シート周りを見ていきます。

CX8interior59.jpeg

CX-5は2列シートであるのに対して、CX-8は3列シートとなっています。2台の最大の違いですね。

サードシートにおいてもマツダの人間中心設計の観点から快適な座り心地、乗り心地が追求されています。フロアと座面の高さを最適に設計するとともに、セカンドシートの下にサードシート乗員のつま先を入れられるスペースを確保しているとの事です。

本当に快適なのかを確かめるため、実際に乗り込んでいきましょう。



CX8interior57.jpeg

Lパッケージのセカンドシートには大型コンソールボックスが備わっています。そのため、ウォークスルー機構がありませんので、サードシートへのアクセスはリアドアからとなります。

乗り降りについても工夫されているようでして、人間の肩と腰がスムーズに通れる空間を確保し、体をひねることなく頭をくぐらせるだけで乗降できる快適さを実現しているそうです。

それが可能かどうかを試してみたところ、このようにシートを前にスライドさせて少し倒しておけば、スムーズかつ自然に乗り込むことができました!思っていたよりも乗り込む際のスペースが広いと感じました



CX8interior61.jpg

サードシートに乗り込むとシート左右に肘置きの役目を果たしてくれそうなボトルホルダー&小物入れが用意されています。ただし、プラスチッキーさが如実に表れており質感は高くありません。



CX8interior62.jpg

レッグスペースを確認していきます。セカンドシートは一番後ろまで下げた状態。

この写真からもわかると思いますがかなり窮屈です。腰を深くかけて座っているのですが、それでも膝がシートバックに当たります…。また、頭上空間にも余裕がありませんので座っていると圧迫感を感じます。ただし、座面幅に関してはゆったりとしている印象です。

これでは10分座っているのもきついですね^_^;



CX8interior64.jpg

ちなみに横から見るとこれくらいのスペースしかないことが分かります。

「緊急事態でどうしても6人乗らないといけない!」「子供が座るスペースがあれば十分」などのニーズには応えることができるでしょう。



CX8interior65.jpg

先ほどセカンドシート下につま先を入れるスペースがあると話していましたが、乗り込んで確認するとわずかにスペースがある事が分かります。

ただし、セカンドシートのように足を伸ばしておくことは不可能であり、シート下に入るのは本当につま先程度です。



CX8interior66.jpg

セカンドシートを少し前にスライドさせてみましょう。

そうすると、膝周りの空間は余裕が生まれますので圧迫感が低減しました。ですが、シート下に足先がほとんど入らないので着座姿勢はほぼ変わりません。



CX8interior67.jpeg

ニークリアランスは拳1つ半といったところです。これだけあれば狭くはないのですが体育座りのような着座姿勢が苦しいですね…。



CX8interior68.jpeg

その時のセカンドシートの足元スペースはこうなっています。狭くはありませんが広くもないといった印象です。



CX8interior69.jpg

3列目の頭上付近にもLEDのルームランプが装着されていました。





ラゲッジスペースに何を求めるのかが決め手



続いてはラゲッジスペースを見ていきましょう。

CX8interior83.jpg

Lパッケージにはパワーテールゲートが標準装備されます。



CX8interior84.jpeg

ラゲッジランプについてもLEDですね。



それではラゲッジ容量を確認していきましょう。

CX8interior71.jpg

ラゲッジ容量は174リッター!

サードシートを起こした状態ですと荷室容量はかなり限られてしまいますね。



CX8interior82.jpg

サブトランクが用意されておりこちらは65リッターです。BOSEサウンドシステムが装着していると48リッターとなります。

この部分まで異音対策として起毛仕上げがされているのは素晴らしいです!



CX577.jpg

こちらはCX-5のサブトランクですが起毛仕上げにはなっていません。ただし、トノカバーは標準装備されていますね。



CX8interior73.jpg

CX8interior74.jpeg

サイドには買い物フックやアクセサリーソケットが用意されています。



CX8interior72.jpg

サードシートを倒すとラゲッジ容量は507リッター!

先ほどよりは広いですが全長4.9mというボディサイズからすると550リッターほどはあってほしかったですね。



CX576.jpg

なお、CX-5のラゲッジルーム容量は475リッターです。

どちらの車種もタイヤハウスの張り出しが大きいために容量が減ってしまっていると思われます。



CX8interior75.jpeg

セカンドシートを倒すと荷室長は2320mm!

車中泊をするための実質的な長さを見ると2列目シートバック上端部までの荷室長が1890mmです。十分大人が寝れるだけの広さがありますね。



CX8interior78.jpg

ただし、床面の高さが前にいくにつれて高くなっていることが分かります。つまり、全体的に後ろにかけて傾斜がついているということになります。



CX8interior81.jpg

また、Lパッケージの6人乗りだとセンターコンソールボックスの高さがシートバックよりも高くなります。

もし、車中泊を検討されておられるのであれば7人乗りもしくはPROACTIVE&標準グレードの6人乗りをおススメします。



ディーゼルモデルの走りをチェック!


CX8interior1.jpg 

まず、CX-8の車内に乗り込んで感じるのはSUVらしい目線の高さです。CX-5よりもさらに高いアイポイントによって前を見下ろしたような着座位置を取ることができるので運転がしやすくて安心感を与えてくれますね。

マツダが重視している"人間中心の設計思想"というものがとても素晴らしいものになっていまして、まずはドライビングポジション。

まっすぐな姿勢でシートに座れば足を自然に伸ばして操作できる位置にアクセルペダル、ブレーキペダルがレイアウトされています。まさに理想的ですね。

運転席に座ると右足の空間にゆとりがありますし、足を真っすぐ伸ばせばアクセルペダルが配置されているので、自然体で座れて非常に快適です。



CX8interior16.jpeg 

それから、「ヘッズアップコクピット」と呼ばれる設計となっているのも見逃せませんが、これは意識・目・手・が離れることを防止するための設計を指しています。

・正面に多彩な情報を表示しつつも必要な情報を簡潔明瞭にすることで、前方の注意力が散漫になることを防止

・ヘッドアップディスプレイや7インチセンターディスプレイに情報を集約し、正面から目が離れることを防止

・ステアリングスイッチやタッチパネルディスプレイ、コマンダーコントロールの簡単操作により手元を見ることを防止

といった思想が込められています。

確かにヘッドアップディスプレイやメーターパネルには各種情報が表示されるのですが、必要な情報だけが見やすく表示されます。試乗中にはナビゲーションを操作しませんでしたが、様々なインターフェイスが用意されていて良いのではないでしょうか。



cx8exterior2.jpeg 

また、運転しやすいと感じさせる要因はCX-5と同じ全幅であることもポイントです。ちなみに全長に関しては約300mmストレッチされていますので、そのあたりはやや気にかける必要があります。

ドアミラーはドアパネルに取り付けられており、交差点での右左折時に歩行者や自転車を認識しやすいデザインとなっています。サイドミラーで斜め前の視界が遮られることなく安心して運転することができますね。

ただし、衝突安全性やボディ剛性を高めるためには仕方ないかもしれませんが、Aピラーが太いので運転席側は死角になる部分が多いです。シートポジションで大きく変わってくるでしょうから試乗して確認することをおススメします。



cx8exterior29.jpeg 

走りだすと、ディーゼルエンジンらしいトルキ―なパワー感を感じさせます。

それもそのはず、「SKYACTIV-D」と呼ばれるマツダのディーゼルエンジンは190ps、450Nmを発生させています。

2000ccディーゼルエンジンの平均的な最大トルクは400Nmとなっているなかで、CX-8の450Nmはマツダ車以外では類を見ません。

そのため、クルマ通りが少ない道路でオルガンペダル式のアクセルを深く踏み込んでみると力強い加速感を得ることができました。

ボディ重量は1.9トンにも迫りますが、これであれば一般道だけでなく高速道路を走ったとしてもパワー感は十分でしょう。



CX8interior15.jpeg 

しかし、ガソリンターボのように高回転まで気持ちよく加速するフィーリングと比べると、4000rpmくらいからトルクの抜けが感じられてしまうのはディーゼルエンジンの弱みです。

気持ちいい加速を味わいたいならばガソリンターボエンジン、燃費とパワーを両立させたいならばディーゼルエンジンといったところでしょうか。



CX8interior12.jpg 

振動やエンジンノイズについてはかなり抑え込まれています。先日インプレッションしたBMWX3M40dの直6ディーゼルには敵いませんが、アイドリングストップからの復帰時に感じるバイブレーションも少ないと感じました。

また、エンジン音に擬似的な音を混ぜてサウンドを響かせる「ナチュラルサウンドスムーザー」の仕上がりは上出来であり、ディーゼルとは思えないスポーティーさに思わず驚きましたね。

発進時に普通に踏み込んでもエンジン回転数は2000rpmくらいまで回りますのでいつでもそれを体感することができるでしょう。



CX8interior27.jpeg 

ディーゼルエンジンに組み合わさるトランスミッションは「SKYACTIV-DRIVE」と呼ばれる6速AT。

最近の傾向だとトルコンATにおいては8速などの多段化が目立っていますし、どちらかというと少し旧世代の印象を受けますが、走ってみるとそんなことは全く気にならず。

街乗りでの変速ショックは皆無ですし、踏み込んだ際のキックダウンもスムーズかつダイレクト感を感じることができます。まさに、ドライバーの意図に忠実な走りを追求したトランスミッションと呼べる仕上がりでしょう。



cx8exterior21.jpeg   

ロードノイズや風切り音は日常域だと全く気になりませんね。静粛性に関しては満足できるレベルで遮音されています。

なお、CX-8の全モデルに遮音ガラス(フロントドア)が採用されていますのでこれのおかげもあるでしょう。



cx8exterior10.jpeg 

マツダといえば「人馬一体」をキャッチコピーに車作りがなされているわけですが、その走りはSUVでも当然のように味わうことができます。

ねじれにくさと軽さを実現した「SKYACTIV-BODY」、ステアリングシステム構造の最適化がされた「SKYACTIV-CHASSIS」によって、交差点を曲がるような低速時でもカッチリとしたステアリングフィールを感じることができます。



cx8exterior17.jpg 

シャシーに組み合わさるサスペンションについてはフロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式を採用。

意のままにクルマを操るリニアな反応と乗員が快適に過ごせる乗り心地のよさを高い次元で両立しているとの事ですが、乗り心地については突き上げ感がやや気になりますね。

たしかに、細々とした路面の凸凹は上手くいなしてくれています。ですが、大きめの段差を乗り越える際にはドンッと身体全体が揺れるような動き方をするので、もう少しマイルドなセッティングであればなお良かったと感じます。

コーナリング性能を高めながら突き上げ感を無くすというのは背反しあうものであり、そのバランスを上手く取り合うのは難しいのでしょうね…。










ということで、元警現消ブログが選ぶ『クルマ大賞2018』!!は以上です。





皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、気になっているクルマの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR