【3列目の快適性はどうか?】サードシート&ラゲッジ編!マツダCX-8インプレッション⑤!


さて、CX-8インプレッションも終盤に差し掛かってきました。これまでの記事はご覧いただきましたか??

【価格は290万円から!】見積もり編!マツダCX-8インプレッション①!

【外見はほとんど変更なし!】エクスエリア編!マツダCX-8インプレッション②!

【アレがついたぞ…!】インテリア編!マツダCX-8インプレッション③!

【超快適w!】セカンドシート編!マツダCX-8インプレッション④!



なお、価格アップに伴って様々な部分が改良されました!これまでの記事でも確認していますが、まずはそちらをご紹介していきましょう。

CX8gallary1.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/



今回のマイナーチェンジで変わった点をお伝えしておくと、


・2.5リッターNAエンジン&2.5リッターガソリンターボモデル追加

・G-ベクタリングコントロールからさらに進化した「GVCプラス」を全車標準装備

・アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)がようやく夜間歩行者検知可能に

・360°ビューモニターが全グレードで選択可能に

・マツダコネクトが「AndroidAuto」や「AppleCarPlay」に対応

・エアコンパネルや操作スイッチ&ダイヤルのデザインを一新

・ホイールカラーの変更

・センターコンソールアームレストの高さ変更(15mmダウン)

・3列目シート周りの遮音性向上

・Lパッケージに「7インチマルチスピードメーター」「シートベンチレーション」「フレームレスインナーミラー」「インテリア照明白色LED」「ダウンライト&フットライト」が新たに標準採用



となっています。発売してわずか一年ですが今回で2回目の商品改良です。



早速ですが数多くの手が加えられて商品力がさらに向上した新型CX-8の中身を見ていきましょう。

以前お届けしたCX-5とも比較しながら見ていきたいと思います^^



CX8interior76.jpeg





今回は新型CX-8のサードシート&ラゲッジ編です!

これまでには、年次改良が3回も実施されたCX-5の記事もお届けしていますので、両者の改良点の違いや詳細を知りたい方は以下のリンクからどうぞ^^

【安すぎてむしろ大丈夫?】価格は260万円から!マツダCX-5インプレッション①!

【年次改良マイチェン実施!】エクスエリア編!マツダCX-5インプレッション②!

【質感いいじゃん!!】インテリア編!マツダCX-5インプレッション③!

【広さは文句なし!】リア・ラゲッジ編!マツダCX-5インプレッション④!

【ターボモデル追加で楽しさ倍増!?】試乗編!マツダCX-5インプレッション⑤!





また、続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。












・ボディサイズ

CX8gallary13.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/



全長 4,900(4,545)mm

全幅 1.840(1,840)mm

全高 1,730(1,690)mm

ホイールベース 2,930(2,700)mm

トレッド(前後) 1,595/1,600(1,595)mm

最低地上高 200(210)mm



※カッコ書きはCX-5の数値。





・グレード/価格

CX8gallary6.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/



ガソリンモデル
25S 2,894,400円
25S プロアクティブ 3,256,200円
25S Lパッケージ 3,758,400円




ターボモデル
25T プロアクティブ(4WD) 3,742,200円
25T Lパッケージ(4WD) 4,244,400円




ディーゼルモデル
XD(4WD) 3,607,200円
XD プロアクティブ 3,693,600円
XD プロアクティブ(4WD) 3,925,800円
XD Lパッケージ 4,228,200円
XD Lパッケージ(4WD) 4,460,400円






・燃費/航続可能距離


CX8gallary9.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/



ガソリンモデル(FF)

燃費12.4km/L、航続可能距離893km



ターボモデル(4WD)

燃費11.6km/L、航続可能距離858km



ディーゼルモデル

燃費15.8km/L、航続可能距離1138km(FF)

燃費15.4km/L、航続可能距離1140km(4WD)











京滋マツダ南草津店の試乗車として置かれていたのは「CX-8 XD LPackage」

cx8exterior6.jpg

ボディカラーは「ソウルレッドクリスタルメタリック」、¥75,600のオプションカラーです。

「Lパッケージ」は最上級グレードの位置づけであり、本革シートや本杢パネルなど豪華絢爛な装備で充実した内容となっています。

改良後は主にインテリアの質感や装備面のアップデートとなっていて前モデルのオーナーを悩ませるほど進化していますが、現在では納車も始まっているのでしょうか?気になりますね。










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










サードシートを日常使いするには…



まずは3列目シート周りを見ていきます。

CX8interior59.jpeg

CX-5は2列シートであるのに対して、CX-8は3列シートとなっています。2台の最大の違いですね。

サードシートにおいてもマツダの人間中心設計の観点から快適な座り心地、乗り心地が追求されています。フロアと座面の高さを最適に設計するとともに、セカンドシートの下にサードシート乗員のつま先を入れられるスペースを確保しているとの事です。

本当に快適なのかを確かめるため、実際に乗り込んでいきましょう。



CX8interior57.jpeg

Lパッケージのセカンドシートには大型コンソールボックスが備わっています。そのため、ウォークスルー機構がありませんので、サードシートへのアクセスはリアドアからとなります。

乗り降りについても工夫されているようでして、人間の肩と腰がスムーズに通れる空間を確保し、体をひねることなく頭をくぐらせるだけで乗降できる快適さを実現しているそうです。

それが可能かどうかを試してみたところ、このようにシートを前にスライドさせて少し倒しておけば、スムーズかつ自然に乗り込むことができました!思っていたよりも乗り込む際のスペースが広いと感じました



CX8interior61.jpg

サードシートに乗り込むとシート左右に肘置きの役目を果たしてくれそうなボトルホルダー&小物入れが用意されています。ただし、プラスチッキーさが如実に表れており質感は高くありません。



CX8interior62.jpg

レッグスペースを確認していきます。セカンドシートは一番後ろまで下げた状態。

この写真からもわかると思いますがかなり窮屈です。腰を深くかけて座っているのですが、それでも膝がシートバックに当たります…。また、頭上空間にも余裕がありませんので座っていると圧迫感を感じます。ただし、座面幅に関してはゆったりとしている印象です。

これでは10分座っているのもきついですね^_^;



CX8interior64.jpg

ちなみに横から見るとこれくらいのスペースしかないことが分かります。

「緊急事態でどうしても6人乗らないといけない!」「子供が座るスペースがあれば十分」などのニーズには応えることができるでしょう。



CX8interior65.jpg

先ほどセカンドシート下につま先を入れるスペースがあると話していましたが、乗り込んで確認するとわずかにスペースがある事が分かります。

ただし、セカンドシートのように足を伸ばしておくことは不可能であり、シート下に入るのは本当につま先程度です。



CX8interior66.jpg

セカンドシートを少し前にスライドさせてみましょう。

そうすると、膝周りの空間は余裕が生まれますので圧迫感が低減しました。ですが、シート下に足先がほとんど入らないので着座姿勢はほぼ変わりません。



CX8interior67.jpeg

ニークリアランスは拳1つ半といったところです。これだけあれば狭くはないのですが体育座りのような着座姿勢が苦しいですね…。



CX8interior68.jpeg

その時のセカンドシートの足元スペースはこうなっています。狭くはありませんが広くもないといった印象です。



CX8interior69.jpg

3列目の頭上付近にもLEDのルームランプが装着されていました。





ラゲッジスペースに何を求めるのかが決め手



続いてはラゲッジスペースを見ていきましょう。

CX8interior83.jpg

Lパッケージにはパワーテールゲートが標準装備されます。



CX8interior84.jpeg

ラゲッジランプについてもLEDですね。



それではラゲッジ容量を確認していきましょう。

CX8interior71.jpg

ラゲッジ容量は174リッター!

サードシートを起こした状態ですと荷室容量はかなり限られてしまいますね。



CX8interior82.jpg

サブトランクが用意されておりこちらは65リッターです。BOSEサウンドシステムが装着していると48リッターとなります。

この部分まで異音対策として起毛仕上げがされているのは素晴らしいです!



CX577.jpg

こちらはCX-5のサブトランクですが起毛仕上げにはなっていません。ただし、トノカバーは標準装備されていますね。



CX8interior73.jpg

CX8interior74.jpeg

サイドには買い物フックやアクセサリーソケットが用意されています。



CX8interior72.jpg

サードシートを倒すとラゲッジ容量は507リッター!

先ほどよりは広いですが全長4.9mというボディサイズからすると550リッターほどはあってほしかったですね。



CX576.jpg

なお、CX-5のラゲッジルーム容量は475リッターです。

どちらの車種もタイヤハウスの張り出しが大きいために容量が減ってしまっていると思われます。



CX8interior75.jpeg

セカンドシートを倒すと荷室長は2320mm!

車中泊をするための実質的な長さを見ると2列目シートバック上端部までの荷室長が1890mmです。十分大人が寝れるだけの広さがありますね。



CX8interior78.jpg

ただし、床面の高さが前にいくにつれて高くなっていることが分かります。つまり、全体的に後ろにかけて傾斜がついているということになります。



CX8interior81.jpg

また、Lパッケージの6人乗りだとセンターコンソールボックスの高さがシートバックよりも高くなります。

もし、車中泊を検討されておられるのであれば7人乗りもしくはPROACTIVE&標準グレードの6人乗りをおススメします。










2度目の年次改良を遂げたCX-8!インテリアの評価はずばり…!!





マツダCX-8のインテリアを見てきましたが、いかがでしたか?



私の感想としては、「質感も高くて装備も充実している。シートバリエーションが豊富な点もユーザー好みに選べて面白い!」です!

3部作にわたってマイナーチェンジCX-8を見てきましたが、まずはインテリアの質感の高さはさすがですね!

本杢パネルが採用されていることをはじめとして、ソフトパッドレザーメッキパーツが様々な部分に使用されていました。

また、ナッパレザーのシートは肌触りも座り心地も良く、それでいてホールド性も高められていますから一石二鳥といった印象です。

CX-5にも言えますが、レクサスを意識したかのようなクルマ造りのおかげで最近のマツダ車全体のボトムアップが図られていますし、ユーザーからすれば嬉しい限りです^^



装備を見ると、シートベンチレーション機能が装着されたのが大きな変更点ですね!レザーシートはファブリックに比べると蒸れやすいですし、これが付いているかが購入条件の方もおられるでしょう。

また、これまでからブレーキホールドの採用や先進安全装備の充実化が図られていますので、装備面で不満を感じることはほぼないでしょう。ステアリングヒーターリアサンシェードまで用意されています。

装備面で気になった点は、デジタルメーターでないこととナビ画面が7インチであることです。

次世代のインターフェーズとして大型モニターを採用することは先決ですし、デジタルメーターも各社取り組んでいるのでマツダも早く開発してほしいところです。



リアシートについても驚くほど良いものに仕上げられています!

6人乗りと7人乗りを選択できるという最大の武器もありますし、6人乗りに至っては高級サルーンを思わせるようなセンターコンソールボックスが備わっています。

居住性もかなり高められていて快適ではありますが、残念ながらそれはあくまで2列目までの話になります。

3列目の居住性については大人であれば10分座っているのもしんどくなるくらい窮屈でした。

あくまで緊急用として捉えるのであれば問題ありませんが、日常使いを考えておられるのであれば検討する必要がありそうです。










次回はいよいよ試乗編となります。



ということで、CX-8インテリア編は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、CX-8の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、最新車種のインプレッションやメルセデスの最新情報をお届けします!!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o






関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR