【ターボモデル追加で楽しさ倍増!?】試乗編!マツダCX-5インプレッション⑤!


2018年11月22日にマイナーチェンジが実施された新型CX-5を見てきましたのでその様子をお届けしたいと思います!

CX56.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回のマイナーチェンジで変わった点がいくつかありますので先にお伝えしておくと、


・2.5リッターガソリンターボモデル追加

・特別仕様車「Exclusive Mode」がカタログモデルとして登場
(なお、上記グレードにはIRカットガラス、7インチマルチスピードメーター〔TFTカラー〕、シートベンチレーション機能付ナッパレザーシート、本杢パネルなどが特別装備)

・ディーゼルモデルに6速MTを設定(停止保持機能はないがACCが標準装備)

・G-ベクタリングコントロールからさらに進化した「GVCプラス」を全車標準装備

・減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を上位グレードに設定

・GPS測位精度の向上、マツダコネクトは「AndroidAuto」や「AppleCarPlay」に対応

・アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンストSCBS)がやっと夜間歩行者検知可能に

・後席のシートベルトリマインダー機能追加

・BOSEサラウンドシステム非装着車のスピーカー数を6つに変更



と、その他にもホイールカラーがグレーメタリックに変更されていたりインテリアの各種スイッチ類において質感や操作性を向上させていたりと、小変更という言葉では足りないくらい改良されています!

なお、この他にもいくつか改良ポイントがあると思いますが現状で把握しているのはこれだけです。

早速ですが数多くの手が加えられて商品力がさらに向上した新型CX-5の中身を見ていきましょう。



CX538.jpeg




今回は新型CX-5の試乗編です!

前回の記事をご覧になられていない方は以下のリンクからどうぞ^^

【安すぎてむしろ大丈夫?】価格は260万円から!マツダCX-5インプレッション①!

【年次改良マイチェン実施!】エクスエリア編!マツダCX-5インプレッション②!

【質感いいじゃん!!】インテリア編!マツダCX-5インプレッション③!

【広さは文句なし!】リア・ラゲッジ編!マツダCX-5インプレッション④!



また、続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。












・ボディサイズ

CX51.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

全長 4,545mm

全幅 1,840mm

全高 1,690mm

ホイールベース 2,700mm

トレッド(前後) 1,595mm

最低地上高 210mm






・グレード、価格

CX52.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル
20S 2,570,400円
20S プロアクティブ 2,802,600円


2.5リッターガソリンモデル
25S(4WD) 2,797,200円
25S プロアクティブ(4WD) 3,029,400円
25S Lパッケージ 3,018,600円
25S Lパッケージ(4WD) 3,245,400円



ディーゼルモデル
XD 2,883,600円
XD(4WD) 3,110,400円
XD プロアクティブ 3,115,800円
XD プロアクティブ(4WD) 3,342,600円
XD Lパッケージ 3,331,800円
XD Lパッケージ(4WD) 3,558,600円
XD エクスクルーシブモード 3,655,800円
XD エクスクルーシブモード(4WD) 3,882,600円


ターボモデル
25T Lパッケージ 3,326,400円
25T Lパッケージ(4WD) 3,553,200円
25T エクスクルーシブモード 3,650,400円
25T エクスクルーシブモード(4WD) 3,877,200円






・燃費/航続可能距離

CX53.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

2.0リッターガソリンモデル

燃費14.6km/L、航続可能距離818km


2.5リッターガソリンモデル

燃費13.8km/L、航続可能距離773km

燃費13.0km/L、航続可能距離754km(4WD)



ディーゼルモデル

燃費19.4km/L、航続可能距離1086km(FF/6MT)

燃費17.4~17.6km/L、航続可能距離974~986km(FF/6AT)

燃費18.6km/L、航続可能距離1079km(4WD/6MT)

燃費16.6~16.8km/L、航続可能距離963~974km(4WD/6AT)



ターボモデル

燃費12.6km/L、航続可能距離706km

燃費12.2km/L、航続可能距離708km(4WD)











今回京滋マツダ南草津店の試乗車として用意されていたのは「CX-5 25T L package」

CX581_20181206112854ca9.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/


ボディカラーは「ソウルレッドクリスタルメタリック」、¥75,600のオプションカラーです。

「Lパッケージ」は今までだと最上級グレードでしたが、年次改良でさらに上のグレードが追加されましたので中堅グレードといった扱いになります。

改良後は主にインテリアの質感や装備面のアップデートとなっていて前モデルのオーナーを悩ませるほど進化していますが、現在では納車も始まっているのでしょうか?気になりますね。










お待たせしました!それでは試乗インプレッションに行きましょう^^!










ターボモデルの走りをチェック!



CX553.jpg


車内に乗り込むと、まずはSUVらしいアイポイントの高さが印象的です。前を見下ろしたような着座位置を取ることができるので運転がしやすくて安心感を与えてくれますね。


CX556.jpeg

また、ドアミラーはドア部に取り付けられているため、交差点での右左折時に歩行者や自転車を認識しやすいデザインとされています。



CX544.jpg

それだけではなくて、マツダが重視している"人間中心の設計思想"も素晴らしいんです。



CX582.gif
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

まずはドライビングポジション。まっすぐな姿勢でシートに座れば足を自然に伸ばして操作できる位置にアクセルペダル、ブレーキペダルがレイアウトされています。まさに理想的ですね。

運転席に座ると右足の空間にゆとりがありますし、足を真っすぐ伸ばせばアクセルペダルが配置されているので、自然体で座れて非常に快適です。



CX554.jpeg

それから、「ヘッズアップコクピット」と呼ばれる設計となっているのも見逃せませんが、これは意識・目・手・が離れることを防止するための設計を指しています。

正面に多彩な情報を表示しつつも必要な情報を簡潔明瞭にすることで前方の注意力が散漫になることを防止、ヘッドアップディスプレイや7インチセンターディスプレイにより正面から目が離れることを防止、ステアリングスイッチやタッチパネルディスプレイ、コマンダーコントロールにより手元を見ることを防止する、といった思想が込められています。

確かにヘッドアップディスプレイやメーターパネルには各種情報が表示されるのですが、必要な情報が見やすく表示されます。試乗中にはナビゲーションを操作しませんでしたが、様々なインターフェイスが用意されていて良いのではないでしょうか。



CX584.gif
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

CX-5
だけにとどまらず、マツダの良いところは安全に関する部分にかなり力を入れているところです。、CX-5全グレードに衝突被害軽減ブレーキやBSMにRCTAなどの先進的な装備が標準化されていますし、パッシブセーフティーの部分にも抜かりはありません。こういった点は他社メーカーも見習うべきだと思います。



CX588.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回の試乗車はガソリンターボモデルということで、パワートレーンは「SKYACTIV-G 2.5T」と呼ばれる2.5リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載され、230ps、420Nmを発生しています。



オルガンペダル式のアクセルをスッと踏み込んでいくと、静かで滑らかな加速をしてくれます。ほんの少しアクセルを踏むだけで力強く加速してくれますし、街乗りにおいてもディーゼルエンジン同様にストレスなく乗ることができるでしょう。

そんなディーゼルモデルと比較すると40馬力アップ、30Nmマイナスですが、高回転まで気持ちよく吹け上がり、ガソリンエンジンらしい軽快な走りを味わうことができるので、走る楽しさはガソリンターボに軍配があがります。



停止状態から思い切ってアクセルをベタ踏みにすると、ダイナミックプレッシャーターボシステム技術が投入されているとはいえ加速するまでにわずかなタイムラグを感じます。ですが、これはスポーツモードにすることで解消されるでしょう。

それよりも、ホイールスピンを発生させるほどのパワフルさで1.6トン強の車体を軽々と前に引っ張ってくれるのが印象的です。

0-100km/h加速はかなり速そうな雰囲気を漂わせていましたから、日本の道路環境ではもったいないと感じるほどの強烈なパワー感といえますね。

また、ライバルにはトヨタハリアーのターボモデルが存在していますが、このあたりと比較してみるのも面白そうです。



CX562.jpg

そこに組み合わさるトランスミッションは「SKYACTIV-DRIVE」と呼ばれる6速AT。

最近の傾向を見ると、トルコンATにおいては8速などの多段化が目立っていますしどちらかというと少し旧世代の印象を受けますが、走ってみるとそんなことは全く気にならず。

街乗りでの変速ショックは皆無ですし、踏み込んだ際のキックダウンもスムーズかつダイレクト感を感じることができます。まさに、ドライバーの意図に忠実な走りを追求したトランスミッションと呼べる仕上がりでしょう。



CX529.jpg

ロードノイズや風切り音が気になるということはありませんでしたので、静粛性に関しては良好と言えます。CX-5には全車に遮音ガラス(フロントドア)が採用されていますのでこれのおかげもあるでしょうね。



CX527.jpg

マツダといえば「人馬一体」をキャッチコピーに車作りがなされているわけですが、その走りはSUVでも当然のように味わうことができます。

ねじれにくさと軽さを実現した「SKYACTIV-BODY」、ステアリングシステム構造の最適化がされた「SKYACTIV-CHASSIS」によって、交差点の曲がるような低速時でもカッチリとしたステアリングフィールを感じることができます。

クランクのようなコーナーを少し高めの車速で進入してみると、天井高による横Gの大きさと1.6トンの車重を感じる挙動を見せますが、まだまだ余裕のある走りで不安になるような動き方はしません。



CX537.jpg

サスペンションについてはフロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式を採用。

楽しい走りを実現している足回り設計なのですが、乗り心地については突き上げ感がやや気になりますね。

上質な乗り心地を追求したとのことで、確かに細々とした路面の凸凹は上手くいなしてくれています。ですが、大きめの段差を乗り越える際にはドンッと身体全体が揺れるような動き方をするので、もう少しマイルドなセッティングであればなお良かったと感じます。

コーナリング性能を高めながら突き上げ感を無くすというのは拮抗しあうものであり、そのバランスを上手く取りながらとなるでしょうからなかなか無理難題な気もしますね…。

CX-5の乗り心地と走りの良さを比で表すと、4:6(乗り心地:走りの良さ)くらいでしょうか。どちらかといえば走りの良さを優先した印象を受けました。



CX586.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

今回の年次改良で大きなポイントとなる
「G-ベクタリングコントロールプラス(GVC)」せっかくですのでここで紹介しておきましょう。

「GVC」とは、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向のG(加速度)を統合的にコントロールし、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初の制御技術をいいます。

効果を分かりやすくいえば、クルマがよりドライバーの意図通りに動くようになり、ハンドルの修正操作が減少します。これにより、狙ったラインを走りやすくなり、長距離運転での疲労蓄積も抑制されるほか、Gの変化がよりスムーズになることで体の揺れが減少します。



CX585.jpg
引用サイト:http://www.mazda.co.jp/

なにやら凄い技術がCX-5に採用されているといえますが、今回のポイントはそれが進化して「GVCプラス」になったことです。何が違うかといいますと、新たにブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)が加えられたことです。

旋回中のハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性が向上。危険回避能力を高めるとともに、高速走行時の車線変更や、雪道など滑りやすい路面環境においても制御しやすくより安心感の高い動きを実現しているとの事です。



CX547.jpg

といっても、私が試乗している際に「GVCプラス」が効いているなと感じることはありませんでした。

それくらい自然な制御ともいえますが、メーカー側もドライバーに分からないくらいの自然な制御を重視しているそうです。

装着車両と非装着車両を乗り比べてはじめて体感できるものなのでしょうね。



こういう機能がCX-5には全車標準装備されているよというご紹介でした。










今回で早くも3回目の年次改良となる新型CX-5!一般道を試乗した評価はずばり…!!



CX517.jpeg

CX-5 25T L packageの試乗レポートをお届けしてきましたが、いかがでしたか?

私の感想としては、「マツダが欧州ブランドと競合できるレベルなのは間違いない。惜しみなく技術を投入する姿勢が長所!」です!



新たに追加されたガソリンターボモデルに試乗しましたが、その加速力には驚くものがありました!

街乗りではアクセルに少し足をのせるだけでストレスなく加速していきますし、踏み込めばホイールスピンを発生させるほど非常にパワフルでグイグイと速度をあげていきます。

また、ガソリンターボであるにも関わらず燃料はレギュラーと経済的であり、先日レポートしたスバルフォレスターが2.5リッターNAエンジンでハイオク指定なのが不思議に思えてきます。しかもパワー感はCX-5が余裕で上回りますからマツダの技術は凄まじいですね。



人間中心の設計思想ということで、ドライビングポジションの最適化やヘッズアップコクピットになっているのは全ての車種がそうであるべきだというお手本のようにも感じました。安全装備や快適装備に関してもほとんどが標準装備されていますし、オプションで選択することも可能ですからありがたいです。



コーナリング性能に関してはSUVにしては上出来といったところで、新たに装備された「GVCプラス」や人馬一体を示した「SKYACTIV-VEHICLE-DYNAMICS」のおかげもあってか意のままに操れるハンドリングを感じることができます。その一方で、乗り心地に関してはもう少しマイルドな突き上げ感であってほしかったという印象も受けました。


これだけの高い技術や先進安全・快適装備が採用されていながらも車両価格約260万円からというのは恐ろしいですね。そりゃあ売れないわけがありません^_^;


次のマイナーチェンジがされたらCX-5も候補に入れることにしますw










ということで新型CX-5の試乗編は以上です。

皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、新型CX-5の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回は最新車のインプレやマツダ最新情報をお届けします。お楽しみに!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o



関連記事

コメント

非公開コメント

ゼミッタ

異色の経歴を持ちながら更なる異色に染まることができるか?
やりたいと決めたことは後先考えずにまずやってみる!

毎日更新目指して頑張ってるところです^_^;


ツイッターインスタのフォローもお待ちしてます^^("ゼミッタ" "元警現消ブログ"などで検索ッ!)



愛車はトヨタ新型RAV4 G!


ディーラー紹介や記事内容の要望があればメールフォームから送ってください♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR